こんにちは。
管リペアセンターの杉浦です。
今日は、クラリネットのスワブつまりの修理を紹介します。

クラリネット スワブ詰まり除去の修理

修理前

クラリネットの上管にスワブが詰まっています。
抜けない場合は、無理をせず楽器屋さんに持ち込みましょう。

修理中

専用の工具を使って管内からスワブを引き抜きます。

修理後

抜けました。

原因

抜けたスワブをよく観察してみると、原因はきちんとほぐされずに折り畳まれた状態で、管内に詰まった様子が伺えます。
サイズ違いやスワブをほぐさずに入れると、スワブはつまりやすいです。

修理代

スワブは楽器に合わせたサイズを使用しましょう。
そして抜けない場合は、無理をせずにお近くの島村楽器へご相談ください。

修理・調整代 1,620円(税込・送料なし)

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

管リペアセンター杉浦

中高6年間をトランペットとコルネットの二刀流で部活漬けの毎日を過ごしてきました!全国の皆様からのご依頼、心よりお待ちしております!

管リペアセンターの店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

定期調整の大切さ~題材はフルートです!~

管リペアセンター富田

そのクラリネット、もしかするとちょっと大きくなってるかも

そのクラリネット、もしかするとちょっと大きくなってるかも

管リペアセンター山下

抜差管が抜けないっ!!!!

管リペアセンター河村

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.24 【ストラップリングは生きているか】

広島パルコ店

品番、製造番号どこにある? ー1.木管楽器編ー

管リペアセンター富田

管楽器タンポの虫食い

その他スタッフ・アーカイブ

ビンテージサックスセットアップ―前編―

管リペアセンター富田

ビンテージサックスセットアップ―後編―

管リペアセンター富田

タンポは3層構造!

管リペアセンター富田

【管楽器メンテナンス塾】#5 タンポってどうして交換するの?

丸井錦糸町クラシック店神戸