ローランドが放送設備用のオーディオ・レコーダー「AR-3000SD」を発表

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

TD

ローランドが放送設備用のオーディオ・レコーダー「AR-3000SD」を発表

ショッピング・モールなど商業施設の館内放送やBGM、駅や空港など公共施設での定時アナウンス、また、イベント会場での案内ナレーションや各種防災放送など、現在、生活のさまざまな場所で音声が再生されています。ローランドの録音再生装置「ARシリーズ」は、1993年の発売以来、充実の機能と高い信頼性により、これらの場所で幅広く使用されています。

img_01

今回発表された『AR-3000SD』は、従来モデルとの互換性を保ちながら、さらに高機能・高音質になった最上位モデル。きめ細かなスケジュール管理が可能なタイマーが内蔵され、『AR-3000SD』一台で、指定時間に館内放送やBGMなどを再生可能。また、音声はさらに高音質になり、SD/SDHCカードに最大4,000種類まで保存可能。季節や時間帯に合わせたタイムリーなメッセージ、豊富なBGMの再生など、効果的なPRや空間演出などに活用することができます。

AR-3000SD 主な機能

  • プログラマブル・タイマー機能内蔵。
  • LAN端子装備。webブラウザー経由での設定やメンテナンス、NTPクライアント機能で、内蔵時計の時刻修正やネットワーク経由での制御/データ転送。
  • 24bit / 96kHz 非圧縮 Wav 対応。
  • USBメモリーへのデータ・バックアップ/リストア。
  • USBテンキー/キーボードでポン出し再生。
  • 多彩な制御に対応。

なお「AR-3000SD」は2013年国際放送機器展「Inter BEE 2013」(11/13-15、幕張メッセにて開催)で発表されるとのこと。

メーカー製品ページ

発売日:2014年5月末 予定

価格:未定

↑ページトップ