ヤマハがハイクオリティ7.1ch AVレシーバー『RX-V775』を5月下旬より発売

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

1304250101

1304250102

ヤマハ株式会社は、定評ある音の良さをさらにチューンアップするとともに、最大192kHz/24bit・WAV/FLAC対応のハイレゾ音源再生を実現し、音と臨場感の本質を追求したネットワーク&スマートフォン対応のハイクオリティ7.1ch AVレシーバー『RX-V775』を5月下旬より全国で発売します。

【RX-V775主な特長】

  • 最新世代バーブラウンDAC(全チャンネル)、4回路分離パワーサプライなどを採用。内部構成を大幅に刷新し、定評ある高音質をさらにチューンアップ
  • 192kHz/24bit・WAV/FLACネットワークオーディオ再生、AirPlayなど充実のネットワーク機能
  • フロントMHL接続や4K Ultra HD/3D映像伝送に対応した合計6入力/2出力の最新HDMI端子
  • シネマDSP<3Dモード>+YPAO-R.S.C.、理想の組み合わせにより映画も音楽も最高の臨場感で満喫
  • 専用アプリケーション「AV CONTROLLER」とお手持ちのスマートフォン/タブレットで快適操作
  • 4K Ultra HDアップスケーリング、日本語対応オンスクリーンディスプレイを装備
  • Bluetooth®ワイヤレスオーディオレシーバー「YBA-11」に対応

ヤマハ株式会社 ニュースリリース

↑ページトップ