伝説のシンセ & キーボードを現代に蘇らせたソフトシンセ・バンドルパッケージ Arturia V Collection 6

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

※上図はイメージです

Arturia(アートリア)社が21種類のレジェンドシンセ・キーボードを現代に蘇らせたソフトシンセ・バンドルパッケージ「V Collection 6」を発表しました。

V Collection 6では今回は新たに「Buchla Easel V」「DX7 V」「CMI V」「Clavinet V」の4種類の歴代の銘機が加わり、バージョンアップされた「Piano V 2」「Analog Lab 3」「Solina V」「Vox Continental V」「Wurli V」をはじめ、合計で21種類のシンセ・キーボード、オルガン、サンプラー等が収録されたバンドルパッケージとなっています。まずは無料のデモ版で試してみてはいかがでしょう?(各リンク先でリクエストを送るとダウンロード可能です)

Buchla Easel V

Don Buchla氏が創立したBuchla社が1973年にリリースした伝説のアナログセミモジュラーシンセがソフトシンセで復刻。

主な特徴

  • Buchla Music Easelを完全に復刻
  • コンプレックス・モジュレーション・オシレーター、デュアルローパスゲート、出力セクションにはスプリングリバーブモデリング搭載
  • モジュレーションソースを一新 : 5-ステップ・シーケンサーエンベロープ・ジェネレーター、パルサー
  • セミモジュラー、カラーコードケーブルでパッチング可能
  • 拡張機能、同期可能なパルスとクロック、オシレータークオンタイゼイション
  • モジュレーションソースを使ってマルチポイントエンベロープとLFOを作成、ランダマイズ・スムージング可能なモジュレーション
  • ステップシーケンサーモジュール
  • XYモジュレーションソース(惑星とワームホールデザインのUI)
  • 10種類のエフェクト(Phaser, Flanger, Chorus, Overdrive, Delay・・等)
  • 最大4音ポリ
  • 256 ファクトリープリセット

デモ版はこちら

DX7 V

FM音源で一世を風靡したヤマハDX-7を復刻。FM合成方式で、オリジナルDX-7の32アルゴリズムをはじめオリジナルのパラメーターと完全互換。オリジナルDX-7のSysExまでインポート可能。UIの動作も滑らかで非常にわかりやすい仕様となっています。

主な特徴

  • オリジナルDX-7の32アルゴリズム搭載
  • オリジナルDX-7の全パラメーターを搭載
  • オリジナルDX-7のSysExまでインポート可能。
  • オシレーターごとに25のウェーブフォームを搭載
  • 6オペレーター (オシレーターごとにマルチモードフィルター/フィードバック搭載)
  • オシレーター毎に、DX7、DADSR、マルチセグメント表示可能なエンベロープ(同期、ループ対応)搭載
  • 2 モジュレーションエンベロープ
  • 4アサイナブルマクロ
  • アドバンスドモジュレーションマトリックス
  • ステップシーケンサー、2LFO(6ウェーブフォーム)、アルペジエーター
  • パラレル/シリアルでルーティング可能な4つのFXスロット
  • オシロスコープ
  • ビンテージ/モダンの切替可能なDACモード
  • 32音ポリ
  • 4ボイスユニゾン(ユニゾンデチューン可能)
  • 436ファクトリープリセット

デモ版はこちら

CMI V

1980年に登場したデジタルサンプリング先駆けてきなワークステーション「フェアライトCMI」に新たな機能を加えて完全復刻。アート・オブ・ノイズのあのサウンドはもちろんのこと、異次元のサウンドを生み出すことができます。トレバー・ホーンのオケヒットももちろん収録!

主な特徴

  • MIDIキーボードで演奏できるソフトシンセ
  • オリジナルのCMIライブラリの600プリセットを搭載
  • 360のArturiaオリジナル新プリセットを搭載
  • トラック毎10音ポリ、最大32トラック
  • アナログフィルターを完全再現
  • サンプリングとアディティブシンセシスを忠実に再現
  • 可変ビットデプス/サンプルレート
  • Spectral synthesisモードを搭載
  • オリジナル「page-R」にインスアヤされた32ステップシーケンサー
  • トラック毎に24のモジュレーションソースを設定可能
  • 高品位なエフェクトHigh-quality output effects
  • VST、VST3、AU、AAX、スタンドアロンで動作

デモ版はこちら

Clavinet V

おなじみHorner Clavinet をアドバンスドフィジカルモデリング方式で再現したモデル。

主な特徴

  • アドバンスドフィジカルモデリング方式
  • Hohner Clavinet
    • ミュートバー
    • ノイズまで忠実に再現したピックアップモデリング(ローワー&アッパーの4つのピックアップを組み合わせ)
    • 4バンドの回路モデリング(ブリリアント、トレブル、ミディアム、ソフト)
    • ボリュームコントロール
  • Fender ツインアンプブ
    • スプリング・リバーブモデリング
    • On/off アクシスマイクセッティング
    • トーンコントロール
    • モノビブラート
    • ポスト出力回路のエフェクト
  • エフェクトは自由に接続可能
    • Wah, auto-wah
    • Flanger
    • Phaser
    • Compressor
    • Chorus
    • Analog Delay
    • Overdrive
    • Vocal Filter
  • 各種モデリングをエディット可能なアドバンスモード搭載
    • Harmonic profile selections
    • Velocity curve editor
    • String resonance
    • Release time
    • Tuning
    • Key release noise
    • Dynamics
    • Hammer hardness
    • Hammer noise
    • Pickup noise
  • 74 ファクトリープリセット
  • 容易なMIDIマッピング

デモ版はこちら

V Collection 6の主な特徴

  • 21種類のプラグインインストゥルメントを収録:
    • Analog Lab, Clavinet V, CMI V, DX7 V, Buchla Easel V, Synclavier V, B-3 V, Mini V, Piano V, Stage-73 V, Matrix-12 V, Farfisa V, Solina V, SEM V, Wurli V, Jup-8 V, ARP 2600 V, CS-80 V, Prophet V, VOX Continental V, Modular V
  • 各バーチャル・インストゥルメントともスタンドアローン動作、または VST、AU、AAX の各プラグイン・フォーマットで動作可能
  • 大型ディスプレイ対応の高分解能グラフィック・インターフェイス
  • ハイクオリティーな6000サウンドプリセットを収録
  • 簡単操作の MIDI マッピング機能であらゆるキーボード・コントローラーを使用可能
  •  ARTURIA 独自の TAE®テクノロジーで各インストゥルメントのサウンドや挙動をオリジナル通りに再現
  • 日本語マニュアル付き

動作環境

  • Windows
    • Win 7以上
    • メモリ:4 GB
    • CPU:2 GHz 以上
    • HD:12GB以上の空きスペース
    • OpenGL 2.0 compatible GPU
  • Mac
    • OS:10.10以上
    • メモリ:4 GB
    • CPU:2 GHz 以上
    • HD:12GB以上の空きスペース
    • OpenGL 2.0 compatible GPU
  • スタンドアロン、VST 2.4 (64-bit)、 VST 3 (64-bit)、 AAX (64 bits : PT 11)、 Audio Unit (64-bit)、NKS。

発売日

近日公開

販売価格

近日公開

「ソフトシンセ」タグの関連記事

↑ページトップ