皆さまこんにちは。

いよいよ夏本番、寝苦しい夜が続いております...
エアコンに頼るまいと、氷枕であがき続けています。

.....ヤマザキです!!

春にバンドを始めた方、そろそろスタジオやライブなどで、大きい音を出し始める頃ではないでしょうか。
そんな時、何だか家で弾くよりもノイズが多い...
また、スタジオAだとノイズが乗るけれど、スタジオBだと調子がいい...

なんて感じたことはありませんか!?

スタジオやライブハウスは、様々な外来ノイズの原因が飛び交っています。
そんな外来ノイズの影響を少しでも受けにくくするための作業を今回は紹介していきます。

まずはこちら↓画像
コントロールザグリ底面に、シールドプレートが覗いています。
こちらもノイズ対策として敷かれているもので、もちろんこの状態でも問題はないのですが、
今回はこの「ノイズ対策」を強化していきます。

今回使用するのはこちら↓
画像



メーカー 品名 税込価格
FreedomCGR SP-D-01 NoiseHell ¥1,728

導電塗料と言われる、その名の通り電気を通す塗料になります。
こちらをザグリ内に塗っていきます。

 

画像
塗り終えました。黒い部分が導電塗料を塗付した箇所です。
これで、元々底面のみだったシールドが、底面・壁面・コントロールプレートを通し、
一つの箱となってコントロール部分を覆うことになります。
これで外来ノイズをシャットアウトし、ノイズを軽減させます。

画像

画像
傷んだ配線材も交換し、よりノイズに強く仕上げて行きます。

実はこの作業、徹底して行えば行うほど、
「ノイズと共に高音域の成分も減衰して行く」傾向があります。
音の好みに合わせて、どこまで作業を行うか慎重に判断する必要があります。

ノイズというストレスが減ることで、音作りの幅も大きく広がります。
ノイズにお悩みの方、まずは一度ご相談下さい。
楽器の状態・演奏スタイルに合わせ、最適なノイズ対策をご提案致します。

以上、ヤマザキでした!!

お問い合わせ





店舗名 名古屋ギター & リペア店
住所 〒460-0012
愛知県名古屋市中区千代田5-4-26 S&T ビル
電話番号 052-249-4070
営業時間 11:00~19:30  定休日/木曜日

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

名古屋ギター&リペア山崎

ライブユースなセッティングなら私にお任せ下さい!楽器のセットアップだけでなく弦やピック、お手入れ用品選びまでトータルコーディネート致します!

名古屋ギター&リペアの店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

テレキャスターのオーバーホール

ギターリペア工房本田

アコギリペア OVATIONのブリッジ剥がれ

ギターリペア工房本田

特殊塗装の巻 ①ラメ塗装

ギターリペア工房長谷川

リペアマン山口の日々リペア 6

大宮店山口

エレキギター チタンナット交換

~チタンナット~ 店長の気まま配信14

名古屋ギター&リペア郡司

ドライカーボンでどないでっか!?

ギターリペア工房奥村

リペアマン瀧口のブログ!

名古屋パルコ店瀧口

22フレット増設

ギターリペア工房阿部

リペアマン山口の日々リペア 21

大宮店山口

リペアマン岡のセットアップ・バリ取り

ギターリペア工房