Rupert Neve Designs SHELFORDシリーズ EQ/コンプレッサー 5051 とマイクプリ 5052の登場

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

RND_Shelford

Rupert Neve Designs(ルパートニーヴデザイン)社のインダクターEQを搭載した特別仕様のアウトボード" SHELFORD (シェルフォード)シリーズ "2製品、Inductor EQ / Compressor「Shelford 5051」とMic Pre / Inductor EQ「Shelford 5052」が国内で受注開始いたしました。

プロフェッショナルオーディオ業界のレジェンドエンジニア、ルパート・ニーヴ氏が2005年に立ち上げた新たなブランド、Rupert Neve Design社は独自の設計哲学にこだわった製品をつくり続けています。

サウンドの鍵となっているトランスフォーマーはもちろんカスタム設計ですし、“Neve”のキャラクターも持ちながらも、より現代の音楽制作のツールとしてニーヴ氏のこだわりのある設計思想が活かされています。

1960年代後半の英国・リトルシェルフォードで、ニーヴ氏の原点ともいうべきプリアンプとEQの設計をし、そのサウンドがレコーディングに革命をもたらしました。そして現在は米国・テキサスに住むニーヴ氏は、そのときのクラシックなサウンドを現代のコンセプトで復刻させたいと考えるようになり、Rupert Neve Designs社のチームとともに高電圧で動作するSHELFORDシリーズの2製品、5051と5052としてリリースされることに至りました。彼がカスタムデザインしたトランスフォーマーはもちろん、インダクターもカスタムデザインされ、±24Vの内部電圧で動作するディスクリート回路の性能をフルに引き出しています。

なぜインダクターを採用しているのでしょう。インダクターとはコイル状に巻かれた電線であり、周波数によって電気抵抗が変化する素子です。インダクターによってサチュレーションが生じると、美しい「音楽的なハーモニクス」が発生し、スムースで輝くようなサウンドをトラックに与えてくれます。これはニーヴ氏がかつて設計したビンテージコンソールや様々な機器で用いられてきた手法であり、50年以上経った現在でも高い評価を得ています。まさにSHELFORDシリーズはビンテージな魂を持ったEQを核とした、現代的なモデルといえるのではないでしょうか。

RND_Shelford_03

SHELFORDシリーズのコンセプト

SHELFORDシリーズの心臓部はクラスA動作のディスクリート回路を±24Vでドライブさせていること。もちろんカスタムデザインされたトランスフォーマーとインダクターも忘れてはなりません。実はこのコンセプトは彼がリトルシェルフォードで設計した「80シリーズ」のチャンネルモジュール、つまり1073、1064、1081などと同じで、SHELFORDシリーズによって再び彼の「クラシック」なパワーとソウルを現代に復活したともいえるのです。

2つのモデルに共通な3バンドインダクターEQは、クラシックなチャンネルモジュールからインスパイアされています。ローバンドは“クリーミー”で低音をグッと持ち上げる1064のキャラクターを主に採用しています。1064と異なる点は、シェルフとピークのどちらのタイプでも使えるということ。ソースに合わせてパンチのある、それでいて繊細な音づくりができます。ミッドレンジは、あの1073のキャラクター。スウィートなボーカルや楽器を艶やかにさせるには欠かせないサウンドです。そしてハイバンドは、ビンテージとモダンのハイブリッド。1073が持つインダクター回路にキャパシターによるEQをブレンドさせています。

RND_Shelford_02

SHELFORD 5051の主な特長と仕様

SHELFORD 5051はニーヴ氏がかつて設計した最も素晴らしいクラシックなEQに、彼の最も新たな設計といえるPORTICO IIのコンプレッサーを合体させたモデルです。

レジェンドなサウンドと現代にマッチした使い心地は、RND 5088コンソールのモジュールの他、もちろんアナログのミキシングシステムで素晴らしい結果を与えてくれます。

RND_Shelford_5051

イコライザー

5051のEQデザインは、ルパート・ニーヴが設計したクラシックEQとの共通性を連想させます。ミッドレンジイコライザーバンドに、厳選したキャパシタによるカスタムタップインダクタを採用。シェルフカーブは、ルパートのヴィンテージモジュール設計をベースにした周波数が設定されています。それぞれのEQセクションは低フィードバックのクラスAディスクリート回路が採用されています。

