ARTURIA Pigments | ウェーブテーブル+ヴァーチャルアナログソフトシンセ

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Arturia ( アートリア )がウェーブテーブルとヴァーチャルアナログのハイブリッドソフトシンセ「Pigments」を発表しました。

「Pigments」は、創立以来20年間、数々のビンテージシンセサイザーのエミュレーションソフトシンセを開発・発売してきたフランスのArturiaが開発した、同社初のオリジナルソフトシンセです。Pigmentsは非常にパワフルなアーキテクチャーと超高速ワークフローにより、これまでにないサウンドを作り出すことができ、複雑なモジュレーションも簡単で素早く、楽しく設定することができます。

なお、Arturia社の登録ユーザーは、2019年1月10日まで、Pigmentsを無料で体験できます。

非常に明快なUIが特徴。

特長

  • ピッチ・モジュレーションをスケール(音階)でクォンタイズし、複雑なメロディ感のあるシーケンスを作成可能
  • 連続可変でモジュレーション可能なユニゾン機能、クラシックとコードの2 モードを搭載
  • ウェーブテーブル・オシレーターに多彩な波形加工機能を搭載し、エリアシングのコントロールも可能
  • 一般的なモジュレーション・ソースに加え、ターニングやバイナリ・ランダムジェネレーターなど特殊なソースも内蔵
  • モジュレーターでゲート/リトリガーが使用でき、特殊なリズムシーケンスや、無入力でも自己発音するパッチを作成可能
  • ランダムネス機能を活用したポリリズム的なシーケンスでも、スケール設定によりより音楽的なシーケンスが作成可能

動作環境

  • Windows:Windows 7 以降(64 ビット)、4GB RAM、2.5GHz CPU、1GB 以上のハードディスク・スペース、OpenGL 2.0 対応GPU
  • Mac OS X:10.10 以降、4GB RAM、2.5GHz CPU、1GB 以上のハードディスク・スペース、OpenGL 2.0 対応GPU
  • 対応プラグインフォーマット:スタンドアローン、VST 2.4、VST 3、AAX、Audio Unit


発売日

2019年4月21日(日)

販売価格

(税抜)¥14,800 (税込 ¥15,984)
JANコード:4959112193222


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

DTM新製品一覧は ⇒ こちら

「synthesizer」タグの関連記事

↑ページトップ