過去に島村楽器の店舗ホームページ、ブログなどに掲載されたリペアやメンテナンスに関する記事をご紹介します。記事中の情報はすべて掲載当時のものとなりますのでご了承ください。

最近とても寒すぎて、出来るなら布団に入りながらお店に出勤したい...と思っているホルン吹きのスタッフMです。
インフルエンザが流行しているので、皆様体調に気を付けて過ごしてください。(昔、インフルエンザのせいで高校受験が大変だったスタッフMです...)

以前、「ケース落下防止対策をしよう!」という記事をあげましたが、今回はケースストラップに注目して見ましょう!

放っておくと落下の原因に…

こちらをご覧ください。

よーく見てみると…

ケースショルダーが一部擦り減っているのがわかります。
あれ・・・どこかで同じ話をした記憶がありますね・・・

そう!サックスのストラップリングでも同じような事が起きていましたね!

原因はストラップリングと同じで、金属同士が擦れあってしまうため、削れてしまいます。
このまま放置してしまうとケースごと落下してしまう恐れがあります。

すり減ってしまったと気が付いたらすぐにケースショルダーを買い替えするのが一番オススメです。
ですが、気が付かずに金具部分が壊れてしまった...なんてことがあってからでは遅いので、ケースの落下防止策をいくつかご紹介します!


結束バンドをつける

カラビナをつける

このように対策すると、急に壊れた場合でも最後の砦になってくれる事も...
(もちろん、落下を100%防いでくれるわけではありません。)

新しいケースだし、すぐに壊れることは無いでしょう~...とお考えのあなた、その考えは甘いですよ...!

~昔話 ケースショルダー~

むかしむかし、あるところにホルンを背負った若者がおりました。
その若者は楽団の練習の為に電車を乗り継ぎ、2時間楽器を背負い続けておりました。
練習場所について、楽器を取り出そうとしたら...

な、なんと!!!ケースショルダーが取れかけているではないか!?

...と、いきなり始まった昔話でしたが、これは私が実際に経験したことなのです!

私も「そんな簡単に壊れたりすることないでしょ~、ボロボロになったらで大丈夫でしょ!」と思っていましたが、気が付かずに外れてしまう事もありますので今ではちゃんと結束バンドを使っています。

その為、必ず結束バンドやカラビナを取り付けましょう!

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

その他スタッフ・アーカイブ

島村楽器の店舗ホームページ・ブログなどに掲載された、管楽器のリペアやメンテナンスに関する記事をご紹介します。

このスタッフの記事をみる

関連記事

NO IMAGE

【リペアな話】マウスピースのお話

管リペアセンター京増

管楽器応急処置シリーズその1「トランペットのつば抜き(ウォーターキイ)コルクの交換編」

管リペアセンター原島

管楽器修理スタッフせとっちの『ほのぼの日記』第4話 楽器の素材

ららぽーと名古屋みなとアクルス瀬戸

金管楽器・木管楽器のリペア専門店「管楽器リペア専門店」のご紹介 Vol.3 「リペア工房をちょっぴり初公開&カスタマイズパーツで管楽器をさらに楽しもう!」

管リペアセンター原島

管楽器とはどんな楽器?

管リペアセンター原島

パール研修後記念写真

音楽をより楽しく!島村楽器の管楽器リペアが大切にしていること

管リペアセンター横山

Venovaを解体したパーツ

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.12【ヴェノーヴァ解体してみた】

広島パルコ店

管楽器リペア工具紹介その1「バネかけ」

管リペアセンター原島

スワブが詰まったら

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.13【スワブが抜けなくなった!】

広島パルコ店

金管楽器・木管楽器のリペア専門店「管楽器リペア専門店」のご紹介 Vol.2

管リペアセンター原島