JBL One Series 104 | 小型デスクトップモニター

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

JBL ( ジェービーエル ) が、コンパクトなリファレンス・モニタースピーカー「One Series 104」(国内モデル:104-Y3)を発表いたしました。

※ 「104-Y3」は、より長く、より安心してご愛用いただけるよう、メーカーの 2 年保証に加えて、ヒビノが独自に 1 年保証を追加した、3 年間の長期保証が付属したモデルです。

「One Series 104」は、ミュージシャンや動画コンテンツのクリエイターのミキシングや編集作業用にゼロから設計されたデスクトップ型スピーカーです。

ディープな低音を得るために 4.5インチ同軸ドライバーを新開発。この新ドライバーは「3 Series」の革新的なウェーブガイドのように特別な輪郭となっており、広いスイートスポットと正確なモニタリングを可能とします。

60ワット(30W + 30W)の Class D アンプを内蔵し、小型ながら 104db SPL (peak)までの大きなプレイバックレベルに対応。高レベルのパフォーマンスを提供できるようになっております。

丸みを帯びた特徴ある外観は、現代のクリエイターのライフスタイルに順応するため、より小さなスペースでJBLサウンドを得られるように開発されております。

フロントパネルには音量調節つまみとスピーカーを自動的にミュートするヘッ​​ドフォン端子、音楽プレーヤー等を接続可能なAUX端子を設け、背面には1/4インチのバランス型フォンとRCA入力端子を装備しています。さまざまなソースに対応するとともに限られたスペースで便利に操作できるのも「One Series 104」の特徴です。

主な特徴

  • 2スピーカーのセット
  • 0.75インチのソフトドームHFドライバーと4.5インチのLFドライバー
  • 60 W ( 30W + 30W )のクラスDパワーアンプ内蔵
  • デスクトップ配置用に音響を最適化
  • 3つ入力端子により、プロ機器、パーソナルミュージックプレーヤーおよびコンシューマー機器との接続が可能
  • 音量調節を前面パネルに装備
  • スピーカーミュート機能付きのヘッドフォン出力端子

主な仕様

周波数レンジ 60Hz~20kHz
指向角度 ( 水平×垂直 ) 120°× 120°
最大音圧レベル (Cウェイト) 104 dB SPL
ドライバー構成 LF 4.5インチ(114mm)
HF 0.75インチ(19mm)
クロスオーバー周波数 1,725 Hz
パワーアンプ 60 W (各30 W)、 Class D
入力 端子 1/4-inch (6.5 mm) バランス   (+4 dBu) ×2
RCA (-10 dBV) ×2
1/8-inch (3.5 mm) アンバランス (-10 dBV) ×2
感度(-10dBV) 87 dB / 1 m
最大入力レベル (-10dBV) : +6dBV / (+4dBu) : +20.3 dBu
寸法 (W × H × D) 153 × 247 × 125mm( 除突起部 )
質量 マスタースピーカー):2.1kg(
エクステンションスピーカー:1.8kg
付属品 ステレオミニフォーン⇔ RCA ケーブル ( 約 1.5m)、
スピーカーケーブル ( 約 2m)、電源コード、
和文取扱説明書

発売日

2019年8月7日(水)

販売価格

(税抜)¥16,200 (税込 ¥17,496)
JANコード:4582234672230

スタジオモニター新製品一覧は ⇒ こちら

「スピーカー」タグの関連記事

↑ページトップ