野外でのDJに最適!RELOOP MIXTOUR for djay2

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

RELOOP_MIXTOUR_001

先日発売されたiOSやAndroidベースのDJアプリ「djay2」用のコントローラー RELOOP ( リループ )「 MIXTOUR 」をハギオ流に使ってみると、かなり面白い機材だということが判明!!
今回は、iPhoneのdjay2と一緒に使用した感想をお届けいたします!

djay2って何?という方はこちらをご覧ください。
iPad / iPhone アプリ 「djay 2」リリース!機能満載!

RELOOP MIXTOURをハギオがチェック

こちらが、MIXTOUR。
EQや縦フェーダー、クロスフェーダーなど、パッと見では一般的な2CHのDJミキサーと変わらないようにみえます。けれども触っていくうちにMIXTOURの長所が明らかに‥。
まずはiPhoneと、モバイル用のスピーカーを接続してセッティングしてみます。

RELOOP_MIXTOUR_002

うん!持ちやすい!

ハギオはここで思いつく。。。

RELOOP_MIXTOUR_003

きっと、これが役に立つ

RELOOP_MIXTOUR_004

100円ショップなどで売っているiPhoneスタンドです。

RELOOP_MIXTOUR_005

MIXTOURのここに取り付けてみると、、

RELOOP_MIXTOUR_006

完成!これで更に使いやすく、持ちやすくなりました!!

RELOOP_MIXTOUR_007

セッティングができたところで、いよいよ使ってみよう。

まず曲を読み込んでみる。

それでは、iPhone内の曲をMIXTOURで読み込んでみます。

RELOOP_MIXTOUR_008

MIXTOURの左右どちらでも良いので、LOADを押すと、曲を選択する画面に切り替わります。

RELOOP_MIXTOUR_009

SHIFTを押しながら、LOADの左右で、プレイリスト/曲/アルバムなどの項目が切り替わります。ハギオはプレイリストを使います。

RELOOP_MIXTOUR_010

真ん中のJOGでプレイリストをスクロールして、目的のプレイリストを選びます。

RELOOP_MIXTOUR_011

目的のプレイリストの選択は左右どちらでも良いので、LOADボタンを押すとプレイリストの中身が表示されます。
JOGの真ん中を押しちゃいそうですが、JOGの真ん中はその下のBACKと同じ動作です。ここが少し間違いやすいのでご注意ください。

RELOOP_MIXTOUR_012

ここでハギオは親指と人差し指でJOGを操作、薬指で右のLOADを決定がやりやすいことが判明。左のLOADは親指で押せます。

RELOOP_MIXTOUR_013

目的の曲をJOGをまわして選び、左右の読み込みしたい方のLOADを押すと、曲がプレーヤーに読み込まれます。

RELOOP_MIXTOUR_014

曲を変えるたびに行うこの動作は、もっとも使用頻度が高いといえます。なのでスムーズにできるかはとっても重要です。
それではプレイしてみます。

充実の操作パッド

RELOOP_MIXTOUR_016

MIXTOURには、PLAY/CUE/SYNC/LOOPなどの基本となるボタンがEQの真ん中に設置されています。もちろん、SHIFTボタンを使うことで、LOOPの拍数を2倍にしたり、1/2にしたりなども操作可能です。曲の頭だしなどもここで操作できます。こういうミキサータイプのものでここまで充実しているものって他には無いですね。

RELOOP_MIXTOUR_015

さらに、上の「C」ボタンを押すと、4つのボタンがHOT CUEに切り替わります。これは便利ですね!HOT CUEとは再生したい曲の位置(CUEポイント)をボタンに設定しておけばすぐにその位置まで飛んで再生される機能のことです。

RELOOP_MIXTOUR_017

「T」を押しながら、JOGをまわすことで、曲の早送り、巻き戻しも可能です。左の「T」を押したときは左のプレーヤー、右の「T」を押したときは右のプレーヤーの操作になります。

RELOOP_MIXTOUR_018

こういうミキサータイプのコントローラーで、ここまで機能が充実しているものはこれまであまりなかったので、かなり実用的ですね。djay2用ではありませんが、TRAKTOR KONTROL Z1はシンプルなミキサー機能がメインですし、Serato DJ用のAKAI AMXはHOT CUEなどはついていないですね。

FILTER操作が便利

ここでFILTERやエフェクターをかけることができます。

RELOOP_MIXTOUR_019

そのままつまみを回すとFILTERが掛かります。FILTERがかかっているときは左上のLEDが光りますので、今FILTERが掛かっているのか、掛かっていないのかが一目で分かります。

RELOOP_MIXTOUR_020

FXボタンをONにすると、FILTERにエフェクターを追加できます。つまみを回すだけで、FILTERとFXが同時に掛かります!

