Focusrite マイクプリアンプモジュール「RED 1 500」発売!

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Red1_500_2

Focusrite(フォーカスライト)社が世界中のトップスタジオが導入した4chマイクプリ「RED 1」を500シリーズのランチボックスサイズにし1chタイプにした「RED 1 500」を発売いたしました。

「RED 1 500」はAPI500モジュールフレーム準拠のマイクプリアンプモジュールです。往年のREDシリーズと同じく入力部にはLundahl(ルンダール) LL1538トランスフォーマーを採用し、フロントパネルにはファンタム電源スイッチと位相反転スイッチ、バックライト付VUメータを装備しています。

またこちらも「RED 1」と同じく、ゲインスイッチはミリタリーグレードのGrayhill(グレイヒル)社製金メッキ仕様を採用し、-6dBから+60dBまで6dB刻みで正確な設定を行う事が可能です。

販売当時60万以上もした「RED 1」とほぼオリジナルのパーツのまま継承する「RED 1 500」。生産もREDシリーズの伝統を守りUKで行われており、これは欲しい方も大勢いらっしゃるかと思います。しかも、1ch仕様で500シリーズなのがとても嬉しいですね。

Red1_500_3

「RED 1 500」の主な特徴

  • オリジナルREDと同様の回路と部品を使用
  • API 500規格に準拠したランチボックスサイズ
  • Lundahl社製 LL1538インプットトランスフォーマー
  • Carnhill社製 カスタムアウトプットトランスフォーマー
  • Grayhill社製 金メッキゲインスイッチ
  • 事実上、殆ど全てのマイクにベストマッチ
  • 微調整が可能なバックライト付VUメーター
  • 位相反転スイッチと+48Vファンタム電源

仕様

最大出力 +25.5dBu (20Hz–20kHz)
最大入力 >+28dBu (200Hz–13kHz), >26dBu (160Hz–20kHz)
フリーケンシーレスポンス Deviation at 30dB gain (20Hz–20kHz) ±0.1dB
Bandwidth (–3dB) at 30dB gain 103 kHz
Range at 60dB gain (–0.5dB) 125Hz–24kHz
Bandwidth (–3dB) at 60dB gain 32Hz–75kHz
出力ノイズ (最小ゲイン) –104.5dBu CCIR-RMS
–107dBu A-wgt
EIN(入力ノイズ) (最大ゲイン, 150 Ohm) –124.5dBu CCIR-RMS
–128dBu A-wgt
高調波歪み(30dB gain, –30dBu input) 3次 高調波 –101dB (0.0009%)
2次 高調波 –88.5dB (0.0038%)
THD+N (20 kHz bandwidth) –88dB (0.0039%)
CMRR (24dB gain, –4dBu input, 1kHz) Common mode test: 102dB
IEC 60268-3:2000 test: 89dB

発売日

2013年11月20日(水)

販売価格

Red1 500

(税抜)¥100,000 (税込 ¥110,000)

JANコード:4580101337855

 

対応500シリーズ用フレーム

ph1_5006bhc_fp

API 500-6B 6スロット ランチボックス

api 500-6B ランチボックスは、すべてのapi 500シリーズおよび、VPR Alliance 規格に適合した各種モジュールが使用できるよう設計された6スロットラックです。 これらのモジュールを自由に組み合わせ、オリジナルのチャンネルストリップや H/Aセット、アウトボードセット等を組み上げることが可能です。

ph1_500vpr_l

API 500VPR 10スロットラック

API500VPRは、3ピンの電源コネクターから外部電源API200PSによって駆動されます。

APIの標準の500シリーズモジュールを装着できるように設計されています。

API500VPRは内部的には2番ホットで配線されています。入出力共にXLRコネクタ仕様になっています。 API500VPRは最大10モジュールまでを装着させることができます。

The NAMM Show 2020

↑ページトップ