KORG KRONOS システム・バージョン 2.1リリース!サウンドライブラリー「KRS-06」無償ダウンロード可能!

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

KronosX_4

KORG(コルグ)社は「KRONOS System Version 2.1」(クロノス・システム・バージョン 2.1)のリリースと、その記念としてKRONOS Sound Libraries「KRS-06:CX-3 Signature Sounds」(以下略:KRS-06)の無料ダウンロードを発表いたしました!

 

KRONOS_sys21

KRONOS System Version 2.1のリリース

KRONOS システム・バージョン 2.1は、大幅にグレードアップしたオルガン音色「CX-3」に加え、ライブ・パフォーマンスに最適ないくつかの新機能が追加されました。

ロータリー・スピーカーの回転状態のリアルタイム表示、コンビネーション/ソングでのティンバー/トラックのミュート機能の動作モードの追加、ペダル・コントローラー等の外部MIDIコントロール・チェンジによるプログラム・アップ/ダウン等のファンクション・アサイン機能など、かなり便利な機能が追加されております。

これに伴い、「KRONOS Editor」(クロノス・エディター)もバージョン 2.1へとアップしております。

主な変更

  • CX-3(Tonewheel Organ)の大幅なグレード・アップ
  • ロータリー・スピーカー・スピード・インジケーター表示機能追加
  • コンビネーション/ソングでのティンバー/トラックのミュート・モード追加
  • 外部MIDI入力に対してアサインできるファンクション・アサイン機能追加

KRONOS System Version 2.1 ダウンロードはこちら

.

KRONOS_KRS06

KRONOS Sound Libraries「KRS-06:CX-3 Signature Sounds」

「KRS-06」は国内外の一流オルガン・プレーヤーとのコラボレーションによって生み出されたCX-3 (Tonewheel Organ)用の追加音色ライブラリーです。新しいCX-3の機能を特色とした各アーティスト独自のプレイ・スタイルとサウンドが、128個のプログラムに収められています。

今回、KRONOSシステム・バージョン 2.1のリリースを記念して無償提供されております。

収録データ

128プログラム、1ドラムトラック・パターン

KRS-06のサウンド・ライブラリーは「KRONOSサウンド・ライブラリーサイト」よりダウンロード可能です

注意

KRS-06を正しくご使用になるには、KRONOS システム・バージョン 2.1以上が必要です。KRONOS システム・バージョン2.1は無償でダウンロードが可能です。

詳しくはSupportページのOperating Systemセクションをご覧下さい。)

 

コラボレーション・アーティスト

プログラム・ネームに使用されているイニシャルからアーティストを確認することができます。(例えば、キース・エマーソンはKE、ラリー・ゴールディングスはLG、など)

 

キース・エマーソン (Keith Emerson)

エマーソン・レイク&パーマー

キース・エマーソン

ロック、プログレ界で最も影響力のあるキーボード・プレーヤーの一人。

「ナイス」や「エマーソン・レイク&パーマー」は、それまでギタリストが務めていたバンドの中心的役割をキーボーディストが担えることを証明した。ステージでは派手なパフォーマンスをすることで有名だが、作曲家、プレーヤーとして音楽的には真のロック・サウンドを指向。シンセサイザーを初めてロック・ミュージックで使用し、自作曲を独自の音色で演奏するスタイルを確立した希有なミュージシャン。

 

ラリー・ゴールディングス (Larry Goldings)

ジョン・スコフィールド、パット・メセニー、マイケル・ブレッカー、ジャック・ディジョネット、ジェームス・テイラー

ラリー・ゴールディングス

ピアノ、オルガンの名手、作曲家。

ジャズ・ピアニストとして活動を始め、オルガン・プレーヤーとしてはメイシオ・パーカーとのソウルフルな演奏が注目を集めて以来、ジョン・スコフィールド、パット・メセニー、マイケル・ブレッカー、ジャック・ディジョネット、ジェームス・テイラーといった著名なアーティスト達と共演を重ねている。

自身のリーダー作として15枚以上のアルバムをリリースし、数えきれないほどのレコーディングで作曲、アレンジを提供。

独自のドローバー・セッティングを試み、外部エフェクターも使用するなど、常に新しいサウンドを追求し続けている。

 

ニール・エヴァンス (Neal Evans)

ソウライブ

ニール・エヴァンス

ジャズ・ファンク・バンド「ソウライブ」のソウルフルなオルガン・プレーヤー。

「ソウライブ」は14年間に渡って15枚のアルバムをリリースし、多くのライブ活動をしてきた。

右手でクラビやオルガンを演奏する傍ら、左手で自由なベース・ラインを演奏する究極的なスタイルが注目を集めている。

大編成のファンク・バンド「レタス」の活動、映画音楽の作曲、最近ではソロ・アルバムをリリースするなど精力的に活動。

 

マイク・フィニガン (Mike Finnigan)

ジミ・ヘンドリックス、ジョー・コッカー、クロスビー・スティルス&ナッシュ、デイブ・メイソン、エタ・ジェイムズ、タジ・マハール、ボニー・レイット

マイク・フィニガン

数多くのミュージシャンと共演経験を持つピアノ、オルガン・プレーヤー。

いわゆるミュージシャンズ・ミュージシャンであり、その長い音楽歴から共演者もジミ・ヘンドリックス、ジョー・コッカー、クロスビー・スティルス&ナッシュ、デイブ・メイソン、エタ・ジェイムズ、タジ・マハール、ボニー・レイットなど多岐にわたる。またファントム・ブルース・バンドのメンバーとしても長年活動している。

ブルース、ロック、ソウルに特に優れ、自由にサウンドを扱えるオルガン・プレーヤーだが、同時にパワフルなボーカリストでもある。

 

