超お手軽なアナログ・レコード・プレーヤーION 「Archive LP」を試してみた

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

DSC07490

最近のアナログ・レコード回帰ブームの中、オシャレなルックスとお手軽で超話題&予約殺到のアナログ・レコード・プレーヤーION Audio(アイオン・オーディオ)社の「Archive LP」を試してみました。ステレオスピーカー内蔵でUSB端子も装備し、パソコンやiOSデバイスへの音楽取り込みもラクラクできるすぐれものですよ~

ルックス

まずはなんといってもこの素敵なルックス!天然木を使用したシンプルなデザインでどんな部屋にもマッチしそうです。一目惚れする人も多いのではないでしょうか?

IMG_0041

ステレオスピーカー内蔵

Archive LPはステレオ・スピーカーが搭載されていますので、電源を入れて、レコード盤をセットするだけで、面倒な設定や結線をすることなく簡単にレコードを再生できます。アナログらしい温かみのある音ですね~

SP

ボリュームはつまみで調整できますが、かなりの音量が出せるのでびっくりしました!ちょい聴きには十分すぎるくらいです。

DSC07486

アナログターンテーブルとしての基本機能

Archive LPはベルト方式(ベルトドライブ)駆動で、33-1/3、45、78回転に対応していますので、大部分のレコード盤は再生可能です。アームリフター付きでAUTO STOPのオンオフ切り替えもついています。

33

AUTO STOP ON時にはトーンアームをレコード上に動かすと自動スタート、再生終了するとプラッター(テーブル)の回転が止まります。スイングして戻るという機能はありません。

45回転用のアダプタも付属していますので、シングル盤(ドーナツ盤)も再生できます。懐かしいですね~

IMG_0051

ドーナツ盤 photo by wikipedia

Record

標準的なRCAアナログ出力端子を備えていますので、お手持ちのコンポ等に接続することも可能です。ちなみにラインレベル出力なので、アンプのPhono入力にはつないではいけませんので注意してください。

IMG_0050

バイナルの反りによる針への振動を軽減するために、アーム部分には500円玉がすっぽり入るくらいの隙間があります。

ArchiveLP_003

ArchiveLP_004

レコード版を乗せていない状態はこんな感じです。

IMG_0052


続きを読む: 1 2 3

The NAMM Show 2020

↑ページトップ