こんにちは!せとっちの『ほのぼの日記』第8話です!

10月に入って突然涼しくなりましたね!!
皆様風邪をひかないように気を付けてくださいね!!
ちなみに僕は早速風邪をひいてしまいまいて、、、、。日々しゃがしゃが声でお話ししています(笑)

ここで恒例お出かけ記録で~す!
先月も沢山お出かけしてきました!!

滋賀県のメタセコイヤ並木に行ってきました!!とってもきれいでした!!
空気もとてもきれいで良いリフレッシュができました!

他にも大好きな大阪にもお出かけしました!
来月はどこに行こうかな~。

さて!今回は管楽器の『定期調整』についてまとめていきます!
調整に出しましょうって言われるけど、そもそも調整ってなんぞや??って話です。

調整に出さないと楽器はどうなる??

管楽器は、ほとんどが金属または、木材で作られていますが、そこには多くの消耗パーツ(劣化し交換が必要になるパーツ)がついています。

消耗パーツの例としては、例えばこちら↓

コルクです。色んな形をしたものがありますが、基本的にはワインの栓などに使われているものと同じ素材でできています。
ワインの栓て触ったことありますか??案外柔らかいですよね??
同じ方向に力が加わり続ける事によって、へたってしまうんです、、、。
それでは、バランスなどが崩れてきてしまいます、。

つまり、調整に出さないとバランスが崩れて最悪の場合音が出なくなってしまうんです!!

調整ってなにをする?

調整は楽器の種類や状態によって様々です。
しっかりと手入れが行き届いているものであれば、分解と細かいクリーニングで済む場合もありますが、久しぶりに使う楽器などでは、全ての消耗品を交換するなどの時間のかかる調整が必要になる場合もあります。

それでは、参考に代表的な作業をご紹介していきます!!

全体バランス・タンポ調整

木管楽器を分解して、クリーニング・オイルアップをしながら細かい調整をします!
タンポは日々状態が変化し、だんだんと音孔を塞げなくなってきます。
しっかりと塞げるようにすることで、吹奏感をかなり改善させることができます。

管内洗浄

主に金管楽器で行う作業です。
普段きちんと掃除していても届かない所まで、水洗いしていきます!
汚れが息の通り道を変えてしまっている事もあるので、洗浄するだけで音がスッキリ!!なんてこともあるんです!(全てそうなるとは限りません)

コルク交換

サックスのネックコルクです!古く、へたってしまっています。
これでは上手くチューニングできませんね、、、。

新しくきれいになりました!!
同じような作業にフルートのヘッドコルク交換、クラリネットのジョイントコルク交換があります。

磨き

クラリネットのキイが変色して真っ黒になっています、、。

ピカピカになりました!!(クラリネットやフルートの磨き作業は全タンポ交換が必須になります)

曲がり修正

どこかにぶつけてしまったようで、サックスのオクターブ連絡棒が大きく曲がってしまっています。
これでは上手くバランスが取れません、、。

まっすぐになりました!

一部分だけの紹介でしたが、こんなにたくさんの種類の作業があるんです!
どれも、じっくりと時間をかけて丁寧に作業する必要があるため、管楽器の修理はお預かりすることが多いんです。

点検会とは??

全国の島村楽器で定期的に開催している、『管楽器点検会』
目的はお客様の楽器の点検です!

・音が出にくいのは、自分のせいなのか楽器のせいなのかわからない。
・自分の楽器は調整が必要な状態なのかわからない。
普段のお手入れの方法が正しいのか不安。

等のお悩みを技術者とお話ししながら、状態を見てもらう会になっています。

ただ一点気を付けていただきたい事はあくまでも点検であるという事です!
簡易的な調整ができる場合はありますが、基本的には、技術者によるお悩み相談教室だと思っていただければと思います。

分かりやすく例えると『点検会』は『保健室』ようなもの。
『預かり修理』は『病院』のようなものです。
『保健室』は正しい知識を聞くことや、応急処置はできますが、しっかりとした処置をすることはできません。
『病院』は必要であれば入院して回復させることができます。

このように『点検会』や『預かり修理』にはそれぞれの役割があるんです!!
上手く使い分けていただく事で、今まで以上に楽しい音楽生活を送ることができるのではないでしょうか!!

まとめ

定期調整の必要性がわかっていただけましたでしょうか!!
練習頻度にもよりますが、基本的に定期調整は1年から半年に1回をオススメしています。

演奏のしやすい状態をキープすることで、上達も早くなりますし、練習もきっと楽しくなるはずです!!
楽しい音楽ライフを送る手助けをさせていただければと思っています!

今回は結構真剣なお話しをするブログになりました(笑)
来月も頑張ってブログを書こうと思っておりますので、お楽しみに~

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

ららぽーと名古屋みなとアクルス瀬戸

愛知県出身の瀬戸です。小学生の頃からトロンボーンを吹いています。YSL882O・88Hを持っています。お客様1人1人に合った修理を致します!!

ららぽーと名古屋みなとアクルスの店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

管楽器修理スタッフせとっちの『ほのぼの日記』第5話 フルートシステムの謎

ららぽーと名古屋みなとアクルス瀬戸

NO IMAGE

「金属製」なのに「木」管楽器?楽器分類の話

福岡イムズ店

管楽器とはどんな楽器?

管リペアセンター原島

管楽器リペア工具紹介その1「バネかけ」

管リペアセンター原島

NO IMAGE

【リペアな話】マウスピースのお話

管リペアセンター京増

サックスの低音がでない!!?

管リペアセンター京増

Venovaを解体したパーツ

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.12【ヴェノーヴァ解体してみた】

広島パルコ店

スワブが詰まったら

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.13【スワブが抜けなくなった!】

広島パルコ店

練習が始まる前に楽器のチェックをしましょう!~ユーフォニアム・チューバ編~

その他スタッフ・アーカイブ

管楽器修理スタッフせとっちの『ほのぼの日記』第1話 自己紹介

ららぽーと名古屋みなとアクルス瀬戸