 

ラミ・ジャフィー (Rami Jaffee)

ザ・ウォールフラワーズ、リッキー・リー・ジョーンズ、ソウル・アサイラム、メイシー・グレイ、リッチー・サンボラ

ラミ・ジャフィー

90年代初頭に「ザ・ウォールフラワーズ」のメンバーとして脚光を浴びる。

カリフォルニア在住の彼はリッキー・リー・ジョーンズ、ソウル・アサイラム、メイシー・グレイ、リッチー・サンボラなど数多くのアーティストとセッションを重ね、2005年カリフォルニア州ヴァン・ナイに自らのスタジオ「フォノジェニック・スタジオ」をオープン。そして「フー・ファイターズ」とのレコーディングを行い、現在までサポート・メンバーとして活躍。

ベンモント・テンチやガース・ハドソンらに影響を受け、演奏活動や制作などでその巧みなプレイを提供し続けている。

 

デイヴィッド ・ジェイキーズ (David Jaques)

Vintagekeyboardsounds.com

デイヴィッド・ジェイキーズ

彼は熱烈なハモンド・オルガンのコレクターで、今回の新しいCX-3オルガン・エンジンの評価に参加。

55 年、59 年、61 年製のビンテージ・ハモンド・オルガン、145、47、147、122、21Hといったロータリー・スピーカーをKRONOSと比較するセッションを行い、そのセッション中に制作された優れたサウンドのいくつかが、ここに提供されることになった。

 

西川直人 (Naoto Nishikawa)

西川直人Trio、中村誠一、矢野沙織、JiLL-Decoy association

西川-直人

東京大学入学後、本格的にオルガンを佐々木昭雄氏に師事。ジャズ研究会に所属する傍らライブ活動をスタート。

大学卒業後、オルガニストとして本格的に活動を開始し、ジャズだけでなくファンク、ソウル、ポップスなど様々なバンドのライブやレコーディングに参加。

現在はオルガン、ピアノ、ドラムという編成の自身のトリオなどで活動中。

 

小林 創 (Hajime Kobayashi)

アン・サリー、Mitch、バンバンバザール、柴咲コウ

小林-創

早稲田大学在学中より都内ライブ・ハウスやバーを中心として演奏活動をはじめ、全国各地のジャズ・フェスティバル、ホテルや客

船のクルーズにおいても多数演奏。

メジャー・アーティストを含む数多くのレコーディングやライブなどを行いつつ、映画のサウンド・トラックの作編曲なども手がけている。

近年ではベルリン国際映画祭で受賞した映画「めがね」のサウンド・トラックにてピアノ・ソロを録音、アン・サリー、MITCH、バンバンバザール、女優の柴咲コウの録音など、多数の録音に参加し好評を得ている。

 

増田 隆宣 (Takanobu Masuda)

B'z、BLAZE

増田-隆宣

日本のロック・キーボード・プレーヤー。日本のトップ・ロック・バンド「B'z」をツアー・メンバーとして20年以上にわたりサポート。

B'zサウンドの源泉であるロック・スピリッツを熟練のオルガン・プレイで支えている。また、日本が誇る女性ロック・シンガー、浜田麻里を足かけ28年にわたりキーボード・プレーヤー/作家/アレンジャーとしてサポート。そして、往年のブリティッシュ・ロックを現代に継承する自己の本格派ハードロック・バンド「BLAZE」でも活動中。

 

難波 弘之 (Hiroyuki Namba)

センス・オブ・ワンダー、山下達郎

難波-弘之

70年代より「金子マリ&バックスバニー」へ加入し、その後ソロ・デビュー、自身のバンド「センス・オブ・ワンダー」も結成。

山下達郎、RCサクセションやレッド・ウォーリアーズなど、多くのアーティストのレコーディングやコンサート・ツアーに参加、親交

の深い是方博邦らとともにバンド「野獣王国」を結成。

音楽番組での講師、審査員、FMラジオのパーソナリティ、ゲーム・ミュージックやアニメの音楽なども多数手がけている。

東京音楽大学教授。

 

マーティン・エルンスト (Martin Ernst)

マーティン・エルンスト・オールスターズ、ズッケロ、フィル・コリンズ、クリフ・リチャード、ポール・キャラック

マーティン・エルンスト

ドイツのピアノ、ハモンド・オルガン・プレーヤーで「マーティン・エルンスト・オールスターズ」のリーダー。このバンドでドイツ版の「サタデー・ナイト・ライブ」や「ゴング・ショー」など、多くのテレビ番組をプロデュースしてきた。

ジョー・コッカー、ズッケロ、フィル・コリンズ、クリフ・リチャード、ポール・キャラックなど、世界的に有名なスター達と共演。

有名な「リビング・ルーム・コンサート」を主催し、自宅からインターネットでライブをストリーミング配信。また多くのテレビ番組や映画の音楽を手がけ、自身が所有する「ドッグ・ハウス・スタジオ」で制作を行っている。

 

アンドレアス・グンドラッハ (Andreas Gundlach)

Gregor Meyle、Veronika Fischer Band、Chin Meyer、Dresdner Sinfoniker、SAGA

アンドレアス・グンドラッハ

ソロのピアノ演奏でドイツ各地での演奏活動を行い、サイドマンとしてもロック、ポップス、ジャズ、またコメディー・ショーなどのフィールドで活躍。

2003年からコルグ製品のプレゼンテーションを始め、 OASYS、KRONOS、M3、SV-1、Paシリーズなどで音色、スタイル、デモソングなどのプログラミング・ワークも行っている。

 

↑ページトップ