【ボーカロイドうたわせてみたコンテスト 2014】うたわせてみた部門 
VOCALOID3 Editor SEを使ったうたわせ方

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

ボーカロイドうたわせてみたコンテスト2014

ここではVOCALOID3 Editor SEとボカロ・ライブラリーで歌わせる場合について解説いたします。

必要なソフト

※ボカロ・ライブラリーのリンク先の「スターターパック」製品は、(1)エディターと(2)ライブラリのセット商品です

(注意)

VOCALOID 3 Editor SEは最新バージョンにする必要があります。ヤマハ様のサイトよりアップデーターをダウンロードしてください

http://www.vocaloid.com/support/update/

なおここでは「VOCALOID 3 Editor SE」だけで楽曲を作成する過程を説明いたしますが、モチロン、完成したボカロパートをオーディオに書き出して、他のDAWで再度編集するということも可能です。

Cubase7 + VOCALOID Editor for Cubase NEOをお使いの場合はこちら

VOCALOID 3 Editorで歌わせる

VOCALOID3 Editorの使用方法、各種質問は、VOCALOID3 Editorのユーザーマニュアル、または下記をご参照ください。(当社ではVOCALOID3 Editor SEの使用方法サポートは行っておりませんのでご了承ください)

サポート情報 / よくあるご質問 / FAQ / VOCALOID3

VOCALOID3 Editorの使用方法について

バックトラックデータのダウンロード

VOCALOID3 Editor SE用バックトラックデータをダウンロードします。

01_ROCKのダウンロードはこちら

02_DISCOのダウンロードはこちら

03_BALLADEのダウンロードはこちら

ダウンロードしたファイル(圧縮されています)を任意の場所に解凍します(図は01_ROCKの場合)

0063

解凍されたフォルダーにはVOCALOID3 Editor SEファイルとバックトラック(カラオケ)のオーディオファイルで構成されています

0061

上図では01_ROCK_VEDITOR(.vsqx)というファイルがVOCALOID3 Editor SEのファイルで、01_ROCK_VEDITOR.wavpartsフォルダにはオーディオ・カラオケデータが含まれています。

重要:この2つのファイルとフォルダーは「常に同じ階層に存在している必要」があります。フォルダーからデーターを取り出したりしないでください。

VOCALOID3 Editor SEを起動する

VOCALOID3 Editor SEを起動し、ファイルメニュー「開く」から解凍したデータを読み込みます。

0062

環境設定を確認してください。

SnapCrab_VOCALOID3 Editor - TRACK EDITOR_2013-9-30_15-6-59_No-00

お使いのオーディオ・インターフェースが選択されていることを確認します。

SnapCrab_プリファレンス_2013-9-30_15-6-38_No-00

図のオーディオ・デバイス欄にお使いのオーディオ・インターフェースのドライバーが選択されていることを確認してください。

※ボーカロイドを快適に楽しむには、オーディオ・インターフェースのご使用をおすすめします。パソコンのオーディオ出力では発音の遅れやノイズが生じてしまい、再生が正しく行なわれない場合があります。

このデータを元に、以下の順番でオリジナル作品を作りましょう。

  • メロデイーを入力
  • 歌詞を入力
  • バランス調整・エフェクト処理
  • オーディオ・エクスポート(wavファイルで出力)

※メロディーと歌詞の入力の順番は同時進行でもOKです。お好きな方法をお選びください。

再生してみよう

再生ボタンを押すと再生が始まります。「F3」ボタンでミキサー画面を表示させ、ボカロとカラオケパートのバランスを調整可能です。表示メニューからも呼び出すことができます。

SnapCrab_VOCALOID3 Editor - MUSICAL EDITOR_2013-9-30_15-12-43_No-00

SnapCrab_VOCALOID3 Editor - MIXER_2013-9-30_15-17-6_No-00

オリジナルメロデイーを入力します

ボカロ・トラックを選択し、クリックします

0083

新たにメロディーを入力します。鉛筆ツールを選択します。

0091

 

1音1音入力していくこともできます。

SnapCrab_NoName_2013-10-1_16-44-19_No-00

歌詞を入力しよう

音符を右クリック(Macではctrl+クリック)して歌詞の流し込みを選択します。

SnapCrab_VOCALOID3 Editor - MUSICAL EDITOR_2013-9-30_15-11-56_No-00

歌詞を入力します。

SnapCrab_歌詞の流し込み_2013-9-30_15-12-21_No-00

OKを押すと完成・・・簡単ですね。

以上の手順を繰り返し、オリジナルメロディーを作成してください!

以上の手順を繰り返し、オリジナルメロディーを作成してください!表情付け(いわゆる調教)に関してはマニュアルや関連記事等を参考にしてください。

【関連記事】

Mac対応ボーカロイド「Megpoid English」に英語でジャズ・スタンダード・ナンバーを歌わせてみた

ボーカロイドにピンクフロイド「虚空のスキャット」を歌わせてみた。

バランス調整・エフェクト処理

メロディー入力が完成したら最後のバランス調整です。ミキサー画面を呼び出します。

ボーカルにリバーブをかける

SnapCrab_VOCALOID3 Editor - MIXER_2013-9-30_16-15-56_No-00

ボーカルトラックのvst1をクリックすると、vstプラグインと呼ばれる各種エフェクターをトラックにかけることが出来ます。

ここではVOCALOID3 Editor SE標準の「V3Reberb」を選択します

SnapCrab_VOCALOID3 Editor - MIXER_2013-9-30_15-17-10_No-00

SnapCrab_Track 2 vst2 - V3Reverb_2013-9-30_15-17-39_No-00

バランスを取ったら完成です。

オーディオ・エクスポート(wavファイルで出力)

コンテスト応募用のwavファイル(44.1kHz、16ビットの2chステレオデータ)を作成します。「ファイル」「エクスポート」を選択します

SnapCrab_VOCALOID3 Editor - TRACK EDITOR_2013-9-30_15-18-14_No-00

SnapCrab_Waveファイルのエクスポート_2013-9-30_15-18-22_No-00

「OK」を押し、エクスポートする場所を指定するとエクスポートが始まります。

SnapCrab_VOCALOID3 Editor - TRACK EDITOR_2013-9-30_15-19-42_No-00

エクスポートされたデータをWindows Media Player等で再生して確認してください。

SnapCrab_NoName_2013-9-30_16-37-24_No-00

完成したら、コンテスト応募方法ページを確認の上、応募を行なってください。


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

«ボーカロイド歌わせてみたコンテストトップページへ戻る

「ボーカロイドうたわせてみたコンテスト」タグの関連記事

↑ページトップ