過去に島村楽器の店舗ホームページ、ブログなどに掲載されたリペアやメンテナンスに関する記事をご紹介します。記事中の情報はすべて掲載当時のものとなりますのでご了承ください。

今回はホルンについてです。

学校備品でも多く見られるようになったベルカット(デタッチャブル)のホルン。
中には、ベルが外れなくなってしまった経験もあると思います。
(私もありました。)

すぐに取れればいいんですが、たまになかなか外れなくて修理に持ち込まれる方も...

そうなる前に、日頃から気をつけるをお伝えします!

ベルのジョイントにはグリスを付けないで!

金管楽器の抜き差し管にスライドグリスを使いますが、ベルのジョイント(つなぎ目)にも使っていませんか?
実は、ベルのジョイント部にグリスを使ってはいけないのです!

その理由はフルートの時にも説明しましたが、グリスによってホコリや汚れがさらに付いてしまい、もっとジョイントが固くなってしまうのです。

その為、「ベルのジョイントが固いな」と思ったら、クロスで拭きましょう!

それでも不安な方は、練習の途中で時々ベルを緩ませてあげるのもアリです!

もしベルが取れなくなってしまったら...

練習が終わって楽器を片付けようとしたらベルが外れない...!?
「そこの男子!ベル取れないから手伝って!」
「私がこっちに回すから、君はこっちに回して!」
「「せーの!」」

それ、ダメー!

一体、何がいけないのか分かりますか?

もし、力任せにベルを外そうとすると...
最悪、ベルが歪んでしまいます... 
ベルが歪んでしまうと、大掛かりな修理になってしまい、金額も修理期間も長くなってしまいます。

ベルが取れなくなった時の対応

しばらくそのままにしてみる

※写真はイメージです

練習を頑張っていると、楽器が温かくなり金属が膨張します。
その影響で外れないこともあるので、しばらくそのままにして楽器が冷えた頃にもう一度外れるかチャレンジしてみてください。

それでも外れない場合は...

楽器店へお持ち込みをお願いします。
無理をしてしまうと、先程説明したように大きな修理になってしまうこともあります。

何かあった時は、基本的に無理をしない! 
自分でどうにかしようとして頑張ってしまうと、そのあとの修理が大変になってしまうことが多いので、必ず守ってください!


記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

その他スタッフ・アーカイブ

島村楽器の店舗ホームページ・ブログなどに掲載された、管楽器のリペアやメンテナンスに関する記事をご紹介します。

このスタッフの記事をみる

関連記事

まだ気を抜けない! 木製管体割れ 前編

管リペアセンター杉浦

修理用パーツ

修理用交換パーツが大量入荷!

管リペアセンター杉浦

【管リペアブログ】第4回「ロータリー調整」

コクーンシティさいたま新都心店吉田

管楽器の修理紹介「トランペットのベル 歪み直し」

管リペアセンター原島

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.19【キィの裏側についている奴ら】

広島パルコ店

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.17 【サックスを落とした!】

広島パルコ店

見えない所に潜む緑の物体

管リペアセンター富田

サックスのキィ曲がりの修正

その他スタッフ・アーカイブ

クラリネットのネジに黒錆

クラリネットのキィのネジの錆落とし

その他スタッフ・アーカイブ

サックスのローラーが動きづらい…そんなときは調整へ!

その他スタッフ・アーカイブ