HighとLowバンドはシェルフからピークカーブへ切り替えができ、15dBのブーストとカットが行えます。Highバンドは、8kHz、16kHzの切り替え、Lowバンドは、35kHz、60kHz,100kHz,220kHzから選択できます。インダクタベースのMidバンドは、200Hz、350Hz、700Hz、1.5kHz、3kHz、6kHzの周波数を選択出来るほか、High Peakスイッチを押すことでQフィルターのバンド幅を切り替えが行えます。18dB/オクターブ ハイパスフィルターは60Hzと120Hzから選択できます。これらのEQセクションはEQPRE/POSTスイッチでコンプレッサー前段/後段の選択が行えます。また、5051には2つのXLRバランス入力が搭載されており、フロントパネルのスイッチで切り替えが行えます。ひとつの結線例として、マイクプリや、DAWからのライン入力等をそれぞれ事前に接続しておくことで5051をレコーディング、ミキシング時に簡単に切り替えて使う事ができます。

このEQはクラシックEQのクローンではありません。現代のコンポーネントの発達によって35年前には不可能であった技術やテクニックをアドバンテージとして盛り込んだNEVEイコライザーの集大成です。クラシック EQの存在は、遺産としてあるのみです。

コンプレッサー

5051には、PorticoシリーズのディスクリートクラスAコンプレッサーが搭載されています。スレッショルド、アタック、リリース、メイクアップゲイン、レシオ、サイドチェーン、ハイパスフィルタ、フィードフォワード/フィードバックセクション、ピーク/RMS検知モード、これらをそれぞれコントロールできます。また、NEVEトランスが使われたハイパフォーマンスなラインアンプとしても有効です。ふたつの5051をリンクしたステレオオペレーションも行えます。

  • ピークモードが追加された、Neve 1064をベースにしたインダクターLFバンドEQ
  • Neve 1073をベースにしたインダクターMFバンドEQ
  • ピークモードも装備したインダクター/キャパシターハイブリッドHFバンドEQ
  • FFとFBの2つのデテクトモードを選択可能な、多目的に使えるVCAコンプ/リミッター
  • レコーディング、ミキシングなどの切り替えにも便利な2つのライン入力
  • 周波数を選択できる、独立したHPF
  • レベルとゲインリダクションをモニターする、2つの8セグLEDメーター

rupertneve_Shelford_5051

SHELFORD 5052の主な特長と仕様

SHELFORD 5052は一言でいうならば「1073の現代版」といってもいいでしょう。高性能なマイクプリアンプ、ハイパスフィルター、3バンドのインダクターEQ、そしてさらには最近のRND製品の特徴的な機能、SilkとTextureも搭載することで最終的なハーモニクスやトーンをファインチューニングできます。ニーヴ氏のカスタムデザインによるトランスフォーマーとインダクターをフィーチャーしたこの5052は、レコーディングでもミキシングでも大活躍してくれることでしょう。

RND_Shelford_5052

マイクプリアンプ

5052プリアンプはシェルフォード時代のルパート・ニーヴの設計と同様、ディスクリート72dB、クラスAゲインカップルとスクウェアコアのトランスフォーマーによって構成されています。異なる点として出力段に、Portico IIシリーズのRED/BLUE SILK/TEXTUREコントロールを備えたアウトプットトランスを搭載しています。これは出力段をドライブさせ4-5%のTHD(主に2次といくつかの3次倍音)をコントロールし、出力段のオーバーロードの心配することなくリッチで太いヴィンテージサウンドを得ることができるものです。SILKスイッチをOFFにした状態では、カスタムトランスによるオープンでナチュラルなモダンサウンドを得ることができます。またマイクプリには、可変式の20-250Hzのハイパスフィルタ、MIC/LINE切り替え、48Vファンタムパワー、位相反転スイッチをそれぞれ搭載しています。

デュアル I/O Paths

5052は、プリアンプの後段にトランスフォーマーカップルの出力を持っており、EQやSILKテクスチャーセクションを5088、5060、ヴィンテージコンソールの様なアナログミックスパスとして使いながらも、マイクプリからの信号を直接DAWやテープマシンに送ることができます。また、この出力は、マイクプリ、EQ間のコンプレッサーインサートに使用したり、5052のマイクプリ部、EQ部をそれぞれ全く異なるソースに独立して使う場合にも使用します。"TO EQ"スイッチを押すと、マイクプリの信号はEQに直接送られます。この場合、5052はMiC/LINE 入力からそのままメイン出力するチャンネルストリップとなります。

