【今さら聞けない用語シリーズ】バイノーラル・立体音響・ASMRとは(ヘッドホン推奨)

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

立体音響 by INTEGRA-7

立体音響とは

こんにちはサカウエです。最近のVRブームもあり、再度注目されている立体音響とは、その名の通り3次元的な音の広がりを生み出す技術、方式のことです。あたかもその場にいるような錯覚を与えてくれるシステムですが、代表的なものでは映画館等でお馴染みのサラウンドシステムがあります。複数のスピーカ等を使用して立体的に音を再生することができるシステムです。

おおまかに大別すると

  • 3つ以上のスピーカーを使用して再現するもの(全方位と平面がある)
  • 2つのスピーカーで再現するもの

になるでしょう。

ホームシアターではスピーカーを前面右・中央・左、背面右・左の5個のスピーカーにサブ・ウーファーを加えた5.1サラウンドがあります。サブウーファーは「.1ch」とカウントされるので少数の「0.1」という意味ではありません。

サラウンドのイメージ図(中心がリスナー)

※これにサブウーファーが加わります

ITUKreis_Ruhnkeby Wikipedia

たとえばDAWを使用して5.1サラウンドの音楽プロジェクトを作る場合は、全部で6つのバスを設定し、それぞれのスピーカーへの出力をDAW側で設定することになります。

設定例(Cubase Pro 8の場合)

cubase8_surround

トラックごとに左右・前後の動きをオートメーションすることができます。

CubasePanner2

マウスでリスナーの周りをぐるぐる回るようなオートメーションを書くことができます。

dr03

このように、通常の楽曲はL・Rの2トラックで構成されていましたが、サラウンドの音声トラックは最終的に6つのオーディオファイルとして出力することになります。

サラウンドにはこの他にも6.1、7.1等の方式があります。なおサラウンド音声のデジタル圧縮記録・再生方式にはドルビーデジタル(16bit)やDTSデジタルサラウンド(24bit)といった方式があり、最近では大容量のBlu-ray Disc用に「ドルビーTrueHD」や「DTS-HDマスターオーディオ」といった機能拡張フォーマットも存在します。

また最近では「DOLBY ATMOS(ドルビーアトモス)」という、頭上を含むあらゆる方向からサウンドが流れるシステムも登場しています。ミックス内で最大128(同時発音)の独立した音声オブジェクトに対応し、映画館では64種類のスピーカー出力に対応しています。

仮想立体音響

ステレオ音声を擬似的にサラウンド化する方式

これは2チャンネルのステレオ音声を擬似的にサラウンドにする技術を使用した方式で「擬似サラウンド」とも呼ばれます。最近ではテレビなどにもこうした立体音場を再現する機能がついていますね。

2チャンネルスピーカーでサラウンドを実現

聴覚の錯覚などを利用し、2つのスピーカーからの再生で立体的な音場を再現する仮想立体音響システム技術も数十年前から研究・実用が進んでいます。Roland RSS、QSound Labs社のQsoundといったものがそれに該当します。Stingの1991年リリースのアルバム「The Soul Cages」ではQsoundが採用されていました。

この場合も2つのオーディオ・トラックで仮想的に立体音場を再現するわけです。

Roland INTEGRA-7に搭載のMOTIONAL SURROUND機能

IMG_1930-500x260


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

バイノーラル録音(Binaural Recording)とは?

バイノーラル録音は人の頭の形をしたダミーヘッド等を使用して人間の耳の奥にある鼓膜の部分に設置されたマイクで音を収録する方式です。まるでその場にいるようなリアルな臨場感溢れる音を録音することができます。これを聴いていただくのが最も解りやすいと思います。

※ヘッドホン必須

これはウェアラブル・カメラGoPro専用のバイノーラルマイク Roland 「WEARPRO Mic」

0000WPM-10_4

ダミーヘッドの一例

このダミーヘッドを使いやすくした本格バイノーラルマイク「3Dio」といった機種も発売されています。

slide1

「3Dio」で収録した音楽

アンビソニックス

アンビソニックス方式とは1970年代に開発された、3次元空間の360度全ての音声を記録、ミキシング、再生できる録音技術です。

ZOOMのH3-VRはアンビソニックス方式のVRマイクを搭載。最大120 dB SPLの耐音圧で、最高24bit/96kHzのハイレゾ録音が可能。

ZYLIA( ジリア )の「ZM-1 microphone」は最大3次アンビソニック方式対応のVRマイクロフォン。19ものカプセルを搭載したマイク・アレイによる24bit解像度でのレコーディング・ソリューション。ZM-1マイクとZYLIA Studioソフトウェアを組み合わせれば、Ambisonicsをはじめとする3D/360°オーディオと伝統的ステレオによる、まったく新しい音楽パフォーマンスのレコーディングが実現します。


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

ASMR(Autonomous Sensory Meridian Response)とは?

数年前からリラックス、安眠できるといったキーワードで「ASMR」というジャンルの動画やサウンドがネットでも話題になっています。これもバイノーラル等の立体音響を使用したさまざまな音を使用したもので、Youtube等でASMR、Binauralで検索すると膨大な数のサンプルが見つかると思います。

【関連記事】脳がとろける感覚…?youtubeで話題のASMRとは?

無料プラグインで立体音響を試してみよう

bvs-screenshot_02

bvs-logo_01

ヘッドホン等で有名なドイツのメーカーBeyerdynamicが無料で使える立体音響プラグイン「virtual studio」を公開しています。virtual studioはVST とAUプラグインに対応していますので、Steinberg Cubase等のDAWで使用することができます。ちょっとした立体音響が体験できるのでためしてみるのも良いかもしれません。

ダウンロード方法

※本製品を使用するにあたって生じるいかなる症状についてのサポート・保証はありませんので自己責任でお願い致します。

※ダウンロードする際にはメールアドレスの入力が必要です。

1)下記サイトに移動

http://europe.beyerdynamic.com/virtual-studio.html

2)メール・アドレス、名前を入力し「senden」をクリック

virtualstudio

3)メール・アドレスにダウンロードリンク先が届きます。ダウンロードしてインストールしてください。

解凍するとOS別フォルダー内にプラグインが収納されています。

VS

Macの場合

「beyerdynamicVS_Mac_1.011_Plugin.dmg」をダブルクリックして現れるディスク・イメージ内のファイルを任意の場所にコピーします。

例)

AUプラグイン(Logic、DP8など)

beyerdynamicVS.component ⇒ Macintosh HD/Library/Audio/Plug-Ins/Components 内にコピー

VST(Cubaseなど)

beyerdynamicVS.vst ⇒ Macintosh HD/Library/Audio/Plug-Ins/VST 内にコピー

Winの場合

お使いのOS(32bit、64bit)に合ったフォルダー内のファイルを、任意のフォルダー内にコピーします。

例)C:\Program Files\Steinberg\VSTPlugins など

4種類のプリセットが用意されているのでそれぞれの効果を確かめることができます。


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

「プラグイン・ソフト」タグの関連記事

↑ページトップ