皆さんこんにちは!

最近一気に寒くなって風邪を引きそうな感じですね!

体調管理も冬に向けて気を使わなければなりません!

さて、今日は結構依頼件数の多いウクレレのペグ交換になります!

まず弦を外して~

ボディにサインがありますね!

ウクレレは詳しくないので何方のサインなのかは分かりませんが、この楽器に対しての愛着は相当なものだと思います!

ペグを見てみると

一般的に一番多く使われているストレートタイプのペグになります。

このタイプはぺぐのつまみとヘッドの木材の摩擦だけでチーニングを安定させている物になるので新品の状態では効きが良くてもどんどん木材がすべすべになっていくら調整をしてもチューニングが安定しなくなります。

まさに今回のお客様のお悩みも「チューニングしてもすぐ弦が緩んでくる」という事でした!

愛着ある楽器ではあるけど見た目には特にこだわりが無い・なるべく予算を抑えてもらいたいとの事で何種類かのギヤペグの中から一つ選んだのがこちら!

FAMOUSのブランド名で販売されているF-1と言うペグです!

それでは作業に進みましょう!

まずは元のペグを全部外して

新しいペグのブッシュに合わせて穴を拡張!

そしたらブッシュをクランプで押し込んで~

出来上がり!

クランプで押し込む理由は手で押し込むよりしっかり固定が出来る事と手では押し込みづらくてもしっかり押し込めるからです!

横から見るとこんな感じ!

しっかり入ってますね!

ブッシュの取り付けが終わったらいよいよペグ本体を付けます!

まずペグを正しい位置において片側ずつ綺麗に並べてネジ穴の目打ちをします!

定規を当てて並べると綺麗に並びます!

次はペグ本体を一旦外して目打ちしたところにドリルでネジの下穴を開けます!

この時にネジと木材に対して適切な大きさの穴になる様にドリル刃を選んで、適切な深さを決めてから穴あけをします!

そしたらペグをネジてしっかり固定!

4つ全部を固定したらこんな感じ!

じゃじゃじゃーん!

綺麗に並んでいますよね!

これで基本的な取り付けは終わりになります!

この後はフレットを綺麗にして新しい弦を張って~

完成!!

元のペグのつまみが白いものだったので新しいペグのつまみも白い物を選んで正解でしたね!

愛着のある楽器だからこそこれからも長く使って頂ければ嬉しいです!

金でした!

今回の修理内容

・ペグの全交換

・シャフト穴の拡張・新たにネジ穴を開け

・弦代 GHSのH-10

合計金額 ¥14,580(税込)+送料

*修理費用は同じ症例でも楽器の種類や形状・仕様によって異なる場合があります。

ご不明な点はお近くの島村楽器にぜひともご相談ください。


お近くの島村楽器はこちらから、

リペアブース併設店と専門店はこちらをご参照ください。

島村楽器株式会社 ギターリペア工房

MAIL:gtrepair@shimamura.co.jp

http://www.shimamura.co.jp/index.html(公式サイト)

http://info.shimamura.co.jp/repair/guitar/(島村楽器のリペア)

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

ギターリペア工房

アンニョンハセヨ!韓国から来日しました金(キム)と申します。皆様のサポートがしたく、努力して日本語も勉強しました!宜しくお願いします!

このスタッフの記事をみる

関連記事

リペアマン山口の日々リペア 23

大宮店山口

修理記録 アコギPU取付編

ギターリペア工房井上

リペアマン遠藤の仙台リペアブログ~その7~フレット交換の巻!PART1

仙台ロフト店遠藤

塗装修正

ギターリペア工房小嶋

リペアスタッフ池田の新宿散策Vol.11~ジャック大捜索~

梅田ロフト店池田

【スタッフブログ】 店長の気まま配信4 「限界に挑戦!」 その2

名古屋ギター&リペア郡司

名古屋パルコ店 リペアマン 瀧口のブログ!

名古屋パルコ店瀧口

カスタマイズ YAMAHAオーバーホール

その他スタッフ・アーカイブ

Gibson Les Paul Traditional カスタマイズ 其の参

ギターリペア工房中澤

象牙ナット

~象牙ナット&サドル~ヤマザキの~弾いてみそ試してみそ~Vol.15

名古屋ギター&リペア山崎