こんにちは!杉浦です!



さて、サックスの調整中に
こんなのを見つけました。



小さいけど、やっかいなヤツ

タンポのチェック中の
右手小指で動かすミ♭のキィ。
普段閉じているキィ(クローズドキィ)です。

キィを開いた時に、見つけました。

皆さん、分かりますか?


分解してみました。

ズーム↓↓↓

なんか挟まってるやないかーい!
こりゃあてぇへんだ!



挟まっていたヤツとは…

サックスには音孔(穴)が空いており
この穴を塞ぐため、タンポがついています。

そして、タンポには音孔の溝がつきます。
この溝を轍(わだち)と呼びます。

謎の破片は、轍部分についてますね。


謎の破片は、正体が分からずですが
過去の修理では…
・小石
(外で演奏したのでしょうか?)
・ティッシュ
(クリーニングペーパーの代用?)
・タンポを食べる虫
(見なかったことにしたい…)

等、色々と挟まっているのを
見たことがあります!



轍は、穴を塞ぐパーツにつくので
サックス以外の木管楽器や
金管のつば抜きコルクにもあります↓↓↓
タンポが突然迷子に…
【速報!】修理交換用パーツが大量入荷!


いやぁ、小さい破片でしたけどね。
楽器にとっては一大事なんです。



取ればいいじゃん!

まぁ、破片を取り除くんですが…
それだけではありません。


では、実際に破片を「取っただけ」
の様子を見てください。

タンポと音孔の接地面に
白いものが見えますか?

これは、管の内側から光をあて
隙間を可視化したものです。

破片があった場所に、隙間ができてしまい
光が漏れて、白く見えています。

何故、隙間ができたかというと
破片によって、タンポが変形したからなんです。

髪の寝ぐせと一緒ですね~。

ですから、ただ「取っただけ」では
息漏れしてしまいます。



ちょっとした隙間なのに…

このままにしておくと、息が漏れます。

しかも、大きな隙間より
小さい隙間の方が、吹き辛いのです!
知ってましたか?


大きい音や、強い息圧で吹くと
小さい隙間から
息が一点集中で逃げようとします。

すると、出口を広げようとする力も集中し
結果、キィが浮き上がってしまいます。



隙間をなくそう!

吹き辛いのは嫌ですよね!

スッキリと演奏できるよう
小さな隙間も直しましょう!


とはいえ、鋭くて小さい隙間です。

変形修正が効けば良いですが…
変形してから時間が経つと、直りきらなかったり
直しても、隙間が復活することもしばしば。

タンポはやわらかいので
かたいものが挟まると、負けてしまい
隙間となります。


ですので、今回は思い切って交換します!



タンポ交換

当然ですが、新しいタンポには
轍はついていませんね。

新しいタンポに付け替えたら
音孔にタンポが360度全面
しっかりと当たるよう、角度調整します。

こちらも、タンポを「つけただけ」ではなく
調整までして、やっと音孔が塞がります!



スッキリAfter

交換・調整が終わりました!

先程は、白く見えていた隙間も
ご覧の通り、しっかりと閉じて
見えなくなりましたね。

キィを開けば、きちんと光が見えます。


上記ミ♭の他、別のタンポにも
何かが挟まり、変形していたので
一緒に交換しました。




汚れを付けない為にできること

今回、専用工具を使うことで
破片によってできた
隙間の可視化ができました。

しかし、皆さんがチェックするのは
難しいと思います。

ですので、欠かさず定期調整を行うと同時に
以下の事に気を付けてみて下さい。



①水分をためない・残さない

水気があると、ホコリ等を
引き付けやすくなります。

10分おきに、こまめにスワブ
クリーニングペーパーを使いましょう。

ニオイやカビの予防にもなります!


関連記事はこちら↓↓↓
言われてみれば確かに気になるお悩み相談室


②正しい道具を正しく使う

たまにペーパー代わりとして
ティッシュを使う方を、お見かけします。

勿論、水分は取れますが
破けやすいため、タンポに挟んだ際
破片が残ってしまいます。

その他、スワブやクロスも
ほつれ・毛玉があると、管内に残りやすいです。

その場合は、新しいものをご用意ください。


正しい道具を正しく使って
お手入れしてあげましょう。


外で吹いたらメンテナンスを

外で演奏すると、気持ちが良いですよね!

ですが、砂埃や砂利が高確率でつきます。

学校・楽団によっては、対策として
「外演奏専用楽器」を常備していることろも。


動作にも影響するので
できるだけ早いうちに調整し
細部までクリーニングすることを、オススメします。

分解を伴う、細かいクリーニングは
私たちにお任せ下さい!





小さい隙間で変化が出る程
楽器は繊細で精密です。

日頃のお手入れや、定期調整を上手に活用し
吹きやすさをキープしましょう!





今回の調整は
・全体調整
・タンポ交換2ヶ所

修理・調整代 税込11,550円(送料・パーツ代別)

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

管リペアセンター杉浦

中高6年間をトランペットとコルネットの二刀流で部活漬けの毎日を過ごしてきました!全国の皆様からのご依頼、心よりお待ちしております!

管リペアセンターの店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

フルートの音程が合わない??頭部管の見えないアイツが原因かも?

その他スタッフ・アーカイブ

管楽器リペアスタッフ近田の日常の風景 Vol.4 タンポがボロボロに・・

横浜みなとみらい店近田

分解したフルートのパーツ

言われてみれば確かに気になるお悩み相談室

管リペアセンター杉浦

年末に向けて大掃除!キィを分解してお手入れしました

その他スタッフ・アーカイブ

へこみ直しシリーズ その3 ~ホルンのベル胴~

管リペアセンター杉浦

こんなこともあるのか~まるで絆創膏!?パッチ加工編~

管リペアセンター杉浦

分解されたパーツ

管楽器リペアスタッフ近田の日常の風景 Vol.5 青春の輝きをもう一度!後編

横浜みなとみらい店近田

秋はチャンス!大型楽器の管内洗浄

管リペアセンター杉浦

へこみ直しシリーズ その5 ~トランペット2番抜差管~

管リペアセンター杉浦

金管奏者必見‼あなたの楽器は大丈夫?

管リペアセンター書上