YAMAHA STAGEPAS 400BT / 600BT 発表!Bluetoothオーディオ再生機能付きオールインワンPAシステム

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

YAMAHA(ヤマハ)がコンパクトながら高出力・高音質なオールインワンPAシステム「STAGEPAS 400BT」「STAGEPAS 600BT」を発表しました。

「STAGEPAS 400BT」「STAGEPAS 600BT」は新たにBluetoothワイヤレスオーディオ再生機能を搭載ポータブルPAシステム。2012年12月発売の「STAGEPAS 400i/600i」の後継モデルとなります。

STAGEPASシリーズは小規模イベント・ライブや講演会・ミニステージで活躍するオールインワンPAシステムとして大ベストセラーの製品ですが、本モデルは新たにBluetoothワイヤレスオーディオ再生機能を搭載し、演奏中やイベント会場での自由度が飛躍的に向上しています。もちろん高品位デジタルリバーブ、フィードバックサプレッサー、マスターイコライザーなど、ライブやイベントで便利な機能が充実しています。

持ち運びしやすく、セットアップも簡単なオールインワンシステム

『STAGEPAS 400BT』『STAGEPAS 600BT』は、着脱式のパワードミキサーと2本のスピーカー、スピーカーケーブルのセットから成るポータブルなオールインワンシステム。

片側のスピーカーにはミキサー、もう一方のスピーカーにはスピーカーケーブルやマイク、小物などをそれぞれコンパクトにまとめて収納可能で、簡単に持ち運びできます。

BGM再生などに便利な Bluetooth ワイヤレスオーディオ再生対応

イメージ

新たに Bluetooth接続に対応することで、スマートフォンやタブレット、PC内の音楽をワイヤレスで手軽に『STAGEPAS 400BT』『STAGEPAS 600BT』で再生することが可能となりました。演奏中の伴奏やイベントの BGM をミキサーから離れた場所でも操作できるなど、パフォーマンスの自由度が飛躍的に向上します。

高効率パワーアンプとスピーカー、高性能 DSP 採用で高出力・高音質・高い信頼性

高効率パワーアンプを採用することで『STAGEPAS 400BT』は 200W+200W の計 400W、『STAGEPAS 600BT』は 340W+340W の計 680W の大出力を誇ります。

2Wayスピーカーには、音響性能に優れたコンポーネントを採用し、表現力に優れた明瞭度の高いサウンドを実現。最新鋭のDSPにより、緻密な音質チューニングだけでなく、高度なリミッティングやプロテクションも可能。

エフェクトも充実

『STAGEPAS 400BT』『STAGEPAS 600BT』には、「SPX シリーズ」の高品位なデジタルリバーブを搭載。4種類のリバーブを内蔵し、リバーブタイムの調整も可能。フットスイッチ(別売)を接続し、足元でリバーブのオン/オフが可能なのでソロパフォーマンスにも最適です。

ハウリングをワンボタンで除去する「フィードバックサプレッサー」やノブを回すだけで最適な音質補正を行うマスターイコライザー「1-Knob Master EQ」も搭載。PAを扱ったことがない人初心者にも安心設計となっています。

充実したチャンネル数と拡張性

『STAGEPAS 400BT』は 4系統マイク/ライン入力と4系統ライン入力の合計8インプットを装備、『STAGEPAS 600BT』は 4系統マイク/ライン入力と6系統ライン入力の合計10インプットに対応。

CH1/2 にはファンタム電源の供給が可能で、コンデンサーマイクやダイレクトボックスを接続することができます。また、CH3、CH4 の端子には XLR またはフォーンプラグのどちらでも接続できるコンボジャックを採用。CH4 は Hi-Z 接続に対応しているため、エレキギターやエレキベースを直接接続することもできます。さらに、RCA ピンやステレオミニの端子も備えており、さまざまな機器の接続に柔軟に対応します。

各チャンネルには、シンプルで使いやすい 3 バンドEQ(『STAGEPAS 400BT』は2バンド)を搭載しており、4系統のマイク/ライン入力チャンネルにはそれぞれのチャネルごとにリバーブのかかり具合を設定可能。各種ノブはより視認性の高いデザインに変更され暗いステージ袖での操作性を向上しています。

