Mackieのアナログミキサー3機種をレビュー【VLZ、MIX、PROFXv2】

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

最近お問い合わせが多い小型アナログミキサーの中でも、特に人気のあるMackieシリーズ。

最近はすごく安価なモデルもでており、音質も良いので目が行きがちですが、

従来のシリーズもクオリティ面がすばらしいので今回は定番の3機種をご紹介させていただきます。

Mackieシリーズ比較

モデル名 MIX5 402-VLZ4 ProFX4V2
マイクプリアンプ 1(Mackieプリアンプ) 2(Onyx) 2(Mackie Vita)
EQ 2バンド 2バンド 2バンド
入力 5ch 4ch 4ch
出力
  • 録音用出力端子 ステレオRCA ×1
  • メインL/R出力
  • 録音用出力端子 ステレオRCA ×1
  • メインL/R出力
  • 録音用出力端子 ステレオRCA ×1
  • メインL/R出力
ファンタム電源 あり(自動) あり あり

Mackie『MIX5』

(税抜)¥5,980 (税込 ¥6,458)
JANコード:0663961044935

Mackie『402VLZ4』

(税抜)¥12,800 (税込 ¥13,824)
JANコード:0663961039955

Mackie『ProFX4V2』

(税抜)¥14,800 (税込 ¥15,984)
JANコード:0663961045536


Mackie MIXシリーズ

MIX5全体

こちらが今人気の高いMackie『MIX5』です。価格も6,458円と非常に安く、コンパクトで持ち運びもラクチン!必要最低限の機能は全て揃っています。

 

 

MIX5電源

電源は純正のアダプタで動きます。スイッチがないので接続するだけで電源が入ります。

プリアンプ

さて、肝心のプリアンプの音質ですが通常のVLZシリーズとは違いオリジナルのMackieプリアンプが搭載されています。

音質はスッキリとした軽い印象です。レンジもそこまで広くはないですが、この価格帯でこのクオリティならまず文句はない!と思えるほど出来がいいです。

オススメポイント

  • とにかく安くてクオリティが高い
  • 持ち運びが簡単

最近多いPCとのライブ同期による演奏でもクリック用のヘッドフォンアンプの代わりとして使えるのでオススメです。


この商品をオンラインストアで購入する

Mackie VLZシリーズ

402vlz全体

Mackieの定番ミキサー『VLZシリーズ』の最小モデルです。

最近は価格も下がってきたため安価で購入も可能になってます。MIXシリーズとは違い丈夫で頑丈なボディが特徴です。

2基のマイクプリアンプにはそれぞれLowカットフィルターとギター、ベース用のHi-Z端子がついているのでDIを間に挟まなくても接続が可能です。

402vlz電源

電源部分はMackie純正のアダプタを使います。MIXシリーズとは違い、電源のON/OFFができ、電力も18.5Vと大きくなっています。

プリアンプ

Mackieの音をイメージしろと言われたら私はこのOnyxのイメージが強いです。

MIXシリーズとはうって変わって『太い、レンジが広い』音が出ます。また、ノイズの量もMIXシリーズより少なくクリアなサウンドがでるため今でも人気の高い機種です。

オススメポイント

  • Hi-Z端子、ハイパスフィルターがついている。
  • 落としたり多少雑に扱っても壊れない頑丈なボディ
  • 小さいので持ち運びがラクチン!
  • 音が太い!

この商品をオンラインストアで購入する

Mackie PROFX4V2

PROfx2

Mackieのシリーズでエフェクトが多数搭載されているモデル。

グレードがあがるとI/O機能も追加されていったり機能が豊富ですが他のシリーズと比べボディは大きいです。

1chにのみHi-Z端子付き、Lowカットフィルターは2ch付いています。

profx2fx

ProFXシリーズのいいところは豊富なエフェクトとグラフィックEQがついているところです。

小さくてもクオリティの高いライブミキシングができる点は他のミキサーではあまり見ることができない部分だと思います。

profx2電源

電源部分は他のアダプタとは違い専用のDCアダプタになっています。

プリアンプ

PROFXシリーズ、実はOnyxのプリアンプは積んでおらず、Mackie Vitaという純正のものが使われています。

結構Onyxに音質が似ている印象。こちらも『太く、レンジの広い』サウンドが特徴です。

オススメポイント

  • Hi-Z端子、ハイパスフィルターがついている。
  • 落としたり多少雑に扱っても壊れない頑丈なボディ
  • 豊富なエフェクトとグラフィックEQによる本格的なライブミキシング
  • 外部エフェクターを繋ぐFXセンド搭載
  • モニターミックス用のAUXアウト搭載
  • 音が太い!

この商品をオンラインストアで購入する

 

3機種

総評

Mackieのいいところはとにかく頑丈なところです

多少落としたくらいでは壊れない作りになっているので、扱いが雑な方でも永く使ってもらえるようになっています。

その安心からか、導入しているライブハウスやスタジオも多く存在していますのでミキサーを考えている方はまずMackieを候補に入れてみてはいかがでしょうか。


梅田ロフト店デジタル担当 南(みなみ)
この記事を書いた人
梅田ロフト店デジタル担当 南(みなみ)

現役ボカロPとしても活動している南です。ボカロ、作曲に関することならお任せ下さい。
DTMを始めるにあたって、あなたに合う作業環境の構築を全面的にバックアップ致します!

梅田ロフト店
梅田ロフト店

大阪府大阪市北区茶屋町16-7 梅田ロフト8F

電話番号:06-6292-7905

営業時間:10:30~21:00

HP:http://www.shimamura.co.jp/umeda/

「digiland-shop-umeda」タグの関連記事

「ミキサー」タグの関連記事

↑ページトップ