こんにちは!
演奏中に隙間から出てくる水分は残さず取る!掃除魔の西村です。
寒い季節は楽器に水分が溜まりやすくて掃除の回数が自然と増えますね。

今回はフルートの頭部管掃除についてご紹介します!
頭部管で一番掃除しづらい部分と言えば、反射板と呼ばれる奥の壁とその周りの部分ですよね。

なかなか水分が取れなくて、クリーニングロッドの先端を動かして水分を取ろうと苦労されている方も多いのではないでしょうか?


その悩み、ガーゼの巻き方で解決できるかもしれません!

ガーゼの巻き方講座!!

①用意するもの

フルート クリーニングロッド

ガーゼとクリーニングロッドを用意します。


②ガーゼをクリーニングロッドに通す

クリーニングロッド 使い方

ガーゼを三角に折って、角をクリーニングロッド先端に通します。

③必殺!かぶせ折!!

フルート お手入れ

ガーゼをクリーニングロッドの先端を包むように折り返します。

フルート 頭部管

折り紙で言うところの“かぶせ折り”のように、表裏が入れ替わります。
ガーゼを先端に被せることで、クリーニングロッドの先端が反射板に傷を入れにくくなります。

④ガーゼを巻く

ガーゼ 巻き方

端をそろえるように巻いていきます。
この時、クリーニングロッドの先端をガーゼの端から5mm程離して巻くことで、頭部管の奥までガーゼが届くようになります。

⑤完成!

フルート 頭部管 掃除

④で端を揃えたことで、ガーゼに角が出来ました。
この角が反射板と周りの壁隅々まで届いて水分を吸い取ります。
ガーゼの面を変えて巻きなおして掃除をすることがオススメです。

ガーゼのお手入れ

ヤマハ パール ガーゼ

2週間に1回は洗濯をしましょう。

ぬるま湯で手洗いをするとガーゼの傷みや縮みを遅らせることが出来ます。

クリーニングロッドに巻き付けたまま楽器ケースにしまうのでは、カビやにおいの原因になってしまいます。

普段の保管場所も風通しの良い場所に干すことがおすすめです。

水分除去を徹底してEnjoy Music Life♪

いかがでしたか?
ガーゼの巻き方を工夫するだけで、簡単に掃除ができるようになります。
次回は木管楽器のスワブについてお伝えします。お楽しみに!!

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

管リペアセンター西村

福岡県出身の西村です!ヤマハのSAXを愛用しています。楽器修理を通じて、今よりもっと音を楽しんで頂けるように最善を尽くします。

管リペアセンターの店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

管楽器修理スタッフせとっちの『ほのぼの日記』第1話 自己紹介

ららぽーと名古屋みなとアクルス瀬戸

練習が始まる前に楽器のチェックをしましょう!~ユーフォニアム・チューバ編~

その他スタッフ・アーカイブ

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.21【今日から始める!+αのお手入れ】

広島パルコ店

練習が始まる前に楽器のチェックをしましょう!~ホルン編~

その他スタッフ・アーカイブ

Yamahaロゴ

管楽器修理スタッフせとっちの『ほのぼの日記』第2話 メーカーロゴ 

ららぽーと名古屋みなとアクルス瀬戸

サックスの低音がでない!!?

管リペアセンター京増

スワブが詰まったら

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.13【スワブが抜けなくなった!】

広島パルコ店

管楽器リペア工具紹介その2「カミソリ」

管リペアセンター原島

Venovaを解体したパーツ

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.12【ヴェノーヴァ解体してみた】

広島パルコ店

相談できるリペアスタッフ

管楽器の修理ならおまかせ!「管リペアセンター」のご紹介

管リペアセンター横山