AKAI EWI4000s 追加音源版 発表!

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

AKAI Professional ( アカイ・プロフェッショナル ) より、ウインド・シンセサイザーの代名詞とも言えるEWI シリーズの最新モデル「EWI4000s追加音源版」が発売されます。

「EWI4000s」は、管楽器のように息を吹き込むことによって、サックスやクラリネットなど管楽器特有の演奏を可能にした電子楽器です。

「EWI4000s」は、EWIシリーズ初の音源内蔵モデルとして2006年に発売され、その後、国内オリジナルモデル「EWI4000sw」が発売されるなど、その手軽さから依然として高い人気を誇ります。

今回発売される「EWI4000s 追加音源版」は、「EWI4000sw」に追加された宮崎隆睦氏やカラフルの13音色に加え、さらに、7音色を新たに採用。基本性能はそのまま継承し、カラーリングがブラック&シルバーに変更されました。

リコーダと同じ指使いで演奏が可能なためこれから楽器を始めたい方にもおすすめです。また、トランペットやサックス、フルートやオーボエのなど運指モードも搭載していますので、管楽器経験者にも慣れた指使いですぐに演奏できます。

主な特徴

  • サキソフォンやクラリネット等の木管楽器とほぼ同様な操作で演奏可能
  • マウスピースを噛む強さや吹く息の強さに応じて反応する特殊センサーにより、 音程、音質、音量の微妙なコントロールが可能
  • ピッチ・ベンドやグライド効果を簡単に得られるタッチ・プレートや 8 オクターブの音域に渡ってシフト可能なオクターブ・ローラーを装備
  • タッチ・センス・キーにより、メカニカルなキーでは実現できないような素早い演奏が可能
  • リバーブやディレイなどのエフェクトを内蔵
  • 電池(単三× 4 本)で動作可能
  • 本体のみで音色変更や音量調整、エフェクトレベルの調整可能
  • MIDI OUT 端子に外部 MIDI 音源モジュールを接続することで、MIDI コントローラーとして使用可能
  • 音色エディットソフト「Vyzex EWI4000s」同梱:本体のプリセット音色を好みの音色に編集可能
  • ヘッドホン端子装備

※ MIDIインターフェースが必要です。

発売日

2018年3月5日(月)

販売価格

(税抜)¥55,371 (税込 ¥59,800)
JANコード:0825213002203


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

電子管楽器ポータルサイトはこちら 》

「synthesizer」タグの関連記事

↑ページトップ