Arturia SQ-80V | Ensoniq SQ-80を現代に蘇らせたクロスウェイヴ・ソフトシンセ

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Arturia ( アートリア )が、80年代にリリースされたデジタル/ アナログシンセワークステーション「Ensoniq SQ-80」のリプロダクト・ソフトシンセ「SQ80 V」を発表しました。本製品はソフトウエアです

オリジナルであるEnsoniq社の SQ-80は1987年にリリースされた「ESQ-1」の改良版という位置づけで、5つのドラムキットを含む追加波形、拡張シーケンサーが追加され、パッチとシーケンスをロードセーブするためのフロッピーディスクドライブ(FDD)が搭載されていました。

Ensoniq SQ-80

Arturiaのソフトシンセ版「SQ-80V」のグラフィックでもFDDがちらっと顔を見せていますね。

SQ-80VはEnsoniqのクラシックな80年代のクロスウェーブシンセサイザーを忠実に再現しただけでなく、アルペジエーター、16ポリ、ユニゾンモード、Mod Filter、ディスパーションモード、そしてMPE対応等々、無数の新機能が搭載されています。

詳細は後日追記いたします。

発売日

未定

販売価格

未定

DTM新製品一覧は ⇒ こちら

「ソフトシンセ」タグの関連記事

↑ページトップ

BLACK FRIDAY