【無償配布】iZotope の Vinyl がリニューアル! 究極のローファイマシン

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

iZotopeが、究極のローファイマシンプラグイン「Vinyl」のリニューアルバージョンを公開、無償配布を開始しています。Vinylは、iZotope最初のBig Sur対応プラグインとなります

世界の全クリエイターへ無償配布

2001年にリリースされたiZotope最初のプラグインでありながら、今なお多くのクリエイターに愛される究極のローファイマシン『Vinyl』が装いも新たに、iZotope最初のBig Sur対応プラグインとして帰ってきました。

新Vinylはあなたのトラックを各年代へとタイムリープ、圧倒的な低CPU負荷はそのままに、埃、傷、ワープや経年変化したメカノイズを無料で再現してくれます。よりシンプルで明快なGUI、ノスタルジックな要素をコントロール、お好みのターンテーブルサウンドに仕上げることが可能です。

2001年リリース時と全く同じように、本製品は世界の全クリエイターへ無償配布となります。

使い方

キャンペーン期間

2020年11月19日から12月8日まで

24時間対応のダウンロードはこちら

  • 旧Vinylがインストールされている場合、ソフトウェアは上書きされます。
  • Big Sur環境の場合ポータルアップデートに対応できていないため、インストーラーはこちらからダウンロードください。
DTM新製品一覧は ⇒ こちら

「プラグイン・ソフト」タグの関連記事

↑ページトップ