Roger Mayer 456 HD | アナログ・テープ・シミュレーター456が500シリーズで登場

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Roger Mayer ( ロジャーメイヤー )が、アナログ・テープ・シミュレーター456の500シリーズモデル「456 HD(-500)」を発売します。

【関連記事】500シリーズ API500 規格 / モジュール / 互換について

500 シリーズの456 テープ・シミュレーター

Roger Mayer 456 HD は、アナログ・テープ・シミュレーターとして有名で、あのThe Who のレコーディングでも使用されています。その456 が500 シリーズのモジュールになりました。

革新的な処理により、現代的なダイナミクスと倍音のコントロールをレイテンシーなくリアルタイムで行えます。テープ・レコーディングならではの魅力的な音質を参考にし、その特徴的なダイナミクスと倍音成分の特性を加え、デジタル・レコーディングのダイナミクスを更に向上させます。

456 アナログ・テープをシミュレート

特性に関して、アナログ・テープは456、レコーダーはSTUDER A-80 を参考にしています。テープ録音時の特徴である、二次倍音/三次倍音/サチュレーション等をリアルに再現できます。もちろんテープのヒスノイズは発生しません。そして、完全アナログ機器なので、ゼロレイテンシー。本機は、音源を録音する際に使ったり、ミックスやマスタリング時に使ったり、様々な使い方ができます。

500 シリーズならではの機能

エンジニア向けの新しい500 シリーズ・モデルでは、出力設定を多くのDAW がサポートする0VU = -16 dBFS 以外にも、この設定を0VU = -12 dBFS まで変更することができます。これにより、出力のすべてのピークが0 dBFS以下に維持され、レベルオーバーするのを防ぎます。

特長

  • デジタル録音にありがちな人工的な不自然さがなく、ミックスしやすいサウンド。
  • レイテンシーなくリアルタイムでのマルチトラック・レコーディングとモニタリングが可能。
  • ミキシング時間を短縮。
  • 低いビットレートでも優れたストリーミング・サウンド。
  • DAWのCPUに負担をかけずにデジタル録音可。
  • 素早く簡単なセットアップ。
  • ドラムのオーバーヘッドやシンバルの音がより鮮明になり、サステインが増し、リアルなサウンドに。
  • ボーカルは歯擦音やリップノイズの軽減。
  • ダイナミクスが増し、ミックスの中でのアコースティック楽器の位置が鮮明に。
  • ポスト・プロダクションにも有効。
  • ポスト・レコーディング時により少ない工程で目的のサウンドにたどりつける。

仕様

  • 寸法: 38W×167D×132H mm
  • 重量: 700g
  • 電源要件: DC+16.2V、225mA

発売日

発売中

販売価格

(税込) ¥137,500 (税抜 ¥125,000)
JANコード:4519581037498

Roger Mayerって誰?という人はこちら⇒Roger Mayer History

DTM新製品一覧は ⇒ こちら

「プロセッサー&エフェクター」タグの関連記事

↑ページトップ

DTM安心サポート