パワードスピーカー「DBR シリーズ」などを接続できるメインスピーカーの拡張やモニターシステムの構築が可能なモニターアウト端子、パワードサブウーファー「DXS シリーズ」が接続可能なサブウーファー端子も搭載。用途に応じたシステムの拡張が可能です。

主要規格 STAGEPAS 600BT  STAGEPAS 400BT
システムタイプ  パワードミキサー+パッシブスピーカー ×2
最大出力音圧/スピーカー(実測値ピーク) IEC ノイズ@1m 129 dB SPL 125 dB SPL
再生周波数帯域(-10 dB) 55 Hz – 20 kHz
消費電力 35 W(Idle)、100 W(1/8 出力) 30 W (Idle)、70 W (1/8 出力)
電源電圧 100 V – 240 V、50 Hz/60 Hz
寸法 (W×H×D) スピーカー 335×545×319 mm スピーカー 289×472×275 mm
ミキサー 348×197×135 mm ミキサー 308×180×116 mm
質量 25.6 kg 18.3 kg
(スピーカー 10.9 kg ×2 (スピーカー 7.7 kg ×2
+ ミキサー 3.8 kg) + ミキサー 2.9 kg)
パワードミキサー部
ミキシングチャンネル数 10 8
アナログ入力 4 モノ マイク/ライン+ 4 モノ マイク/ライン+
6 モノ/3 ステレオ ライン 4 モノ/2 ステレオ ライン
Bluetooth 接続 バージョン: Bluetooth Ver4.1
対応プロファイル: A2DP v1.2
対応コーデック: SBC、AAC
対応コンテンツ保護: SCMS-T 方式によるコンテンツ保護に対応
無線出力: Bluetooth class2
最大通信距離: 10m
送信周波数範囲: 2402 – 2480MHz
無線最大出力電力: 4dBm
CH イコライザー 3 バンド 2 バンド
HIGH シェルビング: 8 kHz HIGH シェルビング: 8 kHz
MID ピーキング: 2.5 kHz LOW シェルビング: 100 Hz
LOW シェルビング: 100 Hz
CH 機能 Hi-Z スイッチ: CH4、 Hi-Z スイッチ: CH4、
ST/MONO スイッチ: CH5/6-9/10 ST/MONO スイッチ: CH5/6-7/8
内蔵デジタルエフェクター SPX デジタルリバーブ (4 プログラム、パラメーターコントロール)
内蔵プロセッサー フィードバックサプレッサー, 1-Knob Master EQ™
ファンタム電源 !+30V (CH1, 2)
出力 SPEAKERS OUT(L, R)、MONITOR OUT(L/MONO, R)、
SUBWOOFER OUT(MONO) with auto HPF
外部コントロール リバーブフットスイッチ
最大出力 340W+340W(ダイナミック) 200W+200W(ダイナミック)
280W+280W(連続) 180W+180W(連続)
スピーカー部
形式 2 ウェイ バスレフ型
コンポーネント LF: 10”(25cm) コーン LF: 8”(20cm) コーン
HF: 1.4”(3.56cm) コンプレッションドライバー HF: 1”(2.54cm) コンプレッションドライバー
公称指向角度(水平×垂直)  90°×60°
モニター角度 50°
ハンドル 天面×1
ポールマウントソケット  34.8-35.2 mm(スピーカースタンドロック機構StageLok™装備)
アクセサリー
付属品 電源コード(2m)×1、スピーカーケーブル(フォーン-フォーン、6m)×2、
滑り止めパッド×12、フェライトコア×2、結束バンド×2
別売アクセサリー BMS10A(マイクスタンドアダプタ、ミキサー取り付け用)、
FC5(フットスイッチ、リバーブON/OFF 用)

発売日

2018年2月22日(木)

販売価格

「STAGEPAS 400BT」

(税抜)¥69,750 (税込 ¥75,330)
JANコード:4957812624565


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

「STAGEPAS 600BT」

(税抜)¥99,000 (税込 ¥106,920)
JANコード:4957812624640


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

「pa-2」タグの関連記事

Namm Show 2018

↑ページトップ