アナログ/デジタル機器、パソコンとの同期演奏が可能なシンクボックス Roland AIRAシリーズ「SBX-1」が発表!

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

1

アナログ/デジタル機器、パソコンとの同期演奏が可能なシンク・ボックス「SBX-1」がRoland(ローランド)から発売されます。

9/12追記:

先日ローランドさんのスタジで実機を見てきました。2台のSBX-1、AIRAシリーズ TR-8、TB-3、VT-3、SYSTEM-1に加え、ビンテージのTB-303、TR-606、TR-808、そしてユーロラックシンセモジュール、REON社のdriftboxの新作?らしきシンセが見えます。SBX-1を中心にCV、DIN、MIDIといった同期が行われるさまは壮観です!ケーブルお祭り状態ですね。

IMG_9449

REON社のdriftbox (ぶれててスミマセン)いい音してます。CV同期。

screenshot_481

TB-303、TR-606もDINシンクでバッチリ同期!社員の方の私物だそうです。

screenshot_482

おなじみのヤオヤ(TR-808)

808

ユーロラックのモジュール群!たまりませんね。(ローランド社製品ではありませんので・・念のため)

screenshot_483

このシステムの中核にあるのがシンクボックス「SBX-1」というわけですね。

アナログ/デジタル機器、パソコンとの同期演奏が可能なシンク・ボックス

SBX-1は、アナログ/デジタル機器、パソコンと相互にコミュニケーションができるシンク・ボックスです。MIDI、DIN SYNC、USB/MIDIといった多彩な入力をマスターにでき、フレキシブルなセッティングが行えます。SBX-1がマスターとなり、インターナル・クロックで外部機器のコントロールが可能です。外部機器からの演奏情報を CVとGATE信号に変換し出力することで、単なる同期だけでなく、アナログ・シンセやモジュラー・シンセの演奏も可能にします。

また、SBX-1本体で生成可能なLFOや演奏情報をトリガー信号として出力することで、モジュレーションをかけたり、ゲート・トリガーとしても活躍します。さらにパソコンを中心とした音楽制作にアナログ機器を組み合わせたり、TR-8、TB-3、SYSTEM-1などのAIRA製品とビンテージ・アナログやモジュラー・シンセを組み合わせた新しいハードウェア・ライブを実現するなど、表現の可能性や柔軟性を大きく広げます。

MIDI、DIN SYNC、USB/MIDIからの信号を相互に変換。

3

SBX-1のインターナル・クロックに加えてMIDI、DIN SYNC、USB/MIDIなどの各入力をマスターにすることも可能とします。SBX-1をマスターとして動作させる場合は、TAP、テンポつまみでの調整に加えて微調整用にFINEつまみを搭載。バンド演奏やDJプレイに合わせて正確なテンポ調整が行えます。

リズム・マシンなど外部シーケンサーにスイング感を加えるシャッフル機能

TR-808やTB-303などシャッフル機能を搭載していない外部シーケンサーにスイング感を加えるシャッフル機能を搭載しています。シャッフルの設定は16分音符、8分音符から選択可能で、さらにSBX-1に接続されている機器間の同期ズレをワンタッチで修正するSYNC機能は、ライブ環境での使用を考慮し、専用ボタンを装備しています。

フレキシブルなセッティングが可能なCV/GATE端子

SBX-1_F_O1_FNL

外部MIDI機器やパソコン(DAW)からアナログ・シンセをコントロールできるCV/GATE出力端子も装備しています。外部からのMIDIノートやCC情報をCV/GATE情報へ変換して出力します。さらにSBX-1インターナル、外部からのテンポに合わせたLFO信号をSBX-1内部で生成、最大で5種類(AUXで3種類)の異なるLFOセッティングを登録し、CV信号として3系統同時に出力ができます(CV/BEND/AUG端子より)。

また最大で5種類(AUXで3種類)の異なるMIDIノートをトリガー・セッティングとして登録し、GATE信号として3系統同時に出力が可能です(CV/GATE/AUX端子より)。さらにマスター・クロックに合わせてSBX-1本体でGATEトリガー信号を生成することもできます。4分音符から32分音符、3連や付点8分音符などにも対応しており、接続機器との組み合わせでトリッキーな演奏を実現します。

AIRA TR-8との快適なコンビネーション

SBX-1_DL_O1_FNL

TR-8との組み合わせに最適化したAUX端子を搭載し、GATEトリガーしたいTR-8の音色をSBX-1側のディスプレイで数値を確認しながら設定可能です。よりスピーディーなセッティングが行えます。

DIN SYNCはSYNC24/48に両対応

さまざまなタイプのリズムマシンとの同期演奏に対応を可能とします。

USBバスパワーとACアダプターの2電源方式

USBバスパワーとACアダプターの2電源方式を採用しており、パソコンを中心とした制作環境システムともベスト・マッチです。

主な特徴

  • MIDI、DIN SYNC、USB/MIDIからの信号を相互に変換、コミュニケーションが可能。
  • SBX-1がマスターとなり外部機器のコントロールが可能。
  • TR-808やTB-303などのサウンドにスイング感を加えるシャッフル機能を搭載。
  • 同期のズレをワンタッチで修正するSYNCボタンを装備。
  • フレキシブルなセッティングが可能なCV/GATE端子。
  • SBX-1から最大3系統のトリガー出力、または異なる特性のLFO出力が可能。
  • AIRA TR-8との快適なコンビネーション。
  • DIN SYNCはSYNC24/48に両対応。
  • USBバスパワーとACアダプターの2電源方式。

 

接続例

MIDIマスター1

MIDI MASTER-1

MIDIマスター2

MIDI MASTER-2

DYN-SYNC マスター

DYN-SYN MASTER

SBX-1マスター

SBX-1 MASTER

USBマスター

USB Master

仕様

ローランド SBX-1:シンクボックス

スイッチ

[DIN SYNC IN]スイッチ:(24、48)

[DIN SYNC OUT1]スイッチ:(24、48)

[DIN SYNC OUT2]スイッチ:(24、48)

[TRANSPOSE]スイッチ:(H、M、L)

[POLARITY]スイッチ:(+、-)

[BEND]スイッチ:(WHOLE、OCT、LFO)

[AUX]スイッチ:(1、2、3)

[POWER]スイッチ

ボタン

[CLOCK SOURCE]ボタン(D-SYNC、MIDI、USB、INT)

[SYNC]ボタン

[SHUFFLE]ボタン

[STOP]ボタン

[PLAY/PAUSE]ボタン

[TAP]ボタン

つまみ

[TEMPO]

[FINE]

インジケーター

[D-SYNC]

[MIDI]

[USB]

[INT]

ディスプレイ

7セグメント4桁(LED)

接続端子

DIN SYNC(IN、OUT1、OUT2)端子

MIDI(IN、OUT1、OUT2)端子

USB端子:USBタイプB

DC IN端子

CV端子:ミニ・タイプ

GATE端子:ミニ・タイプ

BEND端子:ミニ・タイプ

AUX端子:ミニ・タイプ

電源

ACアダプター、またはUSB端子より取得

消費電流

150mA(ACアダプター使用時)

200mA(USBバス・パワー使用時)

外形寸法

サイズと重量:(W x D x H):220 × 135 × 52mm 790g

付属品

取扱説明書

ACアダプター

その他

発売日

2014年9月25日(木)

販売価格

(税抜)¥40,000 (税込 ¥43,200)
JANコード:4957054506353


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗


「AIRA」タグの関連記事

「クロックジェネレーター」タグの関連記事

↑ページトップ