みなさまこんにちは!

リペアスタッフ池田です。

今回は、錆びてしまったパーツの取り外し風景です。

ご依頼の箇所は、ジャックと、ストラップピンの2か所。
f:id:shima_c_shinjuku:20170203112143j:plainf:id:shima_c_shinjuku:20170203112154j:plain

見事な錆です・・・

ジャック部分はシールドが挿せないくらい(汗)

お客様が再びこのギターで楽しく演奏できるよう、

新しいパーツ↓↓に交換していきます!
f:id:shima_c_shinjuku:20170203114642j:plain

さて、兎にも角にも取り外しましょう~

まずは、錆で見えなくなってしまっているネジ山を出現させます。
f:id:shima_c_shinjuku:20170203113547j:plain

ネジ山が見えてきました。
f:id:shima_c_shinjuku:20170203114410j:plain

ドライバーがきちんとはまることを確認したら、

塗装などを傷めないようにゆっくり。。
f:id:shima_c_shinjuku:20170203114329j:plain

慎重に。。
f:id:shima_c_shinjuku:20170203115409j:plain

綺麗に外れました。
f:id:shima_c_shinjuku:20170203115323j:plain
ストラップピンも無事に取れました。

ほっと一息です。(^^)
f:id:shima_c_shinjuku:20170203114434j:plain

ボディ側の錆も拭き取り、

それぞれ新しいパーツを取り付けます。

ジャックにはノルトロックも付けて緩み対策もバッチリです♪
f:id:shima_c_shinjuku:20170203120620j:plain
f:id:shima_c_shinjuku:20170203115822j:plain

これにて、パーツ交換完了です!(^^)/

ノルトロックって何?という方は是非こちらをご覧ください
www.shimamura.co.jp

それでは、また次回。

池田でした~

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

梅田ロフト店池田

学校や仕事の帰りに、買い物ついでに、ぜひ梅田ロフト店へ!皆様のお役に立つべく、ルシアー駒木氏はじめ先輩方と共に日々腕を磨いてお待ちしております。

梅田ロフト店の店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

リペアマン遠藤の仙台リペアブログ~その8~フレット交換の巻!PART2

仙台ロフト店遠藤

Gibson Les Paul Traditional カスタマイズ 其の弐

ギターリペア工房中澤

ベース電装パーツ交換

ギターリペア工房

フィンガースタイル演奏にぴったり!ピックアップ取り付け!

ギターリペア工房

ベースナット交換

その他スタッフ・アーカイブ

リペアマン山本の札幌リペア道中記VOL.14

札幌パルコ店山本

ルシアー駒木のギターよもやま話 その10「配線ってホントに音変わるの??」

ギターリペア工房駒木

ブレーシング剥がれ 接着

ギターリペア工房小嶋

福岡ギター修理のすゝめその14~バンジョー調整~

福岡イムズ店尾仲

なべさやのリペア日誌~アコギの弦高~

ギターリペア工房渡邊