DJヘッドホンを選ぼう

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

こんにちは。Digilandスタッフのシマです。

ヘッドホン売り場に行くと「~用ヘッドホン」って良く見かけますよね。その中に「DJ用ヘッドホン」とありますが、一体何が「DJ用」なのか?

ここではこれからDJをはじめるのにヘッドホンを探している方、またヘッドホンの買い替えを検討されている方の参考となるようにDJ用ヘッドホンの特徴から選び方、現役DJの私がお勧めするDJヘッドホンをご紹介したいと思います。

dj_h_002

DJ用ヘッドホンの特徴

そもそもヘッドホンが無いとDJはできません!(稀にノーヘッドホンDJもいますが、、)ということでDJにとってマストアイテムなヘッドホン。その中でも「DJ用ヘッドホン」に見られる特徴をまとめてみました。

1、頑丈な作り

DJプレイをする際普通のリスニングと違い、頻繁に手に触れます。片耳だけはずしたり、首にかけたり、ブースの脇に置いたりと、、、

そして意外とヘッドホンにとっては乱暴!?な扱いをしがちになります。また、クラブでDJをしている方は持ち運びも頻繁にします。

そこで求められるのが堅牢性なわけです。

特にヘッドバンドとハウジング部分の繋ぎ目は特に負荷がかかりますのでここの頑丈さがDJ用ヘッドホンのポイントになります。

dj_h_008

写真のように無茶にする人はいないと思いますがこんな感じに力を加えても大丈夫な仕様となってます

2、カールコード&L字プラグ仕様

カールコード仕様とは、ヘッドホン本体からDJミキサーをつなぐケーブルが電話本体と受話器のケーブルのようにくるくるとコイル状に巻いてあるのもをカールコードと呼びます。

想像がつくかと思いますがDJプレイの際にケーブルがストレートで長すぎると邪魔になります。なので伸縮性に優れたカールコードが採用されているわけですね。

中にはストレートケーブルが付属のDJヘッドホンもありますが、比較的ケーブルが短めな仕様になっています。

※ケーブルの長さが短い分DJプレイ中ヘッドホンを付けたままで動ける距離が短くなるので断線にご注意を。

最近L字プラグが主流になりつつあります。理由はリリースされているDJミキサーの多くのヘッドホン出力がトップ面に配置されている為、ストレートだと操作の邪魔になります。これに配慮した形でヘッドホン側のプラグがL字仕様になっているわけですね。

dj_h_016

伸縮性に優れたカールコードケーブル

dj_h_017

このようにL字仕様にすることにより操作の邪魔にならなくなります!

3、入出力値

クラブやライブハウスに行ったことのある方ならお分かりかと思いますが、オーディエンスが側に向いているスピーカーは大音量で音が鳴ってますよね。その大音量の中でも負けないようにDJブース内のモニターも大音量なわけですが、このような環境でヘッドホンから出る音をしっかりと確認するためには、ヘッドホン自体に大きな入力値が必要です。

なのでDJ用ヘッドホンと呼ばれているものは一般的なヘッドホンより高い負荷がかかっても音に歪みが出ないように入力値が高めに作られています。

DJ用ヘッドホンは最大入力値(mW)が3,000~3,500mWと高めに設定されています。ちなみに一般的なスタジオモニターヘッドホンは500~1,000mWが多くDJ用ヘッドホンがいかに入力値が高いか最大入力値を見てわかりますね。

自分に合うDJヘッドホンを選ぼう!

dj_h_001

いろいろDJ用ヘッドホンは存在しますが、どこをポイントに選べばよいのか?DJの視点から失敗しないヘッドホンの選び方をお伝えしますので参考にしてみてください。

1、装着感

DJプレイは長時間にわたりヘッドホンからモニターしますので装着感は重要なポイントです。こればっかりは文章や映像などでは伝わらないので実際にヘッドホン売り場で実機を試すことをお勧めします。

装着した際に「頭への締め付け感」をチェックしてみてください。締め付けがきついと長時間使用していると耳が痛くなりますので装着したときに耳への圧力を感じないもので頭を動かしてもずれないものを選びましょう。

2、遮音性

実際に音を聴いてみて外の音がどれだけ入ってくるかチェックしてみましょう。このときヘッドホンからは小さな音で聴いてみると遮音性がどの程度か分かりますので試してみてください。

3、音の取り易さ

一般的には次にかける曲のキック(バスドラム)の音でカウントします。ですのでキックの音が聴き取り易いかをチェックしてみましょう。

私の場合は音量をできるだけ上げた状態でキックの音がしっかりと聴こえるか(ベースとキックが分離して聴こえるか)をチェックしてみます。

できれば自分が知っている曲でチェックするのがベストです。お店のヘッドホン売り場で試聴される際にはモバイル端末に自分のお気に入りの曲を用意してサウンドチェックするのがお勧めです。

また、ヘッドホンの買い替えを検討されている方は現在使用しているヘッドホンを持参して聴き比べするとより納得のいくヘッドホンが選べると思いますので試してみてください。

いかがでしたでしょうか?DJにとってヘッドホンは必要不可欠なアイテムです。自分に合ったヘッドホンを見つけてDJライフをエンジョイしてください!

