カメラユーザーのための6トラックリニアPCMレコーダー TASCAM DR-701D

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

dr-701d_p_user

TEAC(ティアック)がTASCAMブランドより、HDMIコネクターを搭載し、カメラとの同期を実現するステレオ内蔵マイクと4つのXLR入力で思い通りのセッティングが可能なカメラユーザーのためのオーディオレコーダー「DR-701D」を発売します。

InterBEE 2015にて
interbee2015_06

DR-701DはDSLR(デジタル一眼レフカメラ)やビデオカメラでの動画撮影時に使用することで、動画の音声をより高音質にすることが可能な6トラックリニアPCMレコーダーです。

dr-701d_p_rear

HDMIコネクター搭載で映像とクロック同期、録音開始/停止動作の同期が可能。タイムコード入力対応で録音ファイルに時間情報を記録することができます。マグネシウム合金を採用した軽量かつ堅牢な筐体は、カメラの上下どちらにも取り付けることができ、ステレオ内蔵マイクと4つのXLR入力で思い通りのセッティングが可能なカメラユーザーのためのオーディオレコーダーです。複数台によるカスケード動作によりトラックの拡張も可能です。

動画撮影に特化した『DR-701D』は、映画やドキュメンタリー制作、テレビ収録など幅広い現場において多くのカメラと組み合わせてお使いいただける高音質6トラックレコーダーです。

dr-701d_p_right

dr-701d_p_left

6トラック(4トラック+2ミックス)の録音が可能

dr-701d_w_4ch2mix

4入力2出力のミキサー機能を搭載し、4トラックとその2ミックスの合計6トラックを同時録音することが可能です。ミキサー機能ではPANとレベルが調整できるほか、マイク間の距離補正ができるディレイを搭載しています。加えて、MSデコード機能も搭載していますので、MSステレオマイクの使用も可能です。

HDMI接続による多彩な同期機能

デジタルクロック同期により画と音のズレを解消

dr-701d_w_hdmi_sync_6123

HDMI入出力を搭載し、カメラと『DR-701D』のクロックをデジタル同期することが可能です。長時間にわたる撮影でも、カメラで収録した映像と『DR-701D』で収録された音声ファイルの時間軸上のズレを解消することができます。

カメラとの録音開始/停止動作の同期が可能

HDMI接続でカメラとの録画開始/停止の動作も同期が可能で、カメラの録音開始ボタンを押すだけで『DR-701D』の録音も連動して開始することができます。録り逃しを防ぎ、スムーズなオペレーションを実現します。※接続するカメラの仕様によって対応しない場合があります。

複数台の『DR-701D』のカスケード動作が可能

dr-701d_w_hdmi_sync_6030

HDMIで複数台を接続し、マスターの『DR-701D』に追従してスレーブ機の録音開始/停止の動作を一括で操作可能。音声もHDMI接続で出力が可能なため、ヘッドホンを差し替えることなく末端のスレーブ機でモニター選択が可能です。

タイムコード入力に対応、録音ファイルに時間情報を記録可能

dr-701d_w_timecord-in

外部からのタイムコード入力に対応し、『DR-701D』で録音されるファイルに時間情報を正確に記録することが可能です。接続するカメラに合わせ、HDMI端子でのタイムコード入力、もしくは業務用機材では定番のBNCコネクターでの入力が可能です。また、本体にタイムコードジェネレーターも内蔵しているため、外部からのタイムコード入力が無い場合でも任意の時間情報をファイルに記録することが可能です。

筐体素材にマグネシウム合金を採用、軽量かつ堅牢な設計

dr-701d_w_camera_top_rear_6174 dr-701d_w_magnesium_body_6196

本体は剛性の高いマグネシウム合金で構成され、軽量ながらも堅牢な造りを実現しています。豊富な入力端子を備えつつ、カメラサポートシステム、スタビライザーへの取り付け時でも、機動性の高さを追求しました。また、本体底面には受け側の三脚用ネジ穴を配置し、本体上面には取り外し可能なカメラ取り付け用スクリューとシューマウントを備えています。三脚とカメラの間に設置したり、カメラ本体の上にシューマウントで取り付けたりと、取り回しの良い設置方法を選択できます。

※『DR-701D』をカメラ上部に装着するには、AK-DR70C(別売)のシューマウントアダプターが必要です。

高音質HDDA(High Definition Discrete Architecture)マイクプリアンプ搭載

dr-701d_w_micpre

マイク入力音声を受け増幅するマイクプリアンプは、録音される音声の音質に対して大きな影響力を持ちます。『DR-701D』では、入念なパーツセレクトを実施したTASCAMのHDDAマイクプリアンプを搭載。音質に大きな影響を与えるオペアンプには、前身となるDR-70Dよりもグレードが高く、より低ノイズのTexas Instruments社製OPA1652を選択するなど、こだわった部品によって構成されるディスクリート構成の差動マイクアンプ回路で、等価入力雑音は-124dBu以下を誇ります。

logo_w_hdda

アナログ信号をデジタル化するADコンバーターも、リニアPCM録音専用機DRシリーズ上位モデルと同等の旭化成社製デバイスを搭載。高音質HDDA回路で増幅された音声を忠実にデジタル化します。6トラック録音時は96kHz/24bit、2トラック録音時は192kHz/24bitまで対応しています。

