Technics SL-1200MK7 | 新たなDJ用スタンダードターンテーブル

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Technics ( テクニクス )がダイレクトドライブターンテーブルの銘器「SL-1200」の操作感を踏襲し、高音質を追求した最新のアナログターンテーブル「SL-1200MK7」をThe NAMM Show 2019で発表しています。※欧州向けモデルのモデルNoは「SL-1210MK7」となります。

世界標準のDJターンテーブルとして君臨するのでしょうか?

The NAMM Show 2019会場にて

SL-1200シリーズの中核をなすのはダイレクトドライブモーター(DD Motor)です。比類のない正確さを提供することに加えて、1970年に導入されたDD Motor技術はその優れた耐久性で長期使用のための信頼性を提供しました。SL-1200MK7でさらに進化し、コアレスダイレクトドライブモーターとしてさらに高音質を実現しました。

SL-1200MK7にはテクニクスの伝統を継承するスタティックバランスS字型トーンアームが付属。トーンアームは、レコードディスクを追跡しながら独自の弧を描きながら動き、忠実に音楽を再生します。軸受部は高精度な軸受構造を採用。トーンアームは、引っかき傷などの激しい使用下でもスタイラスをスキップすることなく高いトラッキング性能を提供します。

各インシュレータフットは内部スプリングとゴムで構成され、底面はクッション材で覆われています。大音量の環境でも効果的に振動を遮断します。ターンテーブルを完全に水平な面に設置できない場合は、個々のインシュレータの足を回して高さと傾斜を調整できます。

SL-1200のピッチコントロールは、本来回転速度の正確な調整に利用されていました。クラブDJはスムーズな移行を達成するために2トラック間のピッチを合わせるためにこの機能を使い始めました。この技術はSL-1200の爆発的な人気を世界中にもたらし、現在の垂直フェーダーはSL-1200MK2に最初にインストールされました。MK7は、フルデジタル制御を新たに取り入れ、正確で安定した調整を±8/16%の範囲内で可能にしました。

SL-1200MK7は、赤または青で点灯するように設定できるLEDストロボが付属しています。

発売日

未定

販売価格

未定

DJ新製品一覧は ⇒ こちら

「djvj」タグの関連記事

↑ページトップ