“best of the classics” EQ

EQセクションは特にルパートの過去のプロダクトからインスパイアされています。3バンドのEQは、それぞれのクラシックモジュールのハイライトがフューチャーされています。

ローフリケンシーバンドはクリーミーにレゾナンスする低音を作りさせることでよく知られる1064がベースになっています。1064と異なる点は、LFバンドがシェルフとピークフィルタを選択できるようになっており、パンチ、ディメンションをあなたの思うがままにコントロール出来るようになっていることです。インダクタを使ったミッドレンジバンドは、ルパートの代名詞である1073がベースになっており、これは楽器やスウィートなヴォーカルをミックスに浮き出させる理想的なカーブを持っています。ハイフリケンシーバンドは、ヴィンテージとモダンのハイブリッド設計になっており、ここのインダクタ回路には1073のキャパシタベースのトポロジーをブレンドさせています。これによりヴィンテージトーンを持ったエンハンスコントロールが行えるようになっています。

  • レコーディング、ミキシングなどの切り替えにも便利な2系統のI/Oパス(マイクプリとEQを独立して使用可能)
  • 72dBゲイン、48Vファンタム、位相反転を装備した、クラスAディスクリートマイクプリ
  • Silk(Red/Blue)ボタン付きの可変Textureコントロール(最大4-5%のTHD)
  • ピークモードが追加された、Neve 1064をベースにしたインダクターLFバンドEQ
  • Neve 1073をベースにしたインダクターMFバンドEQ
  • ピークモードも装備したインダクター/キャパシターハイブリッドHFバンドEQ
  • 周波数可変式(20-250Hz)のHPF
  • 8セグLEDレベルメーター

rupertneve_Shelford_5052

専用電源、コネクションとマウンティング

5051、5052は4ピンの外部DCパワーサプライから+/-24Vを受けて動作します。現在、 5-way brick supplyと25-way 2U rack mount supplyのRNDパワーサプライから用意されています。

またこれらのモジュールは、従来の9-way rackと5088コンソールのペントハウスにマウント出来る他、新しくリリースされた2-way、4-wayバーティカルラックにも搭載可能です。

SHELFORD 5-WAY POWER SUPPLY(シェルフォード5ウェイパワーサプライ)

RND_Shelford_06

SHELFORD 25-WAY POWER SUPPLY(シェルフォード25ウェイパワーサプライ)

RND_Shelford_07

SHELFORD 2-WAY WOOD RACK (シェルフォード2ウェイウッドラック)

下画像のモジュールは別売り

RND_Shelford_09

SHELFORD/PORTICO 9-WAY RACK

RND_Shelford_08

発売日

※受注入荷のため下記は受注開始日となります。初回入荷は3月下旬を予定しております。

2015年3月3日(火)

販売価格

SHELFORD 5051(シェルフォード5051)/ SF5051

※インダクターEQ/コンプレッサー、縦型のみ【専用電源別売り】

(税抜)¥290,000 (税込 ¥319,000)

JANコード:4530027360048

SHELFORD 5052(シェルフォード5052)/ SF5052

※マイクプリ/インダクターEQ、縦型のみ【専用電源別売り】

(税抜)¥290,000 (税込 ¥319,000)

JANコード:4530027360055

SHELFORD 5-WAY POWER SUPPLY / SF5W-PS

※SHELFORDモジュールを5台までドライブできる専用電源

(税抜)¥130,000 (税込 ¥143,000)

JANコード:4530027360062

SHELFORD 25-WAY POWER SUPPLY / SF24W-PS

※SHELFORDモジュールを25台までドライブできる専用電源

(税抜)¥420,000 (税込 ¥462,000)

JANコード:4530027360079

SHELFORD 2-WAY WOOD RACK / SF2W-WR

※SHELFORDモジュールを2台マウントできる木製ラック

(税抜)¥50,000 (税込 ¥55,000)

JANコード:4530027360086

【関連製品】

発売中のPORTICO縦型モジュール用ラックもご使用になれます。

5285-RM

※SHELFORD/PORTICO縦型モジュールを9基までマウントし、19インチラックに6Uとしてマウント可能

(税抜)¥105,000 (税込 ¥115,500)

JANコード:4530027320950

「アウトボード」タグの関連記事

↑ページトップ