JoeCo Cello 384kHzレコーディング対応、125dBのダイナミックレンジを持つオーディオ・インターフェース

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

英国のJoeCoが384kHzレコーディング対応、125dBのダイナミックレンジを持つオーディオ・インターフェース「Cello」を発表しました。The NAMM Show 2018でお披露目される予定です。

最高のパフォーマンスとクラシックなデザインの究極のコンビネーションを実現するために作られたCelloは、MacとPC用の22入力、4出力USB 2.0インターフェイス。真のアナログフロントエンドと384kHzレコーディング機能を備えています。

JoeCoで開発されたCelloの新しい2つのマイク入力プリアンプ、ハイパスフィルタ、パッドとフェーズリバース、信号純度を確保するための2つの専用プリアンプ専用チャンネルトークバックマイクとオンボードモニタコントロール内蔵、S/PDIFと16チャンネルのAdat Lightpipe入力、新開発された内部クロックに加え外部ワードクロックにも対応。

The NAMM Show 2018会場にて


詳細は追って追記いたします。

発売日

未定

販売価格

未定(海外では$899)

「オーディオ・インターフェース」タグの関連記事

Namm Show 2018

↑ページトップ