【レビュー】バーチャル・アナログ・シンセサイザーNord Lead A1を試してみた

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

IMG_9979

こんにちはサカウエです。2014年のNAMMショウで発表され、その発売を待ち焦がれていた方も多いと思いますが、お待たせいたしました!ついに「Nord Lead A1」が発売となります。

KID(KORG Import Division)さんに実機をお借りいたしましたので速攻ファーストインプレッション・レビューをお送りいたします。

IMG_9967

シンプルで分かりやすい操作性!圧倒的なサウンドを誇るシンセサイザー

「Nord Lead A1」はライブ、レコーディングで即戦力となるバーチャル・アナログ・シンセサイザーです。トラディショナルなアナログ波形による分厚いシンセブラス、攻撃的なシンセ・リードはもとより、デジタル波形によるメタリックなサウンドまで網羅しています。

また最新のパネル・レイアウトの採用により、ディープな音作りやセンセーショナルなサウンドも、シンプルな操作で作成可能。圧倒的な音色をかつてない高速サウンド・メイキングが可能となっています。

あいかわらず美しいルックス!メイドイン・スウェーデン、ストックホルムのNordファクトリー製です。オシャレです。

IMG_9968

レスポンスに優れたFatar製49鍵キーボードが採用されております、自然なタッチレスポンスで弾きやすいです。

0009

Nord Lead A1の心臓部、最新のアナログ・モデリング・エンジン

バーチャル・アナログ・シンセシスをさらに次のレベルへと推し進める新エンジン搭載24ボイス、4パート・マルチティンバー。

2つの音色を重ねて演奏できるレイヤーや、音域別に2つの音色を配置して弾き分けられるスプリット・モードも自在に設定できます。また、ホールド機能を使用すれば、1つのパートをホールドさせ、それをバックに別の音色でプレイすることもできます。

ABCDの4種類のスロット(ティンバー)をスプリットやレイヤーして、音色(プログラム)が構成される仕組みなんですね。

IMG_9973

Nord史上最高のシンプルなユーザー・インターフェイス

Nord Lead A1の設計上の最大のポイントとなった部分が、シンプルながらも幅広い音作りが可能な最新のユーザー・インターフェイスです。直感的なサウンドメイキングが可能です。ディープな音作りやセンセーショナルなサウンドも、シンプルな操作で作成可能。パラメーターは一目瞭然で見やすいですね。

IMG_9982

オシレーターセクション

オシレーター部分は8タイプ構成。ピッチ、デチューン、シェイプ、シンク、AM、ノイズ、サブ・ミックス、FM、そしてトラディショナルなアナログ&デジタル波形、非整数次倍音を含んだインハーモニックな波形など、全47波形を内蔵。ユニゾン機能で分厚いサウンドを瞬時に生み出すことができます。

IMG_9983

フィルター・セクション

filter

Nord Lead A1のフィルター・セクションは、クラシックな12dB、24dBローパス・フィルター、ハイパス、バンドパス・フィルターを内蔵しています。また「Nord Lead 4」に内蔵されたラダー・フィルターのシミュレーションも搭載。ノブを回すとデジタルとは思えないなめらかなフィルターの変化を得ることができます

LFO&モジュレーション・セクション

lfo

LFO、モジュレーション・セクションには、5種類の波形を内蔵したLFO、ADRのモジュレーション・エンベロープが搭載されています。なおLFOはNord Lead A1のマスター・クロックと同期することができます。モジュレーション・エンベロープはベロシティやLFOでスタートさせることができ、INV ENVで反転出力可能です。これらの機能により複雑なモジュレーション生み出すことができるようになっています。

エフェクト・セクション

eff

ビンテージ・シンセに搭載された回路を忠実に再現したウォームな質感のアンサンブル、コーラス・エフェクト、リング・モジュレーター、フェイザー、フランジャー、ドライブ、ディレイ、リバーブを内蔵。ディレイタイムはタップによる設定もOKです。

