Marantz Professional PMD661 MKIII | ファイル暗号化対応2チャンネル・ポータブル・オーディオレコーダー

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

marantz Professional ( マランツプロ )が、パスワード保護とファイル暗号化機能が標準装備された2チャンネルのポータブルレコーダー「PMD661 MKIII」を発売します。

PMD-661MKIIIは放送・ニュース取材でのDSLR(Digital Single Lens Reflex camera:デジ一眼)撮影や音楽制作をはじめ、パスワード保護、ファイル暗号化機能搭載により、法執行機関・地方自治体、裁判所記録、行政調査、法律・医学・教育現場における顧客等との打合せ内容の口述記録など、情報の安全が求められる分野に最適なレコーダーです。

PMD661 MKIIIは、WAV形式で最大96kHz / 24ビットのレコーディングが可能(SDHCメディア対応)で、「ワンアクション」で録れる高品質のステレオコンデンサーマイク、切り替え可能なバランスXLRマイク/ライン入力、 RCAコネクタのアンバランスライン出力、3.5 mmミニジャックのアンバランスライン入力などを搭載。ミーティングや大会議室などのレコーディングで活躍する外付け無指向性バウンダリーマイクロフォン、丈夫で実用的なキャリングケースが付属します。

4本の単三アルカリ/ニッケル水素電池で6時間の録音が可能、USBポートに接続すれば、PCに録音ファイルをドラッグ&ドロップでファイル転送が可能です。

またPMD-661MKIIIは、「リテイク」機能によりボタンを押すだけで、以前に録音した任意の地点まで戻り、オーバーダブを行なうための位置を設定することができます。これにより不要なテイクの再録音が簡単に行なえ、口述筆記/電子メモ用アプリケーションとの併用にも適しています。

PMD661MKIIIにはパスワード保護とファイル暗号化機能においては、MP3ファイルは「.MPSファイル」、WAVファイルは「.WASファイル」へと暗号化されます。MPSファイルとWASファイルは4桁のパスワード保護機能を使用。暗号化されたファイルは本機もしくはPC上では専用ソフトウェア「DMP Mark Editor」からパスワードを入力することで再生可能となっています。

機能

  • スタジオグレードのコンデンサーマイク内蔵
  • パスワードで保護された暗号化ファイル
  • WAVレコーディング:44.1/48/96kHz、16/24ビット選択可能
  • MP3レコーディング:32~320 kbps間で6つのビットレートを選択可能
  • 安定性および信頼性の高いSD / SDHCフラッシュメディアに直接録音が可能
  • +48Vのファンタム電源の供給が可能な2系統のバランスXLRマイク入力
  • ピッチコントロールやスキップバック機能を搭載したディクテーション機能
  • SDカードチェック互換機能
  • デバイスのパスコードプロテクト
  • 任意の位置からリテイク録音が可能
  • 視認性の高いOLED(有機LED)ディスプレイ
  • 再生用内蔵スピーカーおよびヘッドフォンジャック搭載
  • AC電源および単三電池4本で動作
  • 電池でも最大6時間の連続録音が可能
  • 無指向性バウンダリーマイクロフォンと専用キャリングケース付属

発売日

2019年5月17日

販売価格

(税抜)¥60,000 (税込 ¥64,800)
JANコード:0694318022412

DTM新製品一覧は ⇒ こちら

「レコーダー」タグの関連記事

↑ページトップ