Waves、Softube などのエフェクトが NKS (Native Kontrol Standard)対応に

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Waves、Softube などのエフェクトがNKS 対応に

Native Instruments ( ネイティブ・インストゥルメンツ / NI )は、NAMMショー2018にてNKSNative Kontrol Standard※)対応エフェクトを公開しました。2018 年の第二四半期には、Waves、Softube、Eventide、SugarBytesを含む主要エフェクトプラグインメーカーがNKSフォーマットへの対応を予定、KOMPLETE KONTROL S シリーズ・キーボードやKOMPLETE KONTROL ソフトウェア、MASCHINE でエフェクトプラグインが連動します。

これによりKOMPLETE KONTROL やMASCHINE ソフトウェアを介して、ハードウェアから直接エフェクトプラグインのブラウズ、読み込み、コントロールができるようになるのに加え、エフェクトチェーンも作れるようになります。

NKS(Native Kontrol Standard)とは?

バーチャルインストゥルメントとKOMPLETE KONTROLおよびMASCHINEハードウェアとの柔軟な連携を実現するプロトコル。

NKS対応インストゥルメントのプリセットは、MASCHINEやKOMPLETE KONTROLソフトウェアのタグベースブラウザーに表示され、他社製NKS対応プラグインもKOMPLETEインストゥルメントと同じように、即座にサウンドデザインを開始できます。ハードのコントロールノブには、主要パラメーターがあらかじめマッピングされた状態でロードされます。各インストゥルメントの開発者自身がマッピングしているので、重要なコントロールは常にアクセスしやすくなっています。

すでに50社以上の有名メーカーが、数百の世界最高クラスのプラグインをNKSに拡張しており、今後も対応インストゥルメントの増加が期待されます。



この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

「midiコントローラー」タグの関連記事

↑ページトップ