Bastl Instruments IKARIE | ステレオ/デュアル・ピークのフィルターモジュール

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Bastl Instruments ( バストル・インストゥルメンツ )が、新しいパフォーマンスの可能性をフル追求したステレオ/デュアル・ピーク・フィルター「IKARIE」を発売します。

IKARIEは個性的なチューニングと設計が魅力のステレオ/デュアル・ピークのフィルターモジュールです。1つのノブでローパスとハイパス・フィルタリングを連続的に可変できるため、リアルタイム・パフォーマンスの可能性を大幅に高められます。またエンベロープ・フォロワーがサウンドのバリエーションを拡大します。

このモジュールの名前である「IKARIE」は、1963年制作のチェコスロバキアのSF映画。「Ikarie XB-1」へのオマージュです。この映画は「ソラリス」や「2001年宇宙の旅」、「スターウォーズ」などよりずっと前に宇宙探査の主題を扱った伝説的な映画です。Zdeněk Liškaによるエクスペリメンタルな初期電子音楽、イマーシブなシネマトグラフィーなど、最も独創的でエキサイティングなSF映画の1つとして評価されています。

2系統のフィルター回路は、ステレオ領域で同期してモジュレートしたり、独自のステレオ効果の為に分離したり、またはチェーンして24dBフィルターを形成することもできます。

フィルターのモノラル出力だけを使用すればIKARIEは「デュアル・ピーク・フィルター」として動作し、まるで「声」のようなフォルマントタイプのサウンドを再現できます。さらにBeyond出力は、2つのフィルターのスペクトル差によって、本機を「ツインピーク・フィルター」として利用できます。

IKARIEはフィルターですが、出力VCAが追加されている為、あらゆるベクトルでサウンドを振り回すことができます。CVコントロールによるパンニングやレゾナンス制御、パーカッシブなサウンドから、煌めくような、さらに不気味なものまで、サウンドデザインの可能性の広大な世界を探索できます。すべては大変コンパクトですが、精度と創造性のための無限の宇宙空間が用意されています。

このモジュールは、Bastl Instruments(Václav Peloušek)と、Casper Electronics(Peter Edwards)のコラボレーションによるものです。 細部へのこだわりが、このフィルターに独特のバランス感をもつレゾナンスとエンベロープ・レスポンスを与えた一方で、BASTLらしい独特の制御スキームを備えた、片手で全てを体感できるようなパフォーマンス性の高いフィルターデザインを紡ぎだしました。

特長

  • 2系統のパラレル・フィルター・コア(レフト&ライト・チャンネル)
  • 12dB/octのステート・バリアブル・フィルター・トポロジー
  • 個性的なローパス/ハイパス・スイッチング・コントロール方式
  • バランスのとれたボルテージ制御のレゾナンス回路
  • 3つのディケイ設定を備えたエンベロープ・フォロワー
  • 最大5倍の入力ゲイン
  • ステレオ・モジュレーション(フィルターディチューン・パンニング)
  • beyondアウトプットによる”ツインピーク・フィルター”スペクトラム
  • モジュレーション・アッテヌバーター
  • v/oct入力(フロントパネルからアクセスできるトリムコントロール)
  • ステレオVCA回路

仕様

  • power consumption: +12V: 100mA, -12V: 95mA
  • 8HP
  • 35mm
  • PTC and fuse protected 16pin power connector
  • pdf user manual

発売日

2020年11月

販売価格

(税抜)¥33,000 (税込 ¥36,300)
JANコード:4560482828708

シンセサイザー新製品一覧は ⇒ こちら

「ユーロラック」タグの関連記事

↑ページトップ

digilandbeats