Nord Lead独自のモーフィング機能

Nord Lead A1は、Nordおなじみのモーフィング機能も搭載しています。モジュレーション・ホイールやベロシティ、ペダル操作により、複数の音色パラメーターが同時に変化し、劇的な音色変化を自在にコントロールできます。モーフィングの設定は、Morphボタンを押しながら変化させたいパラメーターのノブを調整するだけ。簡単楽ちんですね~

IMG_9975

それでは早速プリセット音色を弾いてみましたのでごらんください(ZOOM Q4にて収録)

いかがでしたか?Nord Leadらしいアグレッシブかつ尖ったサウンドで即戦力の音色が満載ですね。

さまざまな新機能を搭載

他にもNord Lead A1には、音作りの途中でお気に入り音色を50種類までメモリーすることができる「Likeボタン」、音色パラメーターを変化させ元の音色からバリエーション音色を自動的に作り出せる「Mutaitor(ミューテイター)機能」、分厚おいサウンドをいとも簡単に生み出す「ユニゾン機能」、、アップ/ダウン、ランダム、レンジは最大4オクターブの「アルペジエイター」・・といった新機能も盛りだくさん。

またNord Sound Managerソフトウェア(Mac OS X / Windowsに対応)を同梱。Nord Sound Managerは、音色ライブラリアン・ソフトで、Nord Lead A1の音色メモリー(プログラム)の並べ替えや、バックアップ、プログラムの転送などが簡単に行なえます。

MIDIコントロール

Nord Lead A1はUSB-MIDI機能を内蔵し、コンピュータ上のDAWソフトやNord Sound Managerとの接続もUSBケーブル1本で行えます。また、Nord Lead A1のパネル上にあるすべてのノブはMIDIコントロール・データを送信することができるので、ツマミの動きをDAWに記録してしまうこともできるのですね。

IMG_9980

モジュール版「Nord Lead A1R」もリリース

0010

なお今後、キーボード、モジュレーション・ホイール、ピッチ・スティック以外のNord Lead A1の全機能を搭載しているNord Lead A1の音源モジュール版「Nord Lead A1R」の発売も発表されています。ステージやスタジオなどシチュエーションに合わせて両者を選択できるのでこれはありがたいですね。こちらも発売が楽しみですね、発売日は後日お伝えする予定ですのでしばらくお待ちください。

0009

「Nord Lead A1」主な特徴

オシレーター

  • ユニークオシレーター
  • 8オシレーター
  • ピッチ、デチューン、シェープ、シンク、AM、ノイズ、デュアルオシレーター、FM
  • 従来のアナログおよびデジタルウェーブフォーム

モジュレーション

  • 5つのウェーブフォームLFO
  • モジュレーション・エンベロープ
  • モジュレーション・エンベロープとしてのLFO

フィルター

  • 12、24dBローパス・フィルター
  • ハイパス、バンドパス・フィルター
  • トランジスタとダイオードによるMiniとTB-303のラダー・フィルター・シミュレーション

エフェクト

  • アンサンブル、コーラス、フェイザー、フランジャー、リングモジュレーター、ドライブ

パフォーマンス

  • 4パートマルチティンバー
  • マスター・クロック機能(アルペジエイター、LFO、ディレイを同期)
  • ベロシティ、モジュレーション・ホイールによるモーフィング機能
  • USB-MIDI機能

Nord-Lead-A1-angled-white_xl-418x245

発売日

2014年6月6日(金)

価格

販売価格(税抜)¥176,000 (税込 ¥190,080) ⇒ (税抜)¥170,000 (税込 ¥183,600)

JANコード:4959112125681 ⇒ 834035001202


【関連記事】

Clavia 「Nord Lead A1」アナログモデリングシンセサイザー発表!

楽器レッスン、ライブ収録、PV撮影にも対応する音楽用ビデオレコーダー「ZOOM Q4」を試す

【新入荷!】【シンセサイザー】nord Nord Lead A1

「synthesizer」タグの関連記事

↑ページトップ