Shure「SE112m+」を発表!リモート+マイクを搭載したイヤホンのエントリーモデル

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

こちらの製品は生産終了となりました

SE112m+_Pod_On White_HR

シュア・ジャパンは6月に発売したSEシリーズイヤホンのエントリーモデル「SE112」にリモート+マイクを搭載したモデル「SE112m+」を日本国内にて発表しました。SE112m+はSEシリーズイヤホンのエントリーモデルで、Shureの誇る伝説的なサウンドと耐久性をリーズナブルに提供します。

SE112m+の特徴

  • 力強い低音を伴う優れたサウンド
  • 高遮音性デザイン
  • インライン3ボタンリモート + マイク
  • スピーカータイプ: シングルダイナミック型MicroDriver
  • フィットキット付属
  • 色:グレー

SE112m+の機能

ダイナミック型 MicroDriver

SE112はダイナミック型MicroDriverを搭載し、力強い低音を伴う優れたサウンドと高い遮音性を提供します。現代のポータブルデジタルデバイスに対応する理想的なオーディオアップグレードです。複数のサイズを取り揃えた高遮音性イヤパッドは騒音を最大37dBまでブロック。快適で確実な装着感を提供します。

プロミュージシャンによるロードテストで実証されたパーソナルモニター技術から進化を遂げたSE112 は、パーソナルリスニングやモニタリングの際にディテールサウンドを提供します。

高遮音性デザイン

快適な高遮音性イヤパッドが周囲の雑音を最大37dBまで遮断します。高遮音性技術により、ステージ上でも外出時でもリスニング環境を妨げる周囲の雑音をブロックします。Shureの高遮音性イヤホンは、適切な装着によりベストなサウンドを得ることができます。

比類のないパーソナライゼーションと快適性

人間工学に基づいたプロフェッショナルデザイン

軽量・薄型デザインと最適化されたノズル角度により快適に耳にフィットします。耳の上側にケーブルを掛けるためケーブルが邪魔になりません。

SE112m+_04

フィットキットの内容

高遮音性イヤパッド

高遮音性イヤパッドは、周囲の騒音をブロックすることと快適なフィット感を提供することの2つの効果を備えています。人それぞれ耳の形が違うので、フィッ ト・キットには、3種類のサイズ(S、M、L)のソフト・フレックス・イヤパッドが同梱されています。サイズやスタイルをいろいろお試しいただき、密着度の高いフィットを得ることで、遮音性と低域のレスポンスは最適となり、長時間の使用での快適性を高めます。

キャリングポーチ

コンパクトなキャリングポーチは、収納時や外出時にケーブルのもつれを防ぎます。

1 年間制限付保証

SE112には、素材と製造に起因する故障についての1年間の保証が付きます。※SE112は6ヶ月延長保証サービスの対象となりません

SE112m+_02

互換性

次のモデルに対応:iPhone 6 Plus, iPhone 6, iPhone 5s, iPhone 5c, iPhone 5, iPhone 4s, iPhone 4, iPhone 3GS, iPad Air, iPad mini Retinaディスプレイモデル, iPad (第4世代), iPad mini, iPad (第3世代), iPad 2, iPad, iPod touch (第2~第5世代), iPod classic, iPod nano (第4~第7世代), iPod shuffle (第1~第4世代).

仕様

  • スピーカータイプ: シングルダイナミック型MicroDriver
  • 感度: 105 dB SPL/mW
  • インピーダンス: 16 Ω
  • 最低再生周波数帯域: 25 Hz
  • 最大再生周波数帯域: 17 KHz
  • ケーブルの長さ: 127 cm
  • 色: グレー

製品内容

キャリングポーチ

グレーソフト・フレックス・イヤパッド (S/ M/ L)

SE112m+_03

SE112m+(SE112M+-GR)

発売日

2014年10月23日

販売価格

(税抜)¥6,480 (税込 ¥7,128) 価格改定(2016年9月9日~):(税抜)¥5,980 (税込 ¥6,578)
JANコード:0042406358682


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

「ヘッドホン」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