TASCAM「US-322」インストールとSONAR X3での設定方法

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

この記事ではWindows版のオーディオドライバの設定方法をご説明いたします。

  • オーディオドライバのインストール
  • SONAR X3 Studioでの設定
  • DSPミキサーとしての使い方

1:US-322のパッケージ内容

US-322のパッケージには、オーディオ・インターフェース「US-322」、USBケーブル、オーディオドライバのCD-ROMが入っています。

US-322は項目6「デバイスをコンピューターに接続してください」という指示があるまで、コンピューターに接続しないで下さい。

Package

2:US-322ドライバ、最新版のインストール

US-322をオーディオ・インターフェースとして使うにはドライバのインストールが必要です。パッケージにはドライバのCD-ROMが付属していますが、TASCAMのwebページから最新版をダウンロードできますので、ネットからダウンロードをし、インストールをする内容をご紹介します。


3:ファイルのダウンロード

TASCAM US-322のwebページにアクセスし「ダウンロード」をクリックします。

WebDL

ドライバの最新版をダウンロードします(2014年12月17日現在のWindows最新版は1.03)

US322_Driver_New

4:ファイルの展開

ダウンロードしたファイルを右クリックをし、「すべて展開」をクリックします。

tenkai

インストーラーのフォルダが現れますので、ダブルクリックします。

US322_Driver_Folder

「setup」のアイコンをダブルクリックします。

Setup

5:ドライバのインストール

言語を選択します。

Language

USB-Audioインストールをクリックします。

Install

使用ライセンス許諾契約書を確認し、同意する際には「同意する」にチェックを入れ、「インストール」を押します。

Keiyaku

6:オーディオ・インターフェースの接続

「オーディオ・インターフェースを接続してください」という表示が出たら、USBケーブルでUS-322をコンピューターに接続します。

Setsuzoku

7:コンピューターの再起動

インストールが完了すると「再起動してください」と表示が現れますので、コンピューターを再起動させます。

Reboot

以上でドライバのインストールは完了です。

8:SONAR X3 StudioでUS-322を設定する

SONAR X3 Studioを立ち上げ、「編集」メニューから「環境設定」を選択します。

Hensyu

kankyou2

左側のオーディオメニュー「デバイスの選択」を選択します。入力、出力デバイスがUS-322以外に設定されている場合は、その選択されているデバイスのチェックを外し「US-322 / US-366 ch1」にチェックを入れます。

※他のデバイスにチェックが入っている状態で「US-322 / US-366 ch1」のチェックを入れても切り替わりません。

SnapCrab_NoName_2014-10-21_15-57-23_No-00-1

9:デバイスの設定

環境設定、オーディオの「デバイスの設定」から「再生タイミングマスタ」「録音タイミングマスタ」を「1:US-322 / US366 ch 1」に設定します。

SnapCrab_NoName_2014-10-21_16-11-0_No-00-1

10:ドライバの設定

オーディオの「オプション」を開き、ドライバーモードが「ASIO」になっているかを確認します。

ASIO

11:US-322の出力設定時のポップアップ表示

「デバイスの設定」で、出力を選択し「適用」を押すと「オーディオ出力が見つかりません」という表示が出ることがあります。

「OK」ボタンを押すと再度デバイス選択が開かれるので、選択したオーディオ・インターフェースになっているかを確認します。

error

以上でSONAR X3 Studioと、US-322のセットアップは完了です。



12:DSPミキサーの使い方

US-322はDSPミキサーの機能を使うことで、例えばギターやボーカルに前もってコンプレッサーをかけて録音する、いわゆる「かけ録り」ができるなどの利点があります。

US-322には以下のエフェクターが備わっています。

  • コンプレッサー
  • ノイズサプレッサー
  • ディエッサー
  • エキサイター
  • イコライザー
  • リバーブ

右下の黒いボタン、「MIXER PANEL」と書かれたボタンを押してみます。

us-322_p_top

すると、インターフェイスの設定画面、ミキサーの設定画面、エフェクターの設定画面を一つにまとめたソフトが立ち上がります。

SnapCrab_NoName_2014-10-21_16-11-13_No-00

SnapCrab_NoName_2014-10-27_16-39-37_No-00

SnapCrab_NoName_2014-10-27_16-39-50_No-00

SONARでの設定は必要なしに、インプット(パソコンへの送り音量)とモニター(演奏中に聞く音量)の音量を別々に調整できるため、録音に適したレベルで送出しながら、最適な音量でのモニタリングが可能です。

us-322_us-366_w_xlr

us-322_us-366_w_monmix


以上、TASCAM US-322のドライバ設定方法でした。


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

関連記事

【レビュー】買ったその日からDTMができる!島村楽器オリジナルパッケージ「SONAR X3 Studioセット」登場

「オーディオ・インターフェース」タグの関連記事

↑ページトップ