皆さまこんにちは!

リペアマン遠藤です!


7月に入りましたが梅雨感満載ですね~

個人的に雨が降ると頭痛と関節が痛くなるのでやめて頂きたい今日この頃です(笑)

気付けば私も来月で30歳になるのでそろそろ体にガタが来そうです…



というわけで早速本題に入りましょう。

またマニアックな内容です。

今回はスキャロップドナットです。

スキャロップド指板は聞いた事あるけどナット…?



一般的にはなかなか馴染みが無いかもしれませんね。

イメージし辛いのでどんな感じになるか最初に今回作業した完成形を見せてしまいましょう!


おお、えぐれてる!

いつものように解説していきましょう。



スキャロップドナットはその名前のとおりに弦溝の間がえぐられた形のナットです。


効果としては

・ナット上での各弦の振動の干渉を抑え音の分離感を高める。

・ナット自体の重量に変化を与えることで、開放弦の音の立ち上がりや音質を押弦時と同じように近づける。

作業を行う前の状態と比べると音の立ち上がり、分離感がよくなる為に音像がスッキリする傾向があります。

指板へのスキャロップド加工が押弦のし易さの為に行うのに対し、ナットの場合は積極的なサウンドアプローチの目的で行われます。


作業風景を見てみましょう。

すでにマスキングで保護してますが元のナットはこの状態です。まだ普通ですね。

ヤスリで徐々に削っていきます。

計算しながら削ってます。

このような感じで他も続けていきます。

ヤスリで削った後はサンドペーパーで整形しつつ番手を上げていきます。

そしてコンパウンドでピカッと仕上げます。

いかがでしょうか?

スキャロップドナット、かっこいいですね~

肝心の効果ですが、音鳴りが施行前と変わり音自体が比較的スッキリとした印象になりました。



そして今回施行したギターはコチラでした。

なかなかお目にかかれるものではなく私も緊張しました…


今回の依頼の内容としては鳴り、音抜けがイマイチ悪いという事でのトータル的な改善でした。

その一環としてスキャロップドナットを導入し他にもPU交換、ポット交換、配線材交換となかなか盛りだくさんの内容でした。

最高のギターになりましたね…!


試してみたい方はぜひ気軽にご相談下さい!



以上、リペアマン遠藤でした!

またお会いしましょう~

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

仙台ロフト店遠藤

仙台ロフト店店頭リペアの遠藤です。ヤル気が売りです。よろしくお願いします。シンプルが一番、だそうです(笑)

仙台ロフト店の店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

名古屋パルコ店 リペアマン 瀧口のブログ! vol 1

名古屋パルコ店瀧口

リペアマン遠藤のリペアブログ~その51~ネックアイロン矯正の巻!

仙台ロフト店遠藤

ボディペインティング

浅草橋ギター&リペア店長谷川

全体メンテナンス(電装パーツ交換、調整)

その他スタッフ・アーカイブ

リペアマン佐藤の日々リペア Vol.3~今年もありがとうございました!!と、アコギのブリッジ剥がれ修理編~

新宿PePe店佐藤

リペアマン佐藤の日々リペア Vol.6~自分で楽器を調整してみよう!工具紹介編 その1~

新宿PePe店佐藤

指板浮き修正と0フレット・ナット交換

浅草橋ギター&リペア店中野

リペアスタッフ池田の新宿散策Vol.33~バインディング浮いたら~

梅田ロフト店池田

リペア日誌~ボディの汚れ~

その他スタッフ・アーカイブ

~フレットすり合わせ~デュエリストのリペア奮闘記 turn2

その他スタッフ・アーカイブ