こんにちは。卵焼きはお砂糖で味付け派!
ららぽーと名古屋アクルス店の近田(ちかだ)です。
お弁当の卵焼きの出来栄えで、毎朝、一喜一憂しています。
もう、お料理できないイメージを卒業します!やればできる子でした!!笑

修理をしながら気が付いた、ご自身でもできる『いつものお手入れ+α』をご紹介していきたいと思います。
今回は前回触れた、クロスの使い方について。

クロスの使い方で起きる症状とは

簡単にいうと・・・写真の真ん中にあるタンポに注目!

これが

こうなります。

いつものお手入れを再現してみます。

大事な楽器に指紋を残しておきたくないので、念入りに念入りに…

なにが起きたのでしょうか

一見、とても丁寧に指紋を拭き取っているようですね。
でもよく見ると・・・クロスがタンポに擦れています。

タンポの表面はとても薄い素材なので、こうした刺激に弱いのです。

1回擦れただけでは、なかなかこのようにはなりませんが、毎日の繰り返しだと、ダメージも大きくなります。

ちなみに今回、どれくらいで破けるのか実験をしてみました。
タンポが結露で濡れている状態で、クロスでごしごし。。

10往復くらいで、気が付いたら破けていました。

えぇ~そんなに簡単に破ける?!と思わず独り言。

クラリネットのタンポだけではない

クラリネット・フルートのタンポは見た目も弱そうですが、実はタンポの表面に革を使ってるサックスや、金管楽器のつば抜きコルクも、クロスやタオルによる摩擦でボロボロになります。
前回のブログのトリルキィコルクが欠けてしまったのも、こういった毎日の積み重ねが原因です。

特に水分を含むと、とても弱くなります。

気を付けたいポイントは?

キィを拭くときはキィが閉じる方向へクロスを滑らせます。

そして面積が広い管体こそ要注意です!
まず意識したいのは、タンポやコルク、フェルトに触らないこと。
それらには近づかないように、遠く遠くを拭きます。

いやいや、細かいところが気になるんです!

お気持ちは分かります。でも気にしないでください。

ほこりや汚れが溜まってきた頃は、そろそろ調整に出さなければいけない時期のはずです。
楽器がそろそろ調整に出して欲しいなぁ・・・と教えてくれていると思ってください。

島村楽器のリペアスタッフは分解して、隅々までほこりを落としてから、調整をしています。
もし、ほこりが気になっているのでしたら、

調整依頼をされる時に、『ほこりが気になっている』と伝えていただけると、安心です。

タンポ、破けてました

速やかに修理に持っていきましょう。
タンポの中にあるフェルトが出てきたら、穴を塞げず、音が出なくなってしまいます。
ここぞ!という時に音が出なくなったら、せっかくの練習も台無しです。
早め早めに対処することをおすすめします。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

管リペアセンター近田

「リペアに出して吹きやすくなった!!」だけでなはなく、『島村楽器に任せて良かった』と感じていただける、誠実で丁寧な仕事を目指しています。

管リペアセンターの店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

分解されたパーツ

管楽器リペアスタッフ近田の日常の風景 Vol.5 青春の輝きをもう一度!後編

管リペアセンター近田

年末に向けて大掃除!キィを分解してお手入れしました

その他スタッフ・アーカイブ

あるあるネタ① スワブ詰まりのお話~予防法から対処法~

その他スタッフ・アーカイブ

管楽器の修理紹介「トランペットのベル 歪み直し」

管リペアセンター原島

よくあるサックスネックのキィタンポ浮き…その原因は?

その他スタッフ・アーカイブ

【管リペアブログ】第1回「初めまして&調整の下準備~クラリネット編~」

コクーンシティさいたま新都心店吉田

【管楽器リペア通信】5月号 フルートお手入れ講座

仙台長町モール店南波

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.18【フルートの中身】

広島パルコ店

クラリネットの割れ修理

その他スタッフ・アーカイブ

抜差管が抜けないっ!!!!

管リペアセンター河村