【FAQ】ファンタム(ファントム)電源とは?

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

ファンタム電源とは電源が必要なコンデンサーマイクやアクティブタイプのDI(ダイレクトボックス)に送る電源のこと。

「ファンタム(ファントム、Phantom、Fantom )電源」というのはミキサーやオーディオ・インターフェースに備わっているもので、マイクにつなぐキャノン(XLR)・ケーブルを経由して、ミキサー/オーディオ・インターフェイス/マイクプリアンプ等からマイクに電源を供給する仕組みです。

(中にはステレオミニプラグで電源を送るタイプもあります)標準ケーブルだとファンタム電源は送ることができません。専用の電源ケーブルを使っていないので電圧が流れる、または微量な電流であることからファンタム(ファントムとも:幽霊のこと)電源と呼ばれています。

電圧は12V、18V、24V、48Vなどがありますが、48Vが一般的です。

コンデンサマイクの仕組みは⇒【今さら聞けない用語シリーズ】3分でわかる!コンデンサーマイクとダイナミックマイクの違い おすすめマイク

⇒FAQ:マイクに戻る

⇒FAQ:トップページに戻る

↑ページトップ