究極のソフトウェア音源最新作「Omnisphere 2」がまもなく登場!

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Omnisphere20

未知のシンセシスの可能性を秘めた究極のソフトウェア音源最新作「Omnisphere 2」(オムニスフィア2)がまもなく登場します。

レビューはコチラ⇒【レビュー】究極のソフトウェア音源の最新バージョン Omnisphere 2 を試してみた

開発者自ら「使い尽くすには一生かかる」と表現したOmnisphereの登場から7年。Spectrasonicsが満を持してリリースするOmnisphere 2は、誰も体験したことのない、未知のシンセシスの可能性を開きます。新しいシンセサイザー・エンジン、12,000を超えるサウンド、刷新されたインターフェイス、直感的なサウンド・ブラウジングなど、数々の新機能を搭載したOminisphere 2がまもなく発売されます。

Omnisphere4

※アップグレード版パッケージには、ダウンロード・コードが封入されており、Omnisphere 2が発売される2015年4月30日、すぐにOmnisphere 2をダウンロードして使い始めることができます。

  • アップグレード版をお使いになるには、必ずOmnispereのライセンスが必要です。
  • 2014年10月1日 ~ 2015年5月31日までにOmnispereを購入しユーザー登録された方は、Omnisphere 2に無償でアップグレード可能です。
  • 本製品はエンベロープ型パッケージとなっておりダウンロード・コード同梱、インストーラーDVDは含まれません。

 

Omnisphere 2 の特徴

新たなシンセシスの可能性

  • オーディオインポート機能の搭載:ユーザーが所有するオーディオ・ファイルを、Omnisphereのサウンドソースとして使用可能
  • 400種以上のDSPオシレーター波形を追加:前作の100倍以上!
  • ウェーブテーブル・シンセシス:各波形はウェーブテーブルとしてモーフィングさせることが可能
  • 新しいパワフルなグラニュラー・シンセシス・アルゴリズムを搭載
  • よりディープなFM/リングモジュレーションにより、アグレッシブなサウンドメイクが可能
  • 新しいフィルターを8種追加:Power Filter、Vowel Filter、Resonantor Filter
  • アナログシンセ特有の「揺れ」を再現するユニゾン・モードを搭載
  • モジュレーション機能の強化:より多くのソースで、より多くのターゲットをモジュレート可能に
  • ポリフォニックLFO、モジュレーションエンベロープ機能の追加
  • サウンドソースをリバース可能に

Omnisphere7

12,000を超えるサウンド

  • Spectrasonicsのサウンド・デザイン・チームによる、4500以上のパッチと大量のサウンドソースの追加
  • カッティング・エッジな”Spotlight EDM"を追加
  • ディエゴ・ストッコが製作したカスタム・ビルド・インストゥルメントを収録
  • グラニュラー・シンセシス用にフレーズ・ベースのサウンドソース・カテゴリを追加
  • 数百種類にもおよぶサーキット・ベンド(ゲーム機やオモチャの楽器など)のサウンドを追加
  • Spectrasonicsならではのサイコ・アコースティック・サンプルを大量に追加
  • 鍾乳洞で収録された他にはないメロディックなサウンドソースを新たに追加

Omnisphere9

新しいインターフェイス

  • 新しくデザインされた横長のインターフェイス、多くの改良
  • モジュレーションのパラメータ、状態やルーティングを常にウインドウに表示させる事が可能に
  • 常に表示可能なミニ・ブラウザ
  • より大きなフル・ブラウザ

Omnisphere2

改良されたサウンド・ブラウジング

  • Sound Match機能により「似ているサウンド」を膨大なパッチから絞り込むことが可能に
  • Sound Lock機能により、特定のパラメータ、エフェクトなどの状態を固定したまま別のサウンドをロード可能に
  • コラボレーション、サードパーティー・ライブラリ制作に最適なサウンド/プロジェクト共有機能
  • サウンド・オーガナイズシステムの改良
  • ロード前に、より快適な試聴が可能なエンジンの改良
  • 「気分」でサウンドセレクト
  • ジャンルの拡大
  • オシレーターのタイプでブラウジング
  • ブーリアン検索機能

Omnisphere14

アルペジエイターに搭載された新機能

  • ステップシーケンサーのように音階指定が可能に
  • アルペジエイターパターンをロックして、他のパッチに切り替え可能
  • Speed Offset機能により、スローダウン/スピードアップのような演出
  • アルペジエイターをモジュレーションで制御可能に

Omnisphere8

25種のラックエフェクトを追加

  • Innerspace
  • Quad Resonator
  • Thriftshop Speaker
  • Classic Twin
  • Bassman
  • Hi-Wattage
  • Rock Stack
  • Brit-Vox
  • Boutique
  • San-Z-Amp
  • Stompbox Modeler
  • Metalzone Distortion
  • Toxic Smasher
  • Foxxy Fuzz
  • Analog Phaser
  • Analog Flanger
  • Analog Chorus
  • Analog Vibrato
  • Solina Ensemble
  • Vintage Tremolo
  • Envelope Filter
  • Crying Wah
  • Stomp-Comp
  • Precision Compressor
  • Studio 2-Band EQ

Omnisphere15

エフェクト部の大幅な改良

  • パッチごとに16個のエフェクトを使用可能
  • すべてのFXスロットでマトリックス・モジュレーションが可能
  • パッチ毎に、フェーダーのプリ/ポストが選択可能な新しいAux FXセンドを装備
  • 100以上のFXプリセットと新しいラック・エフェクト
  • ブラウズ中にFXをロックする機能

さらに多くの改良、特別な機能

  • キーボード・スプリットに対応したライブモード
  • アトラクター・モードでOrbを強化
  • OmnisphereからTrilianのカスタム・コントロールを操作可能に
  • グローバル・クロック・スピード(Halftime、Doubletime、など)

Omnisphere17

Omnisphere 2の動作環境

Mac/Windows共通

  • 2.4GHz以上のプロセッサー
  • 4GB以上のRAM、8GM以上のRAMを推奨
  • インターネット接続環境(インストール/アップデート時)
  • デュアルレイヤー対応のDVD-ROM
  • 64GB以上のハードディスク空き容量

Mac

  • Mac OS X 10.8 Mountain Lion以降
  • AU(Cocoa対応)、VST 2.4以降またはRTAS/AAX対応のホスト・アプリケーション
  • OS Xの64-bitネイティブと32-bitに対応

Windows

  • VST 2.4以降、RTAS/AAX対応のホスト・アプリケーション
  • Microsoft Windows 7/Vista対応
  • Windowsの64-bitと32-bitに対応

IMG_1733

発売日

Omnisphere 2

2015年5月17日(日)

Omnisphere 2 Upgrade

2015年4月13日(月)

販売価格

Omnisphere 2 / 3OMNI2

通常版。パッケージ(インストーラーDVD-ROM x 8枚同梱 ) USBインストーラーに変わりました。詳しくはこちら:Spectrasonics社の3大ソフトウェアがUSBインストーラー版で登場

(税抜)¥56,000 (税込 ¥61,600)

JANコード:4533940066417 4533940068794


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗


Omnisphere 2 Upgrade / 3OMNI2U

アップグレード版。エンベロープ型パッケージ(ダウンロード・コード同梱、インストーラーDVDは含まれません)。

(税抜)¥27,593 (税込 ¥30,352)

JANコード:4533940065137


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

「ソフトシンセ」タグの関連記事

↑ページトップ