人気のモニタースピーカー「RPシリーズ」の第3世代 KRK :RP4G3、RP4G3W

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

こちらの製品は生産終了となりました
後継製品はこちら
https://info.shimamura.co.jp/digital/newitem/2019/01/129131

RP4G3_both

KRKが人気のモニタースピーカー「RPシリーズ」の第3世代となる新製品「RP4G3、RP4G3W」を発売します。

4インチモデル「RP4G3、RP4G3W」は第3世代となるRPシリーズは、G2シリーズで採用されたラウンド形状をさらに進化させ、新たなフォルムで生まれ変わりました。KRKのトレードマークともいえる黄色のウーファーのナチュラルかつ正確なローエンドや1インチのソフトドームツイーターのクリアな高域をそのままに、低域をコントロールするためのLFアジャストを新たに追加し、さらにモニター環境に合わせた細かな調整を可能にしました。

特徴

  • クリアな中高域とリッチな低域サウンド
    • 多くのスピーカーは、低域を強調しすぎる為、中高域のバランスを崩してしまっている。
    • KRK Rokit Generation 3 は、リッチな低域サウンドが、ボーカルサウンドをよりクリアに、そして心地よく響かせます。
  • クリーンでタイトな低域再生
    • タイトに響かせる低音は、音楽を楽しませてくれる。
    • ウーハーユニット、アンプ、キャビネット、ポート、etc. 全ての技術を結集させ、一つの新しいスピーカーが完成しました。
  • 高音圧レベルにおいての歪の無さ
    • 多くのスピーカーは大音量を得意とするが、高域が歪む傾向が強い。
    • KRK Rokit Generation3 は、リミッター機能を搭載し、歪みなくバランスの良いサウンドを提供。
  • 抜群の音像定位
    • リスニングにポジションにおいての、鮮明な音像と奥行き。
    • レコーディングエンジニアが届けたかったサウンド、ボーカルや各楽器の音色が立体的に感じられます。
  • クリーンな高域特性
    • 多くのスピーカーは高域をブーストすることで特性を補正することがあり、その結果、バランスを崩しています。
    • KRK Rokit Generation 3 は、クリーンな高域が、全体域を心地よく響かせます。

RP4G3W_back-2RP4G3_back-2

仕様

  • Conguration:2-Way
  • System type:Active Studio Monitor
  • HF Transducer:1" Soft-dome tweeter
  • LF Transducer:4" Aramid glass composite woofer
  • Freq. Range (-10dB):51Hz - 35kHz
  • Crossover Freq.:2.3kH
  • Total Power:30 W
  • HF Power:10 W
  • LF Power:20 W
  • Peak SPL:102dB
  • Auto-Standby:30分
  • Cabinet Material:MDF
  • Connectors:
    • Unbalanced 7kΩ RCA、Balanced 10kΩ 1/4"TRS and XLR. Pin 2 & Tip = Hot/Positive, Pin 3 & Ring = Cold/Negative, Pin 1 & Sleeve = GroundHL
  • Controls:HL Level Adjust (-2dB, -1dB, 0, +1dB) :LF Level Adjust (-2dB, -1dB, 0, +2dB)
  • Magnetic Shielding:○
  • Product Dimensions (W x H X D):155mm x 238mm x 211mm
  • Product Net WeightSystem:3.94kg

発売日

2015年12月10日

販売価格(ペア)

RP4G3、RP4G3W共通(税抜)¥14,900 (税込 ¥16,390)

RP4G3 JANコード:0816654004451

RP4G3W JANコード:0816654004871

「スピーカー」タグの関連記事

↑ページトップ