歌って弾いて曲名をすばやく検索!iPhone/iPod touch用アプリケーション、ヤマハ「歌っちゃお検索」

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

1606140101

ヤマハ株式会社が歌って弾いて曲名をすばやく検索!歌えば歌うほど、弾けば弾くほど曲が絞り込めるiPhone/iPod touch用アプリケーション「歌っちゃお検索」をAppStoreで無料提供を開始いたしました。

製品の概要

ヤマハは2014年2月より、タッチスクリーンに表示された鍵盤で単音のメロディーを弾くだけで、そのメロディーを含む楽曲を高速かつ簡単に検索できるiPhone /iPod touch向けアプリケーション「弾いちゃお検索」を提供しています。今回、提供する『歌っちゃお検索』は、この「弾いちゃお検索」を改名し、「歌う」だけで曲名を検索できる機能を追加したバージョンアップ版です。弾いて検索するだけでなく、歌って検索できる機能を備えたアプリケーションに進化しました。

主な特長

1.歌詞がわからなくても、途中で止まっても、メロディーの一部しか覚えていなくても大丈夫

1606140102

歌詞ではなくメロディーで検索を行うため、歌詞がわからなくても歌って検索できます。また、メロディーを忘れてしまったりして、歌が途中で止まったとしても、再び続きを歌い始めればそれまでのメロディーも考慮して検索を行います。さらに、キーやリズムに関係なく、曲のどの部分のメロディーを歌っても検索することが可能です。サビや印象的なフレーズしか覚えていない場合や、原曲キーで歌うのが難しい場合でも、探していた曲を簡単に見つけることができます。

2.独自の「高速逐次検索技術」によって曲名を高速に検索。歌えば歌うほど結果を絞り込める

ヤマハ独自の「高速逐次検索技術」(詳細後述)によって、歌うだけで曲名を高速に検索します。歌唱を開始したほぼ直後から、それまでに歌ったメロディーに合う楽曲をどんどん表示しながら曲名を絞り込んでいきます。仮に最初に表示された結果が意図したものでなかったとしても、そのまま歌い続けることで目当ての曲に近づけるようになっています。

3.歌声を楽器演奏評価技術「virtana™」(ヴィルターナ)で解析。正確な検索が可能に

歌声の分析には、ヤマハ社の楽器演奏評価技術「virtana™」※3を使用。楽器の演奏音を音程、音量、スペクトルといった物理的な要素へと分解し、さらに音楽的な面も含めて分析するこの技術を用いて歌声を分析することで、より正確に楽曲を検索することが可能となっています。

※3「virtana」の詳細はこちら:http://www.y2lab.com/project/virtana/

4.演奏して検索できる「弾いちゃお検索」の機能も引き続き利用可能

1606140103

タッチスクリーンに表示された鍵盤を弾くことで、まるで演奏するように曲名を検索できる「弾いちゃお検索」の機能も引き続き利用できます。最低4つの単音メロディーを弾くだけで検索ができ、5音目以降は弾かれた1音ごとに結果を絞り込んできます。「歌っちゃお検索」と同様に、キーやリズムに関係なく、曲のどの部分のメロディーを弾いても、どの調で弾いても、途中で止まったとしても検索することが可能です。

5.検索した楽曲は試聴が可能 ※歌っちゃお検索、弾いちゃお検索共通機能

鍵盤を弾いた、または歌った箇所を対象に、候補楽曲のメロディー(着メロ?)を約10秒程試聴できます。これにより、探していた楽曲かどうかを実際に聴いて確実に判別できるようになっています。

IMG_4650

6.検索結果から楽譜の購入を少ない手間で行える ※歌っちゃお検索、弾いちゃお検索共通機能

検索結果で表示された楽曲のうち「iTunes Store」や「ぷりんと楽譜」(www.print-gakufu.com)※4 などで楽曲や楽譜を購入できるものについては、購入ページへのリンクが表示されます。検索から楽曲・楽譜の購入までを少ない手間で行えます。

IMG_4651

※4 ヤマハミュージックメディアが運営する楽譜ダウンロードサービス

7.ソーシャルメディアやメールで検索結果を簡単共有 ※歌っちゃお検索、弾いちゃお検索共通機能

1606140104

FacebookやTwitter、メールなどで、検索結果を共有できます。例えば、一緒に楽曲を探していた友人などと検索結果を手軽に共有して楽しめます。

高速逐次検索技術について

従来の歌声検索(鼻歌検索)技術では、人が数秒程度歌った後に一回だけ検索が行われるため、意図した結果が得られない場合は、最初から歌いなおして、毎回検索結果を確認する必要がありました。それに対し、今回の「高速逐次検索技術」では、人が歌った直後から繰り返し楽曲の検索を行います。これにより、仮に最初に表示された結果が意図したものでなかったとしても、そのまま歌い続けることで目当ての曲に近づけるようになっています。

昨今、ロボットやスマートフォンなど、機械と人とのコミュニケーション技術が発達している中で、機械が人間の歌唱を素早く理解するための技術として本技術は開発されました。例えば、人が歌うと、ロボットがその続きのメロディーを一緒に歌ったり、合奏してくれるといった機能を実現する一助となる技術とのこと。なお様々な企業が、本技術を活用し、新たなサービスを自由に開発できるように、ヤマハ社ではSDK(メロディ検索SDK)の提供も行っています。

本技術の詳細については以下のページを参照。

http://y2lab.com/project/melodysearch/


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

「iphoneipad」タグの関連記事

↑ページトップ