Spectrasonics Omnisphere 2 オススメ音色はコレ!Vol.1

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

突然ですが。DAWに標準搭載されている音源を使用しているが、更にリアルな音源を使いたいと思ったことはありませんか?楽曲製作において「音色」とは非常に大事な存在。

ひとつカッコいい音色があるだけでやる気がでてきますよね、さらに頭の中でフレーズがどんどん出てきそうな気までしてくるからなんとも不思議なものです。

そんな今回ご紹介するのはまさに魔法のシンセ音源 Spectrasonics社のOmnisphere 2。

20150401_omnisphere2_l

説明不要だとは思いますが、まだご存じない方の為に、商品の詳細はこちらをご覧下さい。

さて今回から始まる

「デジタル担当 柳はコレを使いたい!」

このコーナーは、世の中に存在する膨大なソフトシンセの中から梅ロフト店・デジタル担当 柳が独断と偏見で選び、中でも特に気に入った音色をご紹介していきます。今回紹介するOmnisphere 2はなんと10000音色以上収録している為、とても一回で終わりませんので何回かに分けてお届けしていきます。

私の音色選びは、

  • 自分がもしこの膨大なかつ、時間が限られている中でイチからエディットしなくても即戦力で使えるものかどうか

を基準としました。

 

記念すべき第一回目は「アルペジエーター&リズム」です。

 

Tempo Shaped Derkness

EDMではめるだけでもう即戦力。コード弾きも、きちんと対応してくれます。細かい譜割りのアルペジエーターで非常に使える音色。

 

Kinetic Prophets

PADとARPの透明感のある音色。全体を包み込み、音が立つ存在感のあるシーケンスが特徴。

 

・Nitrous Bass

まるでハードシンセを彷彿とさせる音の太さ。ボトムがしっかりしてるのでベースシーケンスには最適。

 

・Raving Lunatic

ダッチ・トランスに最適な音色。

 

Smoked Synth Bass Groove3

リズミカルで躍動感のあるフレーズで間を埋めてくれるので、空間が物足りない時に役立つ音色。

さて、いかがだったでしょうか?最近のDAWの標準音源は付属音源もかなり充実してきましたが、ハードシンセさながらの音の太さ、存在感はピカイチです!

ご検討されているお客様は梅田ロフト店 柳までお気軽にお問い合わせください。

この商品はオンラインストアでも絶賛発売中です!

梅田店 販売価格

ただいま限定でセール実施中

Omnisphere2 (USB版)
通常販売価格:(税抜)¥56,000 (税込 ¥60,480)
限定販売価格:(税抜)¥39,167 (税込 ¥42,300)
JANコード:4533940071190


この商品をオンラインストアで購入する


Spectrasonics Omnisphere2 (USB版)
(税抜)¥56,000 (税込 ¥60,480)
JANコード:4533940068794


この商品をオンラインストアで購入する

それでは、Spectrasonics  Omnisphere 2 オススメ音色はコレ!Vol.2もご期待ください。

Spectrasonics Omnisphere 2 オススメ音色はコレ!Vol.2


梅田ロフト店デジタル担当 柳(やなぎ)
この記事を書いた人
梅田ロフト店デジタル担当 柳(やなぎ)
好きなジャンルはエレクトロやJ-POP。曲作りに関する事、録音機材やシンセサイザー、各種ソフト音源やプラグインエフェクトでわからない事があればレクチャー致します!さらにガイド本では分からないテクニックやノウハウ等もアドバイスさせて頂きますのでお気軽にお聞きください!
梅田ロフト店
梅田ロフト店

大阪府大阪市北区茶屋町16-7 梅田ロフト8F

電話番号:06-6292-7905

営業時間:10:30~21:00

HP:http://www.shimamura.co.jp/umeda/

「digiland-shop-umeda」タグの関連記事

「ソフトシンセ」タグの関連記事

↑ページトップ