現役DJがお勧めするDJヘッドホン

現時点でリリースされているDJヘッドホンの中で実際にDJプレイをして「これは良い!」と感じたお勧めの商品を4機種ご紹介します。

PioneerDJ/HDJ-2000MK2

前機種より遮音性を向上させて中低音域のモニタリング環境が向上しています。ケーブル部分は万一断線した場合でもケーブルを交換することができる「Mini XLR端子」を採用。さらに、DJミキサーへの差込み部分はL字タイプとなっており、DJミキサーの操作の邪魔にならないようになっています。

dj_h_012

仕様

  • 質量 (コード含まず):298 g
  • 最大入力(JEITA):3500 mW
  • 出力音圧レベル:107 dBmW
  • 再生周波数帯域:5 - 30,000 Hz
  • インピーダンス:32 Ω

HDJ-2000MK2-K

販売価格

(税抜)¥35,000 (税込 ¥38,500)
JAN:4988028304842

HDJ-2000MK2-S

販売価格

(税抜)¥35,000 (税込 ¥38,500)
JAN:4988028304859


AIAIAI/TMA-2 Modular DJ Preset

AIAIAIは2manydjs, Carl Craig, D-Styles, DJ Zinc, Prefuse73, Richie Hawtin, Skreamなど各シーンを代表するDJが現場で使用しているデンマークのブランドです。 ここでご紹介するのは2015年5月23日発売の注目のDJヘッドホンTMA-2 Modular DJ Preset 。TMA-2はモジュラーシステムを採用しており「ヘッドバンド」「ドライバーユニット」「イヤーパッド」「ケーブル」と仕様用途と好みで自由にパーツを組み替えが可能な画期的なヘッドホンです。

TMA-2の詳細はDigilandの新製品ページで紹介しています。

https://info.shimamura.co.jp/digital/newitem/2015/04/52869

TMA-2 Modular DJ Presetはその名の通りDJ仕様にパーツをセレクトした商品となっています。サウンドは中低音域がしっかり聴こえ、DJのモニターに最適です。また、軽量設計でイヤーパッドも厚手なので付け心地も良いです!

dj_h_010

箱を開けるとそれぞれの4つのパーツが袋に入っています。

dj_h_011

パーツを取り出しました!これを組み上げると

dj_h_007

Modular DJ Presetの完成です。

パーツ構成

  • スピーカーユニット:S02 – speaker unit - punchy
  • イヤーパッド:E02 – earpads - PU Leather – on-ear
  • ヘッドバンド:H02 – headband - nylon - silicone padding
  • ケーブル:C02 – cable - coiled w/adaptor - black - 4mm - 1.5m

仕様

  • 直径:40 mm
  • 音圧レベル:117 dB
  • 共振周波数:90 Hz
  • インピーダンス:32 Ω
  • 定格出力:30 mW
  • 最大出力:70 mW
  • ダイアフラム:チタニウムコート
  • マグネット素材:ネオジム

TMA-2 Modular DJ Preset

販売価格

(税抜)¥24,000 (税込 ¥26,400)
JAN:5710224750029

SENNHEISER/HD 25 ALUMINIUM

こちらは名機HD25 1/2発売25周年記念したアルミニウム仕様のヘッドホンです。

HD25 1/2はモニターのし易さ、回転式イヤーピース方式による片耳でのモニタリングのしやすさが数多くのトップDJに支持されてている定番ヘッドホンです。

そのHD25 1/2のサウンドに高音域の抜けのよさが加わり、よりクリアなサウンドになっています。

dj_h_015

右側のハウジング部分がこのように跳ね上がる機構になっています。ヘッドホンを頭に固定してDJする人には便利な機能ですね。

dj_h_014

仕様

  • 型式 : ダイナミック・密閉型
  • 周波数特性 : 16~22,000Hz
  • インピーダンス : 70Ω
  • 音圧レベル : 120dB
  • 質量 : 222g(ケーブル含む)
  • 接続ケーブル : ケーブル長2.0m(片だし・右側)、3.5mmステレオミニプラグ(ストレート型)
  • 付属品 : 6.3mm変換アダプター、キャリングポーチ

HD 25 ALUMINIUM

販売価格

(税抜)¥36,000 (税込 ¥39,600)
JAN:4044155089011

ULTRASONE/SignatureDJ

サウンド、作り全てにおいて贅を尽くした「DJヘッドホン」の中では最高級商品です。

ヘッドパッド、イヤパッドには心地よい装着感を約束するエチオピアン・シープスキン・レザーを採用しています。

サウンドに関してもDJヘッドフォンならではの低音の聴き取りやすさに加え、臨場感がすばらしいです。ですのでDJ使用以外でもダンスミュージックのリスニングにおすすめです。

dj_h_013

仕様

  • インピーダンス:32 Ω
  • ドライバー:50 mm マイラー
  • マグネット:NdFeB
  • 周波数特性:5 – 32000 Hz
  • SPL:115 dB
  • 本体重量:300 g (コード含まず)
  • 付属品:3mカールコード ゴールドプレイテッド 6.3mmプラグ 1.2m ストレートコード マイクロフォン/リモートコントロール付き 3.5mmゴールドプレイテッドL型プラグ 専用収納ボックス

SignatureDJ

販売価格

(税抜)¥104,400 (税込 ¥114,840)
JAN:4043941112001

ヘッドホン・イヤホン新製品一覧は ⇒ こちら

↑ページトップ