RELOOP_MIXTOUR_021

今何のエフェクターが掛かっているのかの確認は、iPhoneのこの部分をタップして

RELOOP_MIXTOUR_022

FXの項目でMANUALを選んでください。するとエフェクター名が表示されます。今回であれば「GATE」ですね。その中のSliderを選択するとつまみの動きも確認できます。

RELOOP_MIXTOUR_023

SHIFTを押しながらつまみを回すとFILTERは掛けずに、エフェクターのみをかけることができます。

RELOOP_MIXTOUR_024

FILTERはDJをやるときは良く使う機能ですので、EQ感覚で使用できるのはすばらしいです。djay2用の人気のコントローラーDDJ-WeGO3にはFILTERのつまみはついていないので、この点はうれしいですね。

その他、MIXTOURの入出力など

MIXTOURには、LEDのレベルメーターも搭載されています。低価格のものだとついていないものもあるので、これは便利ですね。

RELOOP_MIXTOUR_025

しかも、チャンネルのレベルメーターか、マスターアウトのレベルメーターかを選択できます。これも便利ですね。

RELOOP_MIXTOUR_026

ヘッドホンジャックはミニプラグタイプを挿すことができます。モバイル用途を想定すると、イヤホンなど小さいヘッドホンが持ち運びがラクなのでこの端子の方が良いですね。

RELOOP_MIXTOUR_027

こちらが入出力です。iPhoneで使用する時の為の電源も付属しています。
PCで使うときは、電源なしのUSBバス電源で動作するようです。

RELOOP_MIXTOUR_028

という事は!!??

モバイルバッテリーで試してみる。

ハギオの私物のiPhone用のモバイルバッテリーで動くか試してみました!

RELOOP_MIXTOUR_029

USB端子にモバイルバッテリーを接続します。

RELOOP_MIXTOUR_030

おぉ!モバイルバッテリーでも使用できました!

RELOOP_MIXTOUR_031

野外でも気軽にDJできる!まさに”ミックス””ツアー”

モバイルバッテリーを繋ぐことで、野外でもDJプレイが楽しめますね。

RELOOP_MIXTOUR_032

そして、MIXTOURはこれまでiPhone用ではあまりなかった縦長のコントローラーですので、ひざの上にちょうど良く収まります。

RELOOP_MIXTOUR_033

ハギオは先日行ったとあるパルコでやっていた出張カキ焼きを見て、バーベキューしたい病にかかってしまっているので、そんなときにこのMIXTOURがあるとかなり便利だな~!と、凄く感じています!!

次回は、MIXTOURをTRAKTORで使ってみます!

MIXTOUR 動作環境

iOS:iOS 8以上(iPad Air / Mini 2 / iPhone5以上)
Android:Android OS 5.0以上
※一部のAndoroid端末に於いて、本製品をご利用できない場合があります。

Mixtour が利用ができないAndroid端末

  • SONY製 Xperiaシリーズ(スマートフォン/タブレット)
  • Samsung製 Galaxy S5
  • Samsung製 Galaxy S3 Mini
  • LG製 Nexus 5x
  • HUAWEI製 P8 Light

djay 2 アプリ

デジマート ⇒ RELOOP MIXTOUR for djay2


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

【関連記事】

iPadやAndroidなどのタブレットで使えるDJミックス・コントローラー Reloop MIXTOUR


DJ.デジタル楽器アドバイザー 萩尾(はぎお)
この記事を書いた人
DJ.デジタル楽器アドバイザー 萩尾(はぎお)

2001年のDMCのビデオ映像に衝撃を受け、バトルDJを志す。
その後すぐDJバトルを企画し、10年以上定期的にDJバトルをプロデュース。
現在もいろんな大会を企画しています。DJ機材に関して日々追求を続けておりますので、DJ機材に関することなら何でもご相談ください。

The NAMM Show 2020

↑ページトップ