Lennon & McCartney(レノン & マッカートニー)の「あの名曲」を搭載したアレンジャーキーボード KORG Liverpool

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

9e7ec3be49b188569fa507865ac9d9a6_pc

Korg(コルグ)社がLennon & McCartney の「あの名曲」を100 曲搭載したアレンジャーキーボードの決定版!「Liverpool(リヴァプール)」を発表しました。

レノン & マッカートニー のあの名曲が100曲入ったアレンジャー・キーボード。

cd0ce650bd3184777028378413c49a52_pc

Liverpoolには、マージー・ビートの代表曲を100曲搭載。世界中の誰もが知るっているあの曲が、アルファベット順に収録されています。まずはこの「リバプール・ソング」を一通り聴いてみてください。

インパクトのあるシックなデザイン!

Penny

コルグ社ショールームに展示されているMicroArrangerとLiverpool

Liverpool_MA

おなじみのイントロが本体スピーカーから流れたら、右手でさらっとピアノの音を重ねるだけで、メンバーとあなたとの共演が始まります。キーを変えずにテンポを落として練習したり、キーだけ変えたり、ベースをミュートしてマイナスワン演奏したり、ギターをミュートして本物のギターで合奏したり、楽器ならではの様々な楽しみ方ができます。

収録Songリスト

クリックすると別ウインドウで開きます

LiverP

インタラクティブ・バッキング・ジェネレーター「スタイル」搭載。

81d574319d0ecd90e105c222b744c01b_pc

インタラクティブ・バッキング・ジェネレーター「スタイル」搭載。

一通りソングを楽しんだら、次はスタイルを使ってみましょう。おなじみの曲をバックに流すだけなら音楽プレーヤーでも可能ですが、スタイルはあなた自身が曲の構成やコードなどを、演奏しながら自由に変えていくことができます。収録曲と同様にアルファベット順に並んだ「リバプール・スタイル」を再生し、左手でコードを押さえれば自動で伴奏をつけてくれます。

スタイル・プレイを試す

STYLE PLAYモードにして、STARTボタンを押すと選択したスタイルの伴奏が始まります。左手でコードを押さえます。ドミソだったら[C]、ドファラだったら[F]のバッキングスタイルが自動再生されるわけです。ド、レ、bミ、ソ、ラといった少々複雑なコードでもLiverpoolはCm6(9)と認識してくれます。

IMG_2679

しっかりCm69と認識。

IMG_2680

メジャー、マイナーはもちろんのこと、ディミニッシュ、オーギュメント(#5th)、sus4、そして#9th、b9th、11th、#11th、13th、b13thなどのテンションもバッチリ対応していますので、レノン & マッカートニーの曲だけでなく、さまざまな音楽ジャンルでも演奏することが可能です。

コードを指定する押さえ方には少々コツが合って、3音以上の音を弾く必要があります。7thコードの場合は基本形(root-3rd-5th-7th)はもちろんですが、7th、root、3rdの3音だけでもLiverpoolは7thコードと認識してくれるのです。このあたりはしばらく弾いていれば慣れてくるでしょう。このような自動伴奏機能はエレクトーンなどを習っていた方にはお馴染みかもしれません。

なお音楽ジャンルごとにイントロ、Aメロ、Bメロ、サビ、エンディングといった複数の伴奏データが収録されています。伴奏を切り替えながら右手でソロやメロディーを弾けば、ワンマンバンドの演奏が可能となります。特に海外ではこうしたアレンジャーキーボードを使い、伴奏に合わせて歌うプロのシンガーの方も多いようです。

style_variation

「スタイル」を使った繰り返しレッスンで、1曲ずつマスター。

スタイルは、原曲とは違ったコードを弾いてもきちんと追従。スタイルごとに最大で4つのバリエーションがあり、イントロ、フィル、エンディングなども付けられます。イントロだけ、サビだけなど苦手な部分を何度も繰り返し練習できるので、1曲弾けるようになるまでしっかりとレッスンすることができます。

ジャンルごとに整理されたスタイルも搭載。

コルグのアレンジャー・キーボード、microARRANGER譲りのスタイルも搭載。マージー・ビートの曲をマスターしたら、オリジナルの作曲にもチャレンジしましょう。お好みのジャンルからスタイルを選んで、左手でコード、右手でメロディを自由に弾くだけで、頭に浮かんだイメージをすぐに形にすることができます。

大胆なユニオン・ジャックのパネル・デザイン。

feb64e134fb36aadcc5e896a1a573882_pc

パネルには大胆に、一目見ただけでそれとわかるイギリス国旗(ユニオン・ジャック)のデザイン。これからロックを弾こうというのに、地味なカラーは似合わないですよね? 店舗やオンラインストアではこの「ユニオン・ジャック」のパネルを目印に、Liverpoolを探してください。

e4765e0773d4115a582facc9936c0139_pc

バンドでも使える高品位なサウンド。

a1ae2c377a2891bd98dfa62cb4a63fd2_pc

Liverpoolはひとりで楽しむだけでなく、バンドのキーボードとしても十分に活用できる高品位なサウンドを搭載。ピアノ、エレクトリック・ピアノ、オルガンなどキーボードの定番音色から、スタイルでも使用するギター、ベース、ストリングス、ブラス、ドラムまで、幅広い音色を1台でカバーします。また4つのステレオ・エフェクトも搭載し、演奏から出力まで、トータルで考えた音作りで調整されています。

スピーカー搭載、持ち運びに便利なコンパクト・サイズ、軽量ボディ。

1059f2aae1da5cd4821ae0a68b490b0f_pc

Liverpoolはステレオ・スピーカーを標準装備。アンプやヘッドホンを別途用意しなくても、本体だけで音を出すことができます。また、横幅が88 cm、重さも4.2kgとコンパクト。大きなスペースは必要とせず、持ち運びにも便利です。

SDカード・スロット搭載、ボーナス・スタイルをダウンロード。

564aeed80695ea8f37b829f3c3176505_pc

SDカード・スロットを搭載し、本体の拡張性もしっかり確保。korg.comのAll about Arrangers( http://www.korg.com/us/features/arrangers/ (※英語サイト) )に置かれたボーナス・スタイルやプログラムなどを、PCからSDカード経由で本体のユーザー・バンクにロードして、利用することができます。

発売日

2015年10月11日

販売価格

(税抜)¥64,500 (税込 ¥69,660)

JANコード:4959112137196


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

.

THE BEATLES 1962 - 1966

THE BEATLES 1962 – 1966

posted with amazlet at 15.09.09
THE BEATLES

Capitol (2010-10-18)

売り上げランキング: 1,431


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

バンドスコア

9784401364459_2

「korg」タグの関連記事

↑ページトップ