【レビュー】GENELECのミュージック・クリエイター・モデル「M030」を試す

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

screenshot_90

こんにちはサカウエです。発売が待ち遠しい「GENELEC(ジェネレック)」待望のモニタースピーカー「M シリーズ」の 2 機種『M030』と『M040』ですが、オタリテックさんより『M030』をお借りしましたのでさっそくレポートいたします。

GENELEC社の「ミュージック・クリエイター・モデル」

まず外観です。こだわりの手作り!メイド・イン・フィンランド。2WAYのアクティブスピーカーを搭載。

エンクロージャーの素材は、リサイクル可能なウッド・ファイバーを主体とした合成複合素材。

m-series_pellet

この素材は本体自体が振動しにくく、自由な形に加工できることから、スピーカーとして音響的に優れた形を作成することができるとのこと。また本体の肉厚を薄くし、内容積を大きくすることによって非常に力強いローエンドを再生することができます。

IMG_0533

『M030』と『M040』はホーム・レコーディングやデスクトップ・レコーディング環境にマッチするように開発された「ミュージック・クリエイター・モデル」ということです。自宅録音やトラックメイカー、DJの方にオススメということですね。

リア写真

IMG_0534

 音質補正スイッチを搭載。

テーブルトップ、壁際、コーナーといった設置場所で微妙に変化する音質を補正することが出来ます。

IMG_0534

XLR+TRS フォーンのコンボ、 RCA という3種類の入力端子。

多くのオーディオ・インターフェイスの出力に採用されているTRSフォーン、DJ 機器の大半に採用されているRCA端子、多くの業務用機器に採用されるXLR端子と場面によって使い分けることが出来ます

IMG_0535

これが話題の新開発エンクロージャー一体型の底面バスレフポート

IMG_0541

 さっそく試聴

比較対象があったほうが良いだろうということで、RCFの「AYRA FIVE」を準備。こちらはイタリアン・デザインの人気モデルです。

関連リンク

RCF「AYRA FIVE」製品ページ


続きを読む: 1 2 3

Namm Show 2018

↑ページトップ