過去に島村楽器の店舗ホームページ、ブログなどに掲載されたリペアやメンテナンスに関する記事をご紹介します。記事中の情報はすべて掲載当時のものとなりますのでご了承ください。

突然ですが、クイズです!

フルートを組み立てる時に「固いなぁ」と思った時、どのような対策をしたらいいですか?

1.グリスを塗る

2.差込部分(ジョイント部分)をクロスで拭く

3.諦めてそのまま使う

正解は...

2.差込部分(ジョイント部分)をクロスで拭くでした!

「金管楽器と同じようにグリスを塗ればスルスル動くようになるんじゃないか?」と考えた方もいると思います。
では、なぜグリスを使ってはいけないのか...

グリスを使うと余計に固くなってしまう!?

グリスを付けたあとはスムーズに抜差し(ジョイント)が出来るので効果があったように思いますが、そのグリスがホコリや汚れをフルートに付いてしまう原因になってしまうのです。
その為、ホコリや汚れのせいでグリスを塗る前より固くなってしまうことも...

クロスを使って汚れを落とそう!

写真のように、差込部分をクロスで拭いてください。

このように、受け側も拭くようにしてください。

すると...

スムーズに入るようになりました!!!

楽器をしまう前にお手入れの一環として取り入れてみてください。
楽器の表面を拭くクロスと別に差込部分を拭く用のクロスがあると、バッチリです!

クロスで拭いても改善されない場合は...

この部分に大きなキズがあったり凹み・歪みが出来ている可能性がございます。
その場合はすぐに修理へ出しましょう!
そのまま放置してしまうと...管が抜けなくなる原因になるかもしれません!

これでフルートの吹き...ではなくて、拭き上手になれましたね!
差込部分をクロスで拭くことをクセ付けましょう!

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

その他スタッフ・アーカイブ

島村楽器の店舗ホームページ・ブログなどに掲載された、管楽器のリペアやメンテナンスに関する記事をご紹介します。

このスタッフの記事をみる

関連記事

管楽器修理スタッフせとっちの『ほのぼの日記』第1話 自己紹介

ららぽーと名古屋みなとアクルス瀬戸

管楽器の音の出る仕組みについて

管リペアセンター原島

管楽器修理の世界に騎士誕生!?

管リペアセンター富田

スワブが詰まったら

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.13【スワブが抜けなくなった!】

広島パルコ店

突然やってくる…サックスの音が何だか変??…原因はコレだった!!

その他スタッフ・アーカイブ

管楽器の音色はなぜ違う?管楽器は見た目より中身!

福岡イムズ店

管楽器応急処置シリーズその1「トランペットのつば抜き(ウォーターキイ)コルクの交換編」

管リペアセンター原島

ケースショルダーにも注意しよう!

その他スタッフ・アーカイブ

パール研修後記念写真

音楽をより楽しく!島村楽器の管楽器リペアが大切にしていること

管リペアセンター横山

管楽器の仕組み・1 バネ編

管リペアセンター原島