こんにちは!ギターリペア工房、井上です!

8月のリペア記事ぶりです!



すっかり季節も秋めいて過ごしやすい時期となりましたね。

食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋・・・皆様はどのような秋をお過ごしでしょうか?(私は食欲派です!)

季節柄、この時期は文化祭等も多いんじゃないでしょうか?

もしお手持ちの楽器に不安や悩みがございましたら是非ともお近くの島村楽器へ!



さて今回は配線修理に関して取り上げてみようかと思います。

今回行うのはストラトキャスターの配線修理です。

修理内容としてはハンダ不良や経年劣化の接触不良により音が出ない為、

配線を引き直しつつパーツ交換を行うリペアとなります。


ただ今回は普通のストラトとは少し違い、

■センターPUがダミー

■フロントPUがシングル、リアPUがハムバッカーの2PU

という仕様です。



早速作業に取り掛かりましょう。

まずは最初の状態を


ここから一度パーツを全て外し、一から配線を引いていきます。


パーツを交換してアースを線を繋ぎ・・・


PUの位相を確認し・・・(実は元々の配線では逆位相でした・・・)


PU線、ホット線を配線し・・・


完成!!!!(この後、ジャック部との配線も繋いでおります)



ボディ側との配線行い、弦を張って簡易調整。

各PUの音量バランスも調整し、今回の修理は完了となりました。


普段を目に見えない部分の配線・・・

その分、壊れた時にどこが原因なのか分からない・・・

直すにもハンダを使ったこともないし、綺麗に出来るか不安・・・

そんなあなた!

是非ともお近くの島村楽器へお持ち込みください!!!


今回の修理内容

  • 配線引き直し(パーツ交換、弦交換含む)
  • 交換用パーツ代 (ポット×2、ジャック、レバースイッチ)
  • 弦代
合計金額 ¥13,000(税込)+送料

*修理費用は同じ症例でも楽器の種類や形状・仕様によって異なる場合があります。

ご不明な点はお近くの島村楽器にぜひともご相談ください。


お近くの島村楽器はこちらから、

リペアブース併設店と専門店はこちらをご参照ください。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

ギターリペア工房井上

店頭で勤務していた経験を活かし、お客様に寄り添ったリペアをモットーとしております。楽器を介してお客様とお会いできる日を心よりお待ちしております!

このスタッフの記事をみる

関連記事

福岡ギター修理のすゝめその11~ダウンチューンセットアップ 後編~

福岡イムズ店尾仲

リペアマン山口の日々リペア 16

大宮店山口

ルシアー駒木のギターよもやま話 その49「埋まっててくれなきゃ埋め木じゃない! その2」

ギターリペア工房駒木

ルシアー駒木のギターよもやま話 その14「工房にお客様!!」

ギターリペア工房駒木

リペアマン山本の札幌リペア道中記VOL.6

札幌パルコ店山本

配線

ヤマザキの~弾いてみそ試してみそ~Vol.11 プリアンプ増設

名古屋ギター&リペア山崎

ライン塗装①

ギターリペア工房小嶋

リペアマン塚田のカスタマイズ ピックアップ交換編

ギターリペア工房塚田

リペアマン佐藤の日々リペア Vol.3~今年もありがとうございました!!と、アコギのブリッジ剥がれ修理編~

梅田ロフト店佐藤

【スタッフブログ】 店長の気まま配信3 「限界に挑戦!」

名古屋ギター&リペア郡司