4つのXLR/TRSコンボジャックを搭載、幅広いセッティングが可能

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4つのXLR/TRSインプットを搭載。それぞれ独立した入力レベル調整が可能で、アンビエンスと話者ごとのマイク、2本のガンマイクとステレオマイクといった運用を可能にする4チャンネル仕様となっています。1,2チャンネルは3.5㎜ステレオインプットと、3,4チャンネルは内蔵マイクと選択が可能なため、より幅広いマイクセッティングが可能です。

マルチバンドリミッター、5段階のローカットフィルターを搭載

過大入力を自動的に調整するリミッター機能を4つの各入力に搭載。マルチバンドリミッターを採用し、過大入力があった周波数帯に絞ってリミッターが働くため、より自然な音質を実現しています。また、ローカットフィルターは5段階の調整が可能で、風切り音などの不要な低音をカットすることができます。

ステレオ内蔵マイクを搭載し、外部マイクと組み合わせた録音が可能

dr-701d_w_gunmic_6120

コンデンサーマイクを2つ搭載し、本体のみでも手軽に自然なステレオ音像が収録可能です。小型のガンマイクと合わせて、インタビューでの話者の音声と周囲の音を同時に録音するなどといった運用でも、コンパクトなセッティングで収録できます。

高精度のクロックジェネレーターを搭載

デジタル信号のクオリティを左右する内蔵クロックジェネレーターには、TASCAMの業務用スタジオ機器にも採用されている高精度TCXO(温度補償型水晶発振器)を搭載。加えてディスクリートループフィルタによるPLL(位相同期回路)を採用することで低ジッターを実現し、高音質を支えています。

DSLRカメラでの動画撮影に特化した仕様群

『DR-701D』とカメラでの同時録音を可能にする CAMERA OUT ( OUT)端子

dr-701d_w_camera-inout

ミキシング後の音声をDSLRカメラやビデオカメラに出力する専用端子を装備。『DR-701D』とカメラに同じ音声を録音することが可能です。カメラメーカーによって入力レベルが異なること、またカメラ側の音量に関する調整項目が少ないことを考慮し、出力ボリュームを調節できるようになっています。

カメラ本体での収録音をモニターできる CAMERA IN ( IN)端子

CAMERA OUT ( OUT)端子に加えて、DSLRカメラの音声モニターを可能にする CAMERA IN ( IN)端子も装備。『DR-701D』のモニターセレクト機能をあわせて使用することで、『DR-701D』だけでなくDSLRカメラの音声も効率的にモニタリングすることができます。

動画ファイルとの位置あわせを容易にする多彩なスレートトーンジェネレーター

位置合わせにおいて基準となるスレートトーンを発音することができるジェネレーターを内蔵。録音開始または開始・終了時に自動で発音できるほか、SLATEボタンを使用して任意の位置でスレートトーンを発音することも可能です。

ビデオカメラ用マイクが接続可能なステレオミニジャックマイク入力端子(EXT IN 1/2)

dr-701d_w_stereo_mini_mic dr-701d_w_extin12

入力端子のうち3.5㎜ステレオミニジャックのEXT IN 1/2入力端子は、ステレオミニジャック出力のビデオカメラ用マイクが接続可能な仕様となっています。入力端子1-2にはアンビエンス用のビデオカメラマイクを接続し、入力端子3-4にはXLR接続のショットガンマイクを接続するといったセッティングができます。プラグインパワーの供給も可能です。

誤作動を防ぎ、作業効率を追及した高い操作性

dr-701d_w_display_5998

ゲイン調整の4つのノブをはじめ、フロントパネルの操作子は誤操作防止のためHOLDスイッチで不意な操作を無効にすることが可能です。また、操作面の保護とショルダーストラップの取り付け機能を兼ねたハンドルを左右に配置し、誤操作を防ぐ様々な工夫が施されています。また、ゲイン調整ノブは少し触れただけでは動きにくいトルクの重いパーツを採用し、直射日光下でも視認性の高いLCD画面やLEDを採用するなど、細部にわたり使いやすさを追求しています。

スタンドアロンのフィールドレコーダーとしての使用が可能

dr-701d_w_shoulder_5991

4chの入力を備えた6トラックのフィールドレコーダーとしてもお使い頂けます。フロントパネル両側に取り付けられた赤いハンドル部分はストラップを装着することも可能で、首や肩から下げた状態でも操作性はそのままに高い機動力を発揮します。

