Studiologic Sledge2.0 発売!黄色いシンセ “スレッジ” がバージョンアップ

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Sledge2

Studiologic ( スタジオロジック ) 社が、The NAMM Show 2015で発表したアナログ・モデリング・シンセサイザー Sledge のファームウェアアップデート 2.0 のプリ・インストールバージョン「 Studiologic Sledge2.0 」を発売します。

Sledge 2.0 の主な新機能

スプリット/レイヤーモードを搭載
音色を選ぶ際にスプリットにするかレイヤーにするか選択することができます。レイヤーが使える事で更に分厚いサウンドに、スプリットを使用することで更なるバリエーションで演奏することができます。

グローバルピッチ&ホールドコントロール
スプリット/レイヤーモードの追加にともない、アッパー/ローワーサウンドを別々にピッチ / ホールドをコントロールできるようになります。例えばスプリットで左手(ローワー)と右手(アッパー)の音色を変えたとき、片方の音色のみピッチベンドをコントロールしたり、ダンパーペダルを踏めば音を伸ばすことが可能になります。

同時発音数の拡大
従来の16音ポリフォニックから24音ポリフォニックに拡張しております。

リバーブとディレイを同時に使用可能に
従来はEFFECT2のパラメーターにリバーブか、ディレイどちらかを選択するようになっておりましたが、同時にかける事が可能になります。

サンプリングサウンドの追加 (別売)
フラッシュメモリー内の60MB分サウンプリング波形をロードし、OSC1で使用する事ができます。サンプリングサウンドとバーチャルアナログを融合する事でさらに奥深いサウンドを作ることができます。

NewFeatures

発売日

Sledge2.0
2015年9月26日

販売価格

Sledge2.0
(税抜)¥150,000 (税込 ¥165,000)
JANコード:4534217614195


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

【関連記事】



「synthesizer」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