USBモバイルバッテリーからの電源供給が可能

単三形電池4本での駆動に加え、Micro-B USB端子を搭載しモバイルバッテリーからの電源供給に対応しさらなる長時間の動作が可能です。TASCAM製外部バッテリーパックBP-6AAにも対応しています。

異なるレベルで2系統の同時録音を行うことができるデュアル録音機能

不意な過大入力でクリッピングしてしまった場合でも、レベルの異なる録音を同時に行うことでバックアップファイルを作成することができます。

機能一覧

  • 記録メディアに汎用性が高く扱いやすいSD/SDHC/SDXCカードを採用
  • 最大同時録音トラック数:6トラック
  • 録音モード:MONO, STEREO,2MIX,DUAL MONO, DUAL ST, DUAL 2MIX
  • 録音フォーマット:16/24bit、44.1/48/96/192kHz (WAV/BWF) *192kHzは2トラック録音時のみ
  • 高音質HDDAマイクプリアンプ搭載
  • それぞれ独立した入力レベル調整が可能
  • +4dBuラインレベル/ファントム電源(24/48V)対応XLR/TRSインプット
  • HDMI IN端子でカメラとクロック同期、録音開始/停止動作の同期が可能
  • HDMI OUT端子で『DR-701D』の音声信号を外部レコーダーに出力可能
  • HDMI接続で複数台の『DR-701D』のトランスポート、モニター操作が可能なカスケード機能
  • HDMI接続、もしくはTC IN端子(BNC)からタイムコードを入力し録音開始時間をファイルに記録可能
  • タイムコードジェネレーター(RTC)を搭載、タイムコード入力が無い場合でも録音開始時間をファイルに記録可能
  • プラグインパワーマイク、高出力マイク対応(EXT IN 1/2)
  • DSLRカメラに『DR-701D』でミックスされた音声を出力できる CAMERA OUT ( OUT)端子
  • DSLRカメラの音声を『DR-701D』経由でモニターできる CAMERA IN ( IN)端子
  • ヘッドホン端子とは独立したライン出力端子により高音質出力
  • 最大出力50mW + 50mWのヘッドホン端子
  • 三脚取り付け穴(底面)とコインで着脱可能なカメラ設置用スクリューアタッチメント(天面)、シューマウント(天面)を装備
  • 操作面の保護とショルダーベルト取り付け機能を兼ね備えたハンドルを前面左右に装備
  • トランスポートボタン、SLATEボタンには操作時に音が出にくいラバーボタンを採用
  • 誤操作を防止するHOLDスイッチを装備
  • 128×64ドットのバックライト付グラフィックLCD
  • 日光下でも視認性の高いLEDライト
  • USB 2.0によりファイルをパソコンへ高速転送可能
  • Micro-Bタイプ USBケーブル付属
  • 単三形電池4本またはUSBバスパワー、別売のACアダプター(PS-P515U)で駆動
  • 別売り外部バッテリーパックBP-6AAによりさらなる長時間の動作が可能
  • 別売オプション フットスイッチRC-3F、ワイヤードリモコンRC-10の接続が可能
  • PAN、レベル調節、ソロモニターが可能なミキサーを内蔵、4チャンネルをミックスして出力可能
  • 複数のチャンネルのレベルを同時にコントロール可能なGANG機能
  • 各チャンネルトリムの設定値を表示
  • 不要な低音をカットする5段階のローカットフィルター(50/80/120/180/220 Hz)
  • 過大入力を自動的に調整するマルチバンドリミッターを搭載(ステレオリンク可能)
  • マイク間の距離補正ができるディレイを搭載(+/-150ms)
  • M-Sステレオマイクの使用を可能にするMSデコード機能
  • スレートトーン挿入機能(AUTO/MANUAL)
  • スレートトーンの挿入位置を選択可能(録音開始時/録音開始時及び終了時、スレートAUTO機能使用時)
  • ファイル名の形式をユーザーワードまたは日付のどちらかに設定可能
  • 異なるレベルで2系統の同時録音を行うことができるデュアル録音機能(-1dB~-12dBの範囲で可変)
  • あらかじめ設定した最大ファイルサイズに達すると、新たなファイルを作成して継続録音が可能
  • 録音中に、任意の位置でファイルを更新できるトラックインクリメント機能
  • レベルメーターのピークホールド表示時間を設定可能
  • 電源OFF時の再生位置を記憶するレジューム機能
  • 1ファイルで最大99ポイント設定できるマーク機能(BWF対応ソフトウェアでマーク情報を活用可能)
  • 機器間のレベルを調整する際に便利なトーンジェネレーター機能

仕様詳細はこちら

発売日

2015年11月下旬予定

販売価格

(税抜)¥78,000 (税込 ¥84,240)

JANコード:4907034125470

「レコーダー」タグの関連記事

